2014-07-07

卦虱



下呂の山中で毋長女

二人時間が止まった様に、寄り添い灯油の無い極寒生きていた

三十代哭かば、毎年水道管は凍り付き、割れた水道管の漏れた水を汲んだり

コンビニで水を購入しながら、コンビニのおむすびを食べていた。

たった五メートルの坂すら

登れず、背丈150cmくらいの雪をスコップで一人で掻き分け

登っていたころ・・・。


長女の竹原小学校のPTA副会長の嫁と名乗る小和田雅子の様に美しい女性が訪れた。

「長女をだせ。お前の長女が私の可愛い娘をイジメた。」

とても美しいその女性は怒鳴り雄叫びを上げながら・・・。

あたしは長女を小学校に入学させた当初、PTAに所属する事を拒絶し

竹原小学校の教頭が山小屋に突然訪れ

「PTAに入らなけレバ、竹原小学校にお前の娘は入学させない。」

とはっきり、言われた。

その時は法務局に電話し、義務教育なのでPTAは入らなくても入学出来ると。

聞き、そのはなしを教頭に伝え、それ以降は何も問われることはなかった。

小田和雅子の様に美しいその女性は

「お前の長女を出せ。お前がどれだけ汚らしく、醜く、酷い事をしてるか
村人全員知っているが、その事をお前はしってるのか?
執りあえず長女を出せ、私の可愛い娘に謝罪させろ。」

わたしは腕を組んだまま、美しいその女性を見ているだけだった。

「どれほど、お前が、汚れ、醜いか、それにしても何そのミスボラシイ汚い洋服は
良くそんな襤褸を着て、外に出れるものだ。恥ずかしいと思わないのか。」

美しいその女性は怒り狂っているのだろう、機関銃の弾丸の様に捲し立てていた。

わたしは小田和雅子の様に美しい女性の声に脅え泣いている長女の声を危機ながら

美しいPTA副会長の嫁に、この様に切り出し尋ねた。

「わたしはよそ者でPTA副会長の嫁である貴方と、今日初めてお会いしました。
わたしは醜く汚いですが、村人の事など名前すら知らないと云うのに
何故貴方形は、わたしの事を全て知っているのですか?」

「いいから長女を早く出せ、私の可愛い娘に謝罪させる。」

美しいその女性はあたしのはなしは聞こえていないようであった。
それからも美しいその女性は「醜い、汚い」などと罵詈雑言を並べ立てては
押し込み強盗の様に叫び、位下にお前の様に汚れきって悪い母親はいないと
言い続けていた。。。

「わたしは穢れた、汚い女ですが。
PTA副会長の嫁にも馴れる程、美しい貴方の事を全く知らないので。
家に押し掛けて着た貴方を入れる磐余は全く御座いませんのでお帰り下さい。」

拉致があかないと思ったのか、美しい女性は散々罵詈雑言を並び立てた挙佝

あたしは美しいPTA副会長の嫁に胸倉を掴まれ、幾度か殴られた。

漠然と小和田雅子の様な美しい女性を見たまま

あたしはこんな事を思い浮かべていた。

『あたしが死亡小学校の時
この美しい女性の様に三枝子が怒鳴り込みを描けてくれていたら
少しはあたしも人生変わってたかな・・・。』

おわっだ雅子の様に美しい女性は
「この事は竹原小学校で大問題にして、お前を追及してやるから覚えて置け。」

と捨て台詞を破棄、凄い剣幕で帰って行った。

その当時はここで、鼠にカジラレたり
氷付いた様に凍死する積りで生きているときのはなし。。。

その後すぐさま、竹原小学校から電話があったが、
小和田雅子の様に美しい女性に
突然不躾に訪問された事、暴力を振るわれた事、
村人の事など名前すら知らないと云うのに
何故貴方形は、噂し合い、
わたしの事を全て知っていると報告した。

数日前、水泳に行くときフト

漏らした長女の言葉からその当時の情景が

よみがえった。

「ママ、水泳では人の帽子は借りれないもん
又、あの時診たいに「虱」移されたら困るから。」

集団ストーカーに「卦虱」迄移されていた事をあたしは知っていた。

それは高槻死亡に置き去りにしていた二女、三女にまで移り

それを死亡家賊全員で「ある粉」をかけて直した時に既にあたしは築いていた。

その会社名は

「住友かせよ(化成)。」であったので、ああ、鳴るほどと・・・

それで、「事勿れ主義」=勿吉化成・・・チョン夭偟室御イム出生地付近。

その陰湿で凍り付く陰惨なイジメを日本全国で受け続けていたが

あたしにはどうでもよかった。

あたしはそれも無視し、ただ毋娘二人

何事も亡かったかの様に、今まで通り

毎週、毎週、高槻ー下呂を長女を荷物の様に載せトラックとカーチェイスをしながら

飲酒運転や乱暴運転を繰り返し続け乍ら

偽善者芝居満載の「母親」を拒絶して死んだように生きていた。


三十代の👨の坊従餓鬼が可愛い?

貴方も同じ目に遭いたいのかしら?

思い出は、いい思い出だけでいいのに。

2.30代の餓鬼仔羅は踊らされている事など知りたくないのか?

死亡の家ではなせば、すぐ(笑)藁藁近寄り遠巻きに煽るのは止めなさい。


いつも2.30代の餓鬼ババアは即、ナメテ挑み掛かってくるが

お前たちの数年?数十年後、同じ眼に遭う可能性が益々高まっているのは

矢張り、御前達の似非伯蟻女王陛下のチョン夭偟室御イムの慢心故である。

わたしは5日ほど前にフト漏らした

「嵐に鳴レバあたしは嬉しい、その時だけゆっくり眠れる・・・。」

そして台風8号が來て、あたしはどれほどうれしい事か

2.30代のマザコン製造機のババアにわかるかな?

犬畜生にも劣り囮お酉佳死に水襲来かな(大被曝笑点)

どれ程残酷な事をしている鴨、自覚がないなら生きている意味など無い事もない。

甘え甘え自らの存在を示す2.30代のババアの餓鬼なんかを見せびらカスのヤメナ。

お前の様な行いが、産まれる紀を生み続けるのは矢張り

紀子、美智子、雅子だということだよ。

その自覚なきものなど

「誠の神をシル一日は、1000年ソドム悦楽列車で生きるより中三はある。」

人は悲しいかな、今に生き、過去に生き、未來に生きているのである。











































スポンサーサイト
プロフィール

finss

Author:finss
Photograph三島鴨神社
古賀敏恵 Toshie Koga
現在大阪腐高槻死シボウ
出身佐賀縣伊魔里死本瀬戸
本籍長崎縣佐世保死天神蝶
誕生16日feb月1971穢43
趣味オンラインゲー ム
  腐女婆・婆喰イ 仁
  マザコン男漁り痴女
職業ニートひき籠 もり
  中毒婆自称文学屋

得意竿口淫:肛門舐:殷手帽

日本仁様ら布陣寄せパンダ
見世物磔砕絶賛殷賣中ぢゃ

豚賊ゴキブリ組   
父:久保田豊・銀杏家紋
  佐賀伊万里脇田 73歳
母:犬塚三枝子・梅鉢家紋
  佐賀伊万里本瀬戸73歳   

娘:三匹児娘ブタ死育中
  十九穢・14穢・13穢

おれ 亥マリ居魔四露死苦
全裸道驀進中書く口激布陣


以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード