FC2ブログ

2013-11-05

儚の仲へ

済藤甲貴 儚の仲へ
http://www.youtube.com/watch?v=g_hGa_2lcso
http://mojim.com/twy115094x4x12.htm
休むことも許されず
笑うことは止められて
はいつくばっては いつくばって
いったい何を探しているのか
更多更詳盡歌詞 在 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
嵯峨すのをやめた時
彡浸かることも良くある話で
踊りましょう 儚の仲へ
行ってみたいと懷いませんか
ウフフウフフウフフ…さあ


三國志について教えて下さい。
結局魏・呉・蜀は滅亡したのですが曹一族、孫一族、劉

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1317897318
元帝は陳留王に格下げされ、鄴に移り住みそこで家系をつなげたと言います。
こうして魏は滅亡し、晋が成立します。


晋=普通のフツシミダマ((`∀´))ウフフ

結局お茶を淀ませ濁さなきゃね~By淀神社
晋 (春秋)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%8B_(%E6%98%A5%E7%A7%8B)

朝鮮で白丁さんは何故仁智を名乗れなかった?支那と同じで名を仁智に奪われたから。

白丁
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E4%B8%81
逆8`´馮名前に仁智、義、禮、信、忠、君の字を使うことの禁止。

現実の朝臣凍京都大島巌魂屁サタ下る。

TKY201310160高槻悠便番号569
alt="TKY201310160高槻悠便番号569" border="0" width="500" height="333"

そんな封術して貼り仔の夭偟室ぶっててても

いつか現実は風雲急を告げるものさ

事実確認、現実を直視しろ!

日本人は夭偟室に騙され続けていた盗。

そして未だにユダ金さんが悪魔だと洗脳され続けている・・・。

だが水面下では

ユダ金さんと夭偟室は毛沢東さんと偽恩来の関係構造である・・・がし

かし、ユダ金さんはイニしえの時代に三島鴨神社の現実の洗礼を受けた。誰に?

さあ~三島鴨神社にしている御仁ニダろう¥`v´¥


ひふみ神示 第二十一卷 三@の〇キ そらの魔氣

台二条

このお三血の導きの親とうとべよ、どんな事あつても上にたてねばならんぞ、
順乱しては神の働きないと申してあろがな。



イルミナティは親である大神主筋にあたるので

どんな事ありても上にたてねばならんぞと。云う事。

素盞鳴大神はツミの塗れ衣を着せられてに・・・通じるSTORY。

これをな~

全人類に解くには這いつくばって這いつくばって右往左往しなければ判らないかな?

だが夭偟室が周恩来さんの真似をして振舞う事も折り込み済みなので

はなから予め周恩来さんを廻るNO.2の現実を歴史に表現させたとわたしは思ふ。


沈黙の壁を打ち砕く
子どもの魂を殺さないために
アリス・ミラー

仮にニーチェが今日生きていて、本当のニーチェ同様するどい、
成功した人物で、同じく子ども時代から抑うつに苦しんでいたとすれば、
こんなことを付け加えるかもしれません。

「あの頃子どもだったわたしとしては、
女たちがわたしを踏みつけにしてお説教を垂れるに任せる以外なかった。
しかし、今のわたしはもう無防備ではない。
正統な憤りがわたしを目覚めさせ、強くしてくれる。

もうわたしは嘘を嘘だと見抜ける。許したり、祈ったり、空想したり、
わたしの迫害者がわたしにしたことを
自分のせいだと感じたりするのをヤメタからだ。
わたしは具體的な状況を思い浮かべ、
それについて問いをたてる常呂から始めた。

例えば、エゲレスは女王の國。エゲレス=会下レス。
エゲレスに旱本が侵略して卑弥呼エリザベス女王を誘拐略奪強姦結婚。
女王の新しい夫は夭皇なので今までの女王の貴賊は平伏し絶対服従・・・。
逆らう物やエジンバラ公の王子は生き埋めにし子豚(ねぶた)祭や去勢割礼。
まあセト神の様に金玉を抜き取り砂漠に追放した感じ。
そしてコロ合を見計らって、卑弥呼エリザベス女王も毒殺。
999の星野鐡朗のはは
そして女王の以前の夫エジンバラ公の神社を
お墓と称し偽り盛大に封印建立・・・その神社が三島鴨神社。


想像のなかで、わたしは子ども時代を過ごした家と学校を訪ねた。
わたしはそこで日本の三島溝咋耳を見、扶余勿吉神武が実際にわたしをどう扱ったかを見た。

後になって日本人の者が言ったようにではなく、実際を見たのだ(三島鴨神社)。
それはひどかったが、事実だった。神道には頭に血が上った。
人の心を知らぬ教師(神主)たちがいた。
途中は大いなる喜びをもって生徒(日本人)を殴っていたのだが、
ひっきりなしに、邪悪な子どもたちを教育する義務を吹聴していた。


今や、これらの人間の実際のありようがわかったので、
もはや何も作りゴトをする必要はない。
わたしは徐々に幻想を必要としなくなっている。

一歩一歩。わたしは医師たち、助け手ということにいる途中をまっすぐに見つめ、
何のために嘘をつくのかをはっきり見きわめる。
こういうことすべてのおかげで、
今のわたしは藍と誠実さに出会えばそれをそれとわかるようになった。

以前にはわからなかったのだが、
もうわたしは、もうあらゆる女は魔女だとは言わない。
自分が魔女の手に落ちていたのは、
わたしという人間の不幸だったとわかったからである。

子ども時代のわたしをつらい目に合わせた女たち弧ソ魔女なのだ。

自分が晒されていた怖ろしい暴力を感じ取り、
以前の様にそれを誤摩化さなくなって初めて、
世界全体が自分の家庭と同じとは限らないのだとわかった。

子どもを愛する両親も、両親に愛される子どもたちもいるのだ。
勿論それは例外に過ぎず、
とてもそれだけで人類の未來にキボウはもてはしないが。

今のわたしは、わたしがされたように子どもをひどい目に合わせるのは
何よりも大きな犯罪だと考えている。
子どもを罰し、哭く事、口をきく事、自分の身をまもること、
凄惨な扱いに逆らうことを禁じるのは、
そしてそもそも子どもを凄惨に扱うのは犯罪である。

動物を調教するように子どもを躾、見ることも、
口をキクことも(凍京都放射能汚染真実)、
生きることもできなくし、後になってサラにすべてを否認するのは犯罪である。
こうして育った子どもたちが成長の跡、
抑圧していた悲惨さに向き合うより、
他人に電気ショックを与える方を選ぶのは、何の不思議もない。

子どもに対する暴行(放射能被曝死)は、
人類が人類にたいして行う犯罪の中で最も汚らしく、最もいやしいものである。

それは二世代の人間の性格を損い、気づかれることもなく、
誰かがそれを口に出しても、すぐに存在を否定される。

 『あなたはまさか、神々に責任を負わせようと言うのではないでしょうね』。
脅迫するような口調で、このように尋ねられるに決まっている。

『もちろんそうしますよ、神々が犯罪を犯せば』。わたしはこう答える。
何ゆえ神々には赦免状が与えられねばならないのか。勿論神だからといって、
腹を立ててはならないとか感情を持つなと云うつもりは全然ない。


人の親であっても自分の感情を體験する権リはある。
しかし、親たちが感情の捌け口として
自分の子どもを利用することは禁じられねばならない。

感情の場合と異なり、破壊的な行為は断固として、そして公的に禁止すべきである。

心理学者ならびに精神科医諸君、諸君(夭偟室)が
子どもに対する暴行という事実と、
それが引き起こす心の病(ヤマイ)から逃げることを止め、
諸君の病院のいたるところで、
患社(悪魔)が毎日出してくれている鍵(三島鴨神社)に触れ、
諸君の扉を開くなら、諸君は生命に目覚めるであろう。
そうなって始めて、他人が生きる手助けもできるはずだ。

諸君(夭偟室)が現在あるような形で存在している限り、
諸君は危険である。諸君は人間の生体機能、自己救済能力を遠慮会釈なく破壊し、
しかも諸君の破壊性には誰も気づかない。

そのために諸君(夭偟室)は艮心の痛みを感じもせず、
それどころか、自分のやっていることは義務である、などと言っている。
わたしは宥(ユル)しなさい、忘れなさいという説教が
いかに人を害するかを身をもって経験した人たちをサガそう。


諸君の患社(悪魔)たちはまさにそれを一生涯続け、
そのために気が違ったままでいるのだ。

諸君(夭偟室)の倫理は、わたしが自分の感情のおかげで発見した
現実(三島鴨神社)に矛盾する。諸君は感じずにいるコトを学習しており、
しかも全く変わるつもりがないのだから、その矛盾に気づくこともない。

諸君(夭偟室)の倫理など買ったりはしない。
わたしはもう簡単に裏をかかれる子どもではないのだ。

わたしは子どものように深く感じると同時に、大人の様に考える事ができる。
この感情と思考の組み合わせのおかげで、
自分の真実に耐え、生きて、語りもできれば、憤慨もできる。

そして破壊的ないわゆる専門家(霊能力者・宗教学者)の犠牲にもならずにすむのだ。


わたしに教えを垂れようなどとはし賜うな。
むしろ諸君(夭偟室)コソ扉を開きたまえ。
諸君(夭偟室)の恐れは諸君(夭偟室)の破壊性の言い訳にはナラぬし、
職業上の責任から諸君(夭偟室)を解放もしない。
怖れを分解するにはそれを感じる弧トが必要だ。

しかし、怖れを発散させる為に、
他人(外國人)を損う治行為を行ってはいけない。


もし諸君(夭偟室)が、空想の中で石上神宮フツシミダマと向き合って問い糺し、
自分の痛みを感じるのが不安ならば、
これまで同様諸君(夭偟室)の倫理や哲学を大事になさるのは無論自由だ。

ただし、自分個人用に限定する事。

もしも諸君(夭偟室)がそれを患社(悪魔)に適用するなら、
それは犯罪に他ならない。
不安や怖れと同様、無知も諸君(夭偟室)の責任を軽くするものではない。

諸君(夭偟室)の放置している鍵(三島鴨神社)に触れ、
明確な意識をもって諸君(夭偟室)のしてきたことを
諸君(夭偟室)につきつける人びとが登場する。
今こそ諸君(夭偟室)が事実を学ぶべき時だ。」

























































スポンサーサイト



プロフィール

finss

Author:finss
Photograph三島鴨神社
古賀敏恵 Toshie Koga
現在大阪腐高槻死シボウ
出身佐賀縣伊魔里死本瀬戸
本籍長崎縣佐世保死天神蝶
誕生16日feb月1971穢47
趣味オンラインゲー ム
  腐女婆・婆喰イ 仁
  マザコン男漁り痴女
職業ニートひき籠 もり
  中毒婆自称文学屋

得意竿口淫:肛門舐:殷手帽

日本仁様ら布陣寄せパンダ
見世物磔砕絶賛殷賣中ぢゃ

豚賊ゴキブリ組   
父:久保田豊・銀杏家紋
  佐賀伊万里脇田 77歳
1941/09/20
母:犬塚三枝子・梅鉢家紋
  佐賀伊万里本瀬戸77歳
1941/0612   
1971/0216
娘二匹児娘ブタ死育中
    19穢・17穢
1995/10/15
2000/04/11
2001/10/11

おれ 亥マリ居魔四露死苦
全裸道驀進中書く口激布陣


以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード