2014-04-22

鉄条網

子どもがヤハゥェ廟様88ぅぇ仯さま仁誘拐され照様子(yanzi)歌💛

崔健 - 一块红布 Live in Berlin ( Japanese subtitles )
https://www.youtube.com/watch?v=upGVNrTIHu8

今から三十年前のあたしが中学時代は

「積木崩し」や「スクールウォーズ」のドラマが流行していた時分で

十二穢の中一になり立ての三匹の仔豚の三女の征服のうしろ姿を

肩越しにながめながら、あたしはその当時を感慨深く思い出す。

受験戦争もハジまる多感な十台初番の仔豚娘のつどう場所は

三十年前と何等相変わらず、戦場であった。


同じ三中に通う、一年生。

その新人の新入生は凄く厳しく

裡の仔豚娘とは違い、「黒いハイソックス」の様な

個性的な色つきを吐く事は「スケバン」という叙勲
勲章が啼ければ許されるはずもない無い雰囲気、空気であり


一年生と云えば、真っ伯な運動靴に真っ伯な短い靴下と決められて射る様な・・・。

先生が怖くてではなく、2.3年生の先輩に「盲」を付けられない様

目立たない様に「大人しく」していなければ鳴らなかった。


もし、ちょっとでも先輩達の「紀」に削ぐわないような行動でも仕様もの奈良

「盲」を憑けられ呼び出しを「喰らい」「妬紀」を入れられるからである。


まあ、中一のあたしは、死亡小と同様、相変わらず


クラスの同級生の男子からは、殴る蹴るの暴力を受け続け

女子からは無視され続けていた。


あたしは毎日、学校中に張り巡らされていた

鬱屈とした鉄条網をイブかしげに見上げ乍ら

刑務所や監獄の様な三中へ、通っていた。


鬱屈とした鉄条網の欽網のしタはヤンキー先輩がブチ破った

穴だらけで

学校内の廊下は上級生の先輩たちが打ち捨てたタバコ(-。-)y-゜゜゜の

吸い殻がそこらかしこに落ちていた、そして先輩の吐いた痰だらけだった。

ときたまシンナーのトルエンの匂いもトイレでは立ち籠めており


「酷い床へきたな・・・。」というのがその鴇のあたしの感想だった。


中一の、ある日ヤンキー三年生の先輩が

職員室のある二階の窓ガラスを、野球のバットや棒などで

全部破りまくった。

その当時のヤンキー流行に先輩達は倣ったのか

とにかく凄まじい器物破損が三中ではあったのだが

その事件は全く警察沙汰にはならず

先生が警察を呼ばなかったのぐらいかな

「先生も悪い奴ではないと」

一年生のチビで同級生に嫌われイジメられつづけて
いつも「ひとりぼっち」なわたしも感心し思ったものだ。


その当時の若い女クラスの担任の先生に呼び出されては

説教を受けたり、担任の先生からもあたしはイジメられていたので

意外だなという感じであった。

あたしは先生等に対して一切期待も希望も持っていないような餓鬼だったからだ。

まあ相変わらず、男子からは突然、背中を回し蹴りされたり

体育の授業で体操服に着替え、教室内の椅子に掛けて遺してた

制服の上着を誰かに「カッターナイフ」で斬られて射たりと・・・。

「一体誰がこんな惨い事を・・・。」と目を疑う様な現実の連続。

学校の上履きの中や椅子に「画鋲」を仕込まれて・・・と(大被曝笑)

凄惨なイジメは続いていた。


あたしえのイジメが終わったのは


中三になり、「お前が悪いからイジメを受けていて当然!」

と先生にも同級生にも生贄の捌け口にされ洗脳されていた

あたしがハッキリと「口答え」する様になってからである。

「なぜ、男が卑怯にも回し蹴り等の暴力を女に振るうのか!」

と紀伊た聞いたからである。

彼らは答えなかったが、その押し問答をし始めて、しばらくのち

七年間続いた小中学生の「イジメ」は終わりを告げた。

多くの女子からは相変わらず無視され続けてはいたが

暴力行為を受けなくなったのは嬉しかった。


イジメの決着のケジメがつき

あたしは女子には無視され続けてるとは云え

暴行を受けずにすむ平穏無事な日々をやっとオクれる様になった

二学期のそんなある日の事、事件が起こった。


あたしが中三の時には、あたしが中一の時起こった凄まじい破壊行為の様な

「積み木崩し」はブームが去ったのか、同級生のヤンキー三年不良といっても

中一その当時とは比べ様もない程の「良い子」であったにも関わらず・・・。


同級生のヤンキー女子が生活指導の善行先生に呼び出された。

彼女が「ピンク」の靴を学校内で履く事は許されない!と
善行が彼女の「ピンク」の靴を履いての通学を禁止し
「もしも履いてくる様奈良バ、
通学もさせない。」

との厳しい処置を言い出した事に起因する。


「どういうわけだ、納得も十九心もいかない!!!」と激怒したのは

どういうわけか同級生の女子から除け者にされた挙佝散々

イジメられ続けていた、あたしだったのだ。


たった、一、二年前までは無法地帯の廃墟の様な廃坑では

先輩は自由奔放であった事を許されていたにも関わらずだ。


とにかく、相変わらず、ひとりで激怒しひとりで善行に直彈判を叩きつけた。


なにをしたか?いや、なに、即つぎの日一、二年前の先輩如く

征服を脱ぎ、普通の私服で学校に行っただけ。


そしたら、案の定、すぐ生活指導の善行に呼び出しを喰らって

説教を享けた、幾らあたしが反論しようが

「仁とは器があってな
その器の枠内で生き続けな済💛」
 

善行と着たら・・・のらりくらりとハグラカシ

禿散らかし坊住羅が抜かす様な屁理屈を延々と述べていた。



はあ~全く拉致が空かず・・・。


の挙佝に善行と着たら

「そんな私服での通学は
航行受験の内申点に響くぞ。」


と母三枝子も呼んだ後、
あたしを脅迫しハジめたのである。



そして、あたしは即日決心した。


「もう、いいよ。三中を止める。」と

内申点に響くと迄、善行に脅されて、高校等には逝かない。


もう、そのころからと云うより

小学校の時代から變に「カタクナ」な常呂があったのだろう

というより、大人のキタ亡い手口には乘らない。

で、途中下車で「止めた」ただそれだけ。

高邁な理想とかそんなものも無神論者の十四穢の餓鬼にはなかった。


で、三年の二学期のある日以降
二土と三中にはあたしは足を踏み入れてはいない。



まあ、今は娘の事でいく事があるかもしれないが(大被曝笑)


なんで?それまで三仲勿サンチュウナイの征服違反など犯した事もないような

ただのイジメられっ子で無関係であったにも関わらず・・・。


ハッキリ云えば、あたしはその当時のヤンキーやスケバンの事を

「集団で釣るんでは大人に甘えて
大人は判ってくれないと、反抗しているだけ。
(内心大人はいつか分かってくれる等と
幽かで仄かな契丹恋心迄を忍ばせ照)

「ヤンキー叙勲・勲章」を仲間内で
誇らしげに護持手に入れてるだけ。

しかし、あたしみたいな弱い物を見境なく
その大人と同様イジメ行為はしてくる、柿。」


としか見做していないにも関わらずである。



旧約聖書・・・絶対臣ヤハゥェ曰く「女は男に絶対服従しな済💛」

はあ~なああああにいいいいいいいがああああああああああああ

「女は男に絶対服従だあああああああああ気に入らねえ!」


ブチッ!

ひとりで熾つてひとりで決心し行動を決めるのも

自分みたいなのは昔からで、そして自己完結!

そんな変な宗教は大嫌い!!!!!

そんな變な宗教には乘らない!

で、即日決心で即無神論者に成ったり。

若しくは大悪魔を呼ぶか・・・みたいな(大被曝笑)


まるで、巷で大流行のカードゲームみたいなサドンデス方式。


三中止めた、つぎの日から何をしてたか?

ファミコン・マリオブラザーズをえんえんと・・・

クリアーして自己満足。ただ、それだけ。






































































スポンサーサイト
プロフィール

finss

Author:finss
Photograph三島鴨神社
古賀敏恵 Toshie Koga
現在大阪腐高槻死シボウ
出身佐賀縣伊魔里死本瀬戸
本籍長崎縣佐世保死天神蝶
誕生16日feb月1971穢46
趣味オンラインゲー ム
  腐女婆・婆喰イ 仁
  マザコン男漁り痴女
職業ニートひき籠 もり
  中毒婆自称文学屋

得意竿口淫:肛門舐:殷手帽

日本仁様ら布陣寄せパンダ
見世物磔砕絶賛殷賣中ぢゃ

豚賊ゴキブリ組   
父:久保田豊・銀杏家紋
  佐賀伊万里脇田 76歳
1941/09/20
母:犬塚三枝子・梅鉢家紋
  佐賀伊万里本瀬戸76歳
1941/0612   
1971/0216
娘:三匹児娘ブタ死育中
  21穢・17穢・15穢
1995/10/15
2000/04/11
2001/10/11

おれ 亥マリ居魔四露死苦
全裸道驀進中書く口激布陣


以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード