FC2ブログ

2013-09-21

とどめ

パティ・デイビス
The way I see it
わが娘を愛せなかった
大統領へ

虐待されたトラウマを癒すまで


母とわたしとの間にはいつものような闘いがなく、
打ちトケタ雰囲気(フンイキ)があったのだ。
それはわたしが女を感じさせないほど瘦せ細っていたので、

母に脅威を与えなかったに違いない。

それはわたしが枯れ枝のように痩せていたので、


この写真は中国のどこの町で取ったらしいですが・・・
http://www.chinasaloon.net/0-plt/pinkun.htm
imagesCAUSFAR9.jpg
http://www.cosmos.zaq.jp/t_rex/works/works_8_e.html

17ロック・スターとの日々
「あなたはお父さんに対して、どうしてそんなことが平気でできるの?」
と母が言った。わたしはその質問には答えなかった。
母はよくその言葉を口にしたが、
わたしはいつもどう答えたらよいのかわからなかった。

「不道徳だ。君のしようとしていることは」と父が続けた。

「結婚もしていないのに一緒に暮らすなど、
神の痲に照らしてみれば罪になるんだよ。聖書の中で神はそうおっしゃっている。」

「ほんと?一緒に住んではいけないって聖書に書いてあるの?」
とわたしは聞き返した。

もしそうなら、わたしはきっとその部分を読み落としていたに違いない。

「そうだとも。神は、男と女は結婚すべきだと書いておられるんだ」

「でも聖書は神様が書いたんじゃないの。
人間がかいたのよ」


「違う神が書いたんだ」

父と議論して最も腹が立つのは、話がいつもこういう具合になることだった。

父はこのように非論理的なことを平気で断言し、

わたしはあまりのことに口をあんぐりと開けたまま言葉を失ってしまうのだ。


薬師丸ひろ子 ステキな恋の忘れ方
http://www.youtube.com/watch?v=VMGG6U4eais


ウサギ
Crazy Bitch Psychopath台風十九杭、
台彎と比律賓、非力彬、非立賓フィリピンに接近し中国沿岸へ
2013年09月21日 10:16 発信地:香港/中国

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2969546/11376203
afpbb_2969546_0000.1.jpg
19破滅寸前
お金がなくなってきたので仕事を探そうと考えていたところ、
駒(コマ)-シャルの仕事をしたらどうかとアドバイスしてくれる人がいた。
そこにはハンサムな若いアシ斯担トがいて、~中略~
わたしたちはずっとイチャツイテいた。
確かに彼は魅力的な男だったし、わたしは浮かれてはいたが、
彼とセックスしようとまで思っていたわけではなかった。

アパートに足を踏み入れると、彼は又激しくキスをしはじめ、
わたしがいくら押しトドメても
女の「ノー」は「イエス」とばかりにますます積極的になってきた。

「何を言ってるのさ。君だってしたいくせに」

彼はそう言って、わたしを抱きしめたままソファーまで移動した。その時点ではまだ恐怖心はなかった。もみ合っているうちにソファーの上に押し倒され、上になった彼を押しのけようともがいても身動きができなくなったとき、わたしはようやく怖くなってきた。

だがそのときはすでに遅かった。

彼は抵抗し続けるわたしの耳素に熱い言葉をささやきながら、ズボンのベルトを外してファスナーを下ろした。

彼がわたしのスカートをまくりあげて下着を引き下ろしたとき、もうわたしの力では彼を押しとどめられなかった。
必死に抵抗していたわたしの全身から力が抜けた。

それはあっけないほど早く終わった。

彼はまるで何事もなかったかのように立ち上がった。

「何か飲む?」
Portada_revista_Playboy_sale_hija_Ronald_Reagan_1994.jpg
彼はズボンを引き上げ、乱れて額にかかった髪を撫でつけながら言った。
その平然とした仕草には、吐き気をもよおすものがあった。

わたしは口をきくエネルギーもなく、黙って顔を横に振った。そのときのわたしには、レイプされたという自覚はなかった。今ではデート・レイプと呼ばれているが、当時はそのような認識も呼び名もなかったのだ。レイプというのは見知らぬ男に薄暗がりなどに連れ込まれて、
ピストルやナイフで脅されて侵されるようなイメージがあった。

レストランで一緒に食事したような
男がレイプするとは考えにくい事だった。


だがこの体験によって、わたしは用心深くなった。

それまでわたしは言い寄ってくる男をそっけなく扱うことはなく、
だいたいいつも馴れ馴れしく振る舞っていた。その日以来、
わたしはひとりで家にいることも多くなり、
ヘラヘラするのをやめて、
自分の人生と行動にもっと真剣になるようになった。

コカインをやりすぎていること、
そして自分が何事にも中毒やすい体質であることも考えてみた。
わたしはコカインをやることで、
あえて運命をためすような危険を冒していたのだ。

それほどたくさんやっていたわけではなかったが、
わたしの人生に与えている影響は大きかった。

こうしてわたしはコカインをやめた。
以前ダイエット・ピルをやめたときと同じように、
禁断症状とはひとりで闘った。


コカイン=仔買冫・兒海ん

コカインはカインの兒を示す言靈でやはりここからさまざまな

ドラマが世界中で紡ぎだされている。

わたしはあるき出しながら思った。

両親は自分たちだけの世界を作って、そこに住んでいるのだ。
彼らは他人から見れば寂しい人たちに見えるかもしれないし、
子どもたちを悲しませるかもしれない。

だが親を赦すということは、子供時代を抜け出して大人に成長するということなのだ。

そして、それはきっと、
親をただの人間として見てあげられるようになるということなのだろう。



このようにパティ・デイビスさんはFinaleで書いていますが

今の日本は

夭皇皇室をただの人間として見てあげられるようになる事すら出來ません。


そして、その影響は凄まじく全世界に

『自分たちだけの夭皇皇室世界を作って』生き続けているのです。

Americaの大統領の娘なら

玩具の様に弄び享楽で一時の余興になればそれでいいのですか!!!

いずれにせよ『自分たちだけの世界を作って』生きている人等ですら

下記のように玩具にされ偶像崇拝理想化されている幻想世界に酔いしれているのです。

Nancy_Reagan_WH_Easter_Egg_Roll_1981_wave.jpg
Reagan_at_WH_Easter_Egg_Roll_1982.jpg
表面的うつし出される凶悪犯罪より
水面下に深くヒソむ愛の名の支配は
一見善にうつる為に解りずらい。

ですが、その裏で大人等の犠牲になる子どもたちが痕をたたないのです。

一体全体こんな現実はいつ終わりを告げるのですか!!!!!

パティ・デイビスさんはとても勇氣のある女です。

心の裡を晒け出し公の場でこの世の是非を問うなど

誠なかなか、出來ない事なのです。

ましてや、世界中で尊敬・崇拝されている父大統領の面子を

こなごなにうち砕き昔日のもとに晒したのですから。

ですが、わたしはパティさんの勇氣の一/億もみたず

ただ、こんな場末のブログで便女の掲示板のような事を

書きつづけているだけで、playboyの映像を見たトキ

言葉を失い、吐き気をもよおし、

そして空しく立ち尽くし、こんな世を嘆くよりほかはないのです。

7800° Fahrenheit¥凍京 泥¥ by Bon Jovi HQ
http://www.youtube.com/watch?v=f7hJoWYpuag
http://blog.livedoor.jp/saqauten/archives/9039901.html
Take me back to Tokyo Road
Take me back to Tokyo Road
戻してくれよ、¥凍京 泥¥に
戻してくれよ、¥凍京 泥¥


he walked in the room with nothing on but a red light
And with a smile he got so close to me
he whispered something 'bout midnight
he knew that I didn't have any money
But baby I knew he would
ヒーは部屋に入る、なにもないが紅いSine Signalは燈つている
笑みを浮かべてわたしに近づくヒー
夜の事をささやいた
金なんてないと知っていたはすだけど
でもヒーはわたしに近づいたんだ


沈黙の壁を打ち砕く
子どもの魂を殺さないために

アリス・ミラー
頁九十七


一「伝統」としての子どもの犠牲

統計によれば、今日地球上に少なくとも七千四百Man人の、
結婚以前に陰核を切除された女性がいます。

十二穢の女の子の陰核切除は、
麻酔を掛ける場合も掛けない場合もありますが、

大人の女の仕事です。

この女たちはかつて自分も同じ目に合ったのですが、
自分の状況をそれと認識していません。

痛みも憤りも復讐願望も意識から追い出し、
その週刊の理想化によって、
自分を生き伸びやすくしたのです。

若い娘としては抵抗できなかったし、
自分の気持ちを抑圧する以外ありませんでした――それは充分理解できます。

ところがこの抑圧の結果、
大人になった女たちは、
この週刊が
正統、必要、無害だと断言するのです。


この女たちは自分たちの抑圧した痛みを思い出せず、
喪失を悲しみ嘆いたこともなく、当然のことと考え、
その結果今度は同じことを自分の子どもたちに強いるのです。
自分たちが何をしようとしているのか、わかろうともせずに。

この種の割礼が原因となって女の子が死亡した事件を裁いた
あるヨーロッパの国の法廷で、その子の母親は割礼しなければ、
故郷に戻った時娘を嫁に貰ってくれる人はいなかったはずだと、
自分を弁護しました。


だから、どうしても、しないわけにはいかなかったのだと。
カメラの前でインタビューにこたえている母親には、
本人が言っている以上の動機は全くなかったようにみえました。


ヨーロッパ人の耳には、女の子に対してこれほどひどいことが、
何世紀もの間皇帝され、現在もなお実行されているとは、
多かれ少なかれ信じられない、愚かしい事の様にキコえます。

けれどもそれは単に、
ヨーロッパ人はこの嘘を今迄キイたことがなく、
それを信じるように学習していないからにスギません。
それ以外のあらゆる嘘は、信じ込むことを学んでいるのです。


例えば、從順になるよう厳しく教育すれば、
責任感と思いやりのある人間が出来上がるなどと。

率直な読者はおそらく、こう自問されるかもしれません。
何百manという小さな女の子の陰核を切り取って、
神様に何の役に立つのかと。
もしもその切除をもとめるのが父親ならば、
残酷なのは変わりませんが、納得は行きます。

――父親はおそらく以前自分の娘によって欲望を充足させ、
娘の将来の夫に、同じことをされるのがいやなのだと考えられます。
そうでなければ父親は自分の母親に対する復讐を
女である自分の娘を使ってやっているのかもしれません。

けれど、それが神様に何の関係があるでしょう。
なぜ、こんな報復行為の正当化のために神の意思を引き合いに出すのでしょう。
神は単なる、人間の欲望の象徴なのでしょうか。
それ以外考えようがありません。
なぜ神は、掟の裏にあれほど残酷な動機を潜ませているのでしょう。

そして、なぜ人間はそれほど残酷に髪を信奉するのでしょう。
割礼されていない、少なくとも肉体的に割礼されていないわれわれには、
これは全く不可思議に思われます。


この種の、宗教の衣をかぶった
無抵抗の子どもに対する暴行の原因はさまざまです。

大人が、かつてアジア倭され、
無意識に抑圧した苦しみの仕返しをする、というだけではありません。

両親に対する無批判な從順と、両親から受け継いだ、
割礼によって何か良いことが行われるのだという確信が、
この残虐行為を守るべき伝統として生かし続けるのです。

暴行された子どもたちはその時、復讐願望を抑圧します。
その願望は理解できるものですが、人殺しさえいとわぬものとなり、
何十年の後で再び、子どもやそれ以外の無抵抗な人びとに向かって、
それをぶちまけたくなるのです。


この誘惑は非常に強く、道徳的なお題目では対抗できません。
そもそも宗教がこのような形の人間の犠牲を要求し続け、
しかも神聖視しているのですから、

暴行された子どもの正当な憤りと正当な復讐願望を意識化することだけが、
新たな犯罪をふせぎ、無知と無視の悪循環を止めれるのです。


割礼を強いられた女性が、
両親によって自分が無意味な宗教儀式の犠牲にされてしまったという、
腹立たしく悲しい現実から逃げないでいられるようになって始めて、
その人は自分の娘に同じことをしようとは思わなくなるでしょう。

自分の憤りに値するのは
誰かを知り、
自分がされた犯罪行為を、
罪のない子どもに
つぐなわせたりはしないでしょう。


確かにわたしたちの文化圏には
陰核切除という怖ろしい儀礼はありません。
けれども、数えきれない人びとが繰り返し、
子どもの時に大切なものを切り取られ続けてきました。

つまり、感情の世界を。

暴行と教育が残酷な
やり方でそれを斬り取ったのです。


割礼陰核切除
勝礼=扶余系礼宮=札幌市=北海道

北海道の雛禮はCanadaAmerica故にアメリカで911

こんなことまではそのトキは解らなかったと思います。

誠に世界中の人びとが捲き込まれ凄惨になにも知らず命を散らしています。

ところがこの抑圧の結果、
大人になった女たちは、
この週刊が
正統、必要、無害だと断言するのです。

この女たちは自分たちの抑圧した痛みを思い出せず、
喪失を悲しみ嘆いたこともなく、当然のことと考え、
その結果今度は同じことを自分の子どもたちに強いるのです。
自分たちが何をしようとしているのか、わかろうともせずに。

わたしの憤りに値するのは
誰かを知り、
わたしがされた犯罪行為を、
罪のない子どもに
つぐなわせたりはしないでしょう。


ica=cai=カイの御用

これは日本人の問題です。

Buckcherry - Crazy Bitch
http://www.youtube.com/watch?v=S8IGQWyBILE
http://nihongoyaku.blog79.fc2.com/blog-entry-165.html
おいらをメチャメチャにしてくれ

可愛い顔したお前

Break ME down, you got a lovely face



Bon Jovi 余明卦ノrunaway
http://www.youtube.com/watch?v=lTYiDxwKOBk
http://moon3756.blogspot.jp/2009/11/bon-jovi-runaway-live-in-tokyo-84.html
塚まつたようですねぇ。。逃亡の果てには、破滅しか待っていないのでしょう。

嘘で塗り固めた自分を演じ続けて、心から楽しいと想エル事があったのでしょうか?



42303102廟さま憑様
http://finss.blog46.fc2.com/blog-entry-638.html
52303102母母もも十毋毋なな
http://finss.blog46.fc2.com/blog-entry-640.html
何故書くは誠の言答開きの働きをしていないからです。

心・言・堯の一貫していない人は信頼出來ません。

ましてや日本のトップがそれを隠蔽して盗み取り

スメラミコトに為リ済まし騙していては

日本人どころか世界中にそれが映りて

嘘偽り騙す嫁すの靈魂の抜けた国々になり

世界中の人がいつまでも苦しむ因果となり。

スメラ=素眼裸

世界中で素から眼をキじるしにしてたのは?


世界中の雛體の日本は世界中の人の心の中心地点で重要なので

キチンとおこないを正す必要があります。



もう少し早く日本の言答が開けていたら、代理戰装などする事もなく

マルコスさんの人生は宿命に翻弄され始めたとわたしは見た。

それは金大中さんと同じでそれは布施殷・・・フセインさんも

フセインさんも豐かな人生をあゆめただろうにと。

あの様な事など起きなかっただろうに・・・と思うと無念に心が沈む。

神意に基づいて隠岐た事なのは認識する必要があります。


Bon Jovi Bells of Freedom
http://www.youtube.com/watch?v=38BE-4fBiHE
When your world's come crashing down like you've lost every round
Stand Your Ground
And Ring the Bells of Freedom



五十黙示録 第二巻 碧玉の巻

第四条

神の懺悔(ざんげ)は正法をおさむることであるぞ、そうじすることであるぞ。
まづおさめ、つぎに治(おさ)め、つぎに知(おさ)めねばならんぞ、
素盞鳴(スサナル)の大神は先づ滄海原を御め給ひ、さらに蒼海之原を治め給ひ、
つぎに天下(あめのした)を知め給うたのであるぞ。

素盞鳴の大神が悪神とうつるのは悪がそなたの中にあるからであるぞ。


二十一日九月     14時03分頃地震が蟻ました。
震源地は小笠原島西沖(北緯27.10度、東経141.000度)で、
アサイ4・9000と推定されます。

震戸1  小笠原毋島



Bicth Father Hookerキチガイ糞ビッチ台風十九
ウサギが中国南部を直撃25人死亡、数満人が批難
2013.09.23 Mon posted at 13:54 JST

http://www.cnn.co.jp/world/35037533.html
(CNN) 非常に強いキチガイ糞ファッキンビッチ台風十九号(ウサギ)が
22日夜に中国南部を直撃し、国営メディアによれば、
少なくとも00025人が死亡した。広東省や福建省では数満仁が非難し、
空の便が軒並み欠航になるなど大きな影響が出ている。

台風十九はフィリピンや台湾で少なくとも02人の死者、
数十人の負傷者を出した後、中国の広東省に上陸した。



































































スポンサーサイト



プロフィール

finss

Author:finss
Photograph三島鴨神社
古賀敏恵 Toshie Koga
現在大阪腐高槻死シボウ
出身佐賀縣伊魔里死本瀬戸
本籍長崎縣佐世保死天神蝶
誕生16日feb月1971穢47
趣味オンラインゲー ム
  腐女婆・婆喰イ 仁
  マザコン男漁り痴女
職業ニートひき籠 もり
  中毒婆自称文学屋

得意竿口淫:肛門舐:殷手帽

日本仁様ら布陣寄せパンダ
見世物磔砕絶賛殷賣中ぢゃ

豚賊ゴキブリ組   
父:久保田豊・銀杏家紋
  佐賀伊万里脇田 77歳
1941/09/20
母:犬塚三枝子・梅鉢家紋
  佐賀伊万里本瀬戸77歳
1941/0612   
1971/0216
娘二匹児娘ブタ死育中
    19穢・17穢
1995/10/15
2000/04/11
2001/10/11

おれ 亥マリ居魔四露死苦
全裸道驀進中書く口激布陣


以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード