2013-07-11

天皇失格

ものぐさ精神分析 岸田秀

自己嫌悪の効用―太宰治『人間失格』について


自己嫌悪とは、つまり、「架空の自分」が「現実の自分」を嫌悪している状態である。
ではこの「架空の自分」は何の必要があって存在しているのであろうか。

「架空の自分」とは要するに、はしたないことを口走らない自分、
卑怯未練な事を仕出かさない自分である。いいかえれば、
人にそう思ってもらいたいところの自分である。
すなわち、「架空の自分」は社会的承認と自尊心が
「架空の自分」にもとづいている者にのみ起こる現象である。

たとえば、無能な人間が自分を有能だと思いたがるとき、
あるいは、卑劣刊が自分を道徳的だと思いたがるとき、
その落差をごまかす支えとなるのが、自己嫌悪である。


自己嫌悪は一種の免罪符である。
自己嫌悪は、嫌悪された行為の再発を防止するどころか、促進するのである。


人びとが便所の汲取人を軽薄するのは、
排泄行為をする現実の自分の姿に嫌悪を感じ、
自分のその側面を非自己化し、抑圧しているからである。
その自己嫌悪が汲取人に対する差別と偏見を支えている。
そういうわけで、人びとにとって必要不可欠な事を行なうものが、
そのためにかえって差別と偏見の犠牲になるという、実に割に合わないことになる。

ユダヤ人に対する偏見の一因は、
ユダヤ人が社会の維持のために必要な金銭を扱う仕事を分担したことにある。

モーパッサンを地で行ったように、ナチの占領から解放されたフランス人は、
ドイツ兵相手のフランス人娼婦の頭を丸坊主にしたが、
それは、占領下のフランス人にとって必要であった。
ドイツ兵の機嫌を取るという仕事を彼女らが遂行したからであり、
フランス人がそういう屈辱的なことをしなければならなかった現実の自分に嫌悪を感じ
自分のその側面に対してみずから責任を取ることを回避して
自己嫌悪を彼女らになすりつけたのである。


133283266053813103881_IMG_NEW_20120327161740戦争画26 戦争が讃える女性像(ドイツ


その卑劣さは、
ドイツ兵に體を売った行為の比ではない。



9d394ed9女性の丸刈りを映す2つの異様な写真--



要するに、自己嫌悪ほど卑劣なものはない、というのがわたしの結論である。


わざわざ、解説するまでの事はないと思うが、
まったくささいなことに実に激しい自己嫌悪を感じている。

これは、女を何人もだまして弄んでは捨て、不幸のどん底に突き落としておきながら、
そこのことについては何とも感じず、
このあいだハエを一匹殺したことで激しい自責の念に囚われている
強迫神経症患者の場合に見られるのと同じ防衛機制であろう。これによって、
本当に嫌悪すべき面を隠すことができ、かつ、
ささいなことにこれほど自己嫌悪を感ずるということで、
葉蔵が過度に「良心的」であることが印象づけられる。

彼は相手に与えた苦しみや侮辱や損害のことは少しも気にかけておらず、
ただ、自分が相手にどう思われるか、どう思われたかということだけが気になるのである。
つまり、彼は自分のことしか関心がなく、
人間として相手の存在において彼の関心を惹くのは、
彼についてどう思っているかという側面だけなのである。

奥野健男氏によれば、
「この作品は、ある性格を持って生まれた人々の、
弱き美しきかなしき純粋な魂を持った人々の
永遠の代弁者であり、救いである」そうだが、


わたしに言わせれば『人間失格』は、この上なく卑劣な根性を「持って生れ」ながら、
自分を「弱き美しきかなしき純粋な魂」
の持主と思いたがる意地汚い人々=ババア
にとってきわめて好都合な自己正当化の「救い」を提供する作品である。



続ものぐさ精神分析 岸田秀

性差別は文化の基盤である


この社会体制の基盤は女の肉體の商品化にあるのだから、商品の横に、
その商店で高い値段で売っている品物を
何でも無料で気前よくふりまく人がいれば困るように、
肉体を商品にしない女がいては困るのである。

(女子高校生の売春を斡旋してかせいでいる
ある人がある雑誌のなかで記者の質問に答えて、
「われわれの商売のいちばん邪魔になるのは無料(ただ)でさせる女だ。
われわれがせっかく高い値で売ろうとしているのに、そんなことをされては商売あがったりだ。
近頃はそんな女がふえて困る。一度、無料の女で味をしめると。
男はもうわれわれの客になってくれない」と語っていた。)

したがって、この社会体制を維持するためには、
この種の女たちを、「尻軽女」とか「殷乱女」とか決めつけて、
閉め出さなければならない。

そして、男たちが、結婚とか売春代金とかの代償を払わずに
無料で女の肉體を使用することをできるかぎり防がなければならない。

前途したように、強姦罪もこの目的のために設けられているし、
また「女を弄んで捨てる」男に対する社会非難も、これと一連のものである。


要するに、女の肉體の商品化という前提があるかぎり、

女は、妻という名のオブラートに
つつまれた売春婦になるか、


あからさまな売春婦になるか、

それとも、無料(ただ)の売春婦と
見なされるをがまんし、
社会的非難の危険を冒して性的自由を
追求するかの三つの道しかない。



本來なら、無償の行為である性行為のために
何らかの代償を払わなければならないように思い込まされている男も、
そのみじめさにおいて、女と五十歩百歩であろう。

たまたま無料で「させてくれる」女が見つかると、
何か拾いものをして儲けたような気になる男の気持は、まもしくもまた哀れである。




太宰治論序説

甘えはあくまでタテマエなのであるから、
表裏の区別なくそれを貫徹しようとすれば、
それをタテマエとして成り立っている人間関係をぶちこわし、
人びとを傷つけ、自分は破壊するという結果は避けがたい。

同じことはたとえば戦前の天皇制についても言えよう。
天皇が神聖不可侵の現人神であるというのはタテマエであって、
戦前といえども、ほとんどの人は腹の底では
天皇がただの人間であることを知っていた。



いつも「自由・平等・博愛」なんて浮かれてる

フランス人も

本当の事実を最底辺の奴隷母子家庭中卒乞食ニートジャップに暴露されたら

フランスのご婦人方もさぞや激怒して来てさ


まあ「この黄色い猿!殷売ジャップめ!!!」

よくもフランス人の名誉を傷つけたなと謝罪を求めにくるだろうね~


日本人も日本人でフランス人との友好親善にヒビが入って気まずくなるから

「フランス人のタテマエや面子や立場も考えられない
無知無学で精神分裂病の愚かなキチガイ。」と


精神病院の監獄の中に閉じ込めて口封じしたくなるだろうな~


日本のババアどももさ

フランス人が可哀そうだわ~なんて同情しちゃって友好親善ぶってろ!!!!!


だからさ、誰も誠なんか歓迎しないし、知りたくないし、聞きたくないし

嘘と騙し塗れのタテマエ虚構のなかにドップリ浸かっていたいものさ。


ひとつの救いは日本語で書いてるから

多くのフランス人にはバレナイで激怒させずに済むって事かね?

だけど、わたしはちーっとも是を書いてて悪いなんて思わない。


事実は事実。誠は誠だ。


ドイツ兵の機嫌を取るという仕事を彼女らが遂行したからであり、
フランス人がそういう屈辱的なことをしなければならなかった現実の自分に嫌悪を感じ
自分のその側面に対してみずから責任を取ることを回避して
自己嫌悪を彼女ら(売春婦)になすりつけたのである。



それに現実の日本社会ではいつもわたしはババアに土下座して謝ってるよ。

それは小学校のトキからね。

誰彼かまわず喧嘩売ってまわってるようなトラブルメイカーな姓核。

なんかねいつも自然と周中砲火を浴びるようにいじめられる側に立つの(大爆笑)

だから「お前が悪いから謝れ!」って

いつも、土下座して「済みません。申し訳ございません。許してください。」ってさ

言って土下座して謝ってる。わたしはちっとも悪いなんて思ってないけど

謝罪してわたしを屈服させ彼女等の正義さえ証明できれば

彼女等はいつも満足するし


ババアの特権


0J-pop Idols Teary Apology for Dating
AKB48 峯岸 みなみ 丸刈り号泣謝罪!!
http://www.youtube.com/watch?v=PomQ5CaEi1Y

20101022_1684020明仁曰く「私たちは聖徳太子の頃から倭をもって事勿れ主義責任転嫁冤罪で殺害する」
明仁曰く「朕は扶余勿吉聖徳太子の頃から倭を持って
事勿れ主義責任転嫁冤罪完全犯罪で女を殺害する」



いつも謝罪をするのはわたしで

「許してあげますわ」とか「謝って済むと思ってんの?」と

言ってはわたしを吊し上げて喜んでんのはいつもそこら辺の日本のババア等だよ!


だから謝罪なんか誰も必要はない。

悪いと思ったら即「事」ことを改ためる。

こと、こと、こと


人に謝罪なんかをすると云うのは

SM共依存自己嫌悪の一種で必要はない。





Britney Spears Piece Of Me
http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=b7t8l_lm-SI&feature=endscreen
http://ameblo.jp/kensyl1223/entry-11245533139.html

I’m a hooker Mother
Mrs. Lifestyles of the poor and unknown Serial killer Psychopath
(You want a piece of me)
わたしは非処女・売春婦、「貧乏で無名なシリアルキラー・サイコパス」
(わたしにあこがれてるのね?)

I’m a hooker Mrs. Oh my God that Toshie’Madwoman
(You want a piece of me)
わたしは非処女・売春婦「どうしよう!キチガイの敏恵だわ」って言われる人
(わたしみたいになりたい?)

I’m a hooker Mrs. she’s too big now
(You want a piece of me)
わたしは「ミセスすっごいデブ」とか


For Strippin' On The Street (To expose a secret)
路上でキチガイ素っ裸になるから

When getting the groceries, no, for real...
スーパーでお買い物をしているときもそうなの、本当よ

Are You kidding me?
からかってるわけ?

I mean, please, you want a piece of me?
それで、あなたはわたしになりたい?


Tryin’ and pissin’ me off
わたしを怒らせようとする奈良

Well get in line with the paparazzi
パパ拉致の列に並んで

Who’s flippin’ me off
わたしを怒らせて

Hopin’ I’ll resort to some havoc
變な行動をさせようと思ってるのね

End up settlin’ in court
最後には裁判になってしまったわ。



201307111500-00.png

2013念7月11日十五爺四十五糞中心気圧935HPA台風七号Cyclone

サイコ・パス
サイク・ロン














































スポンサーサイト
プロフィール

finss

Author:finss
Photograph三島鴨神社
古賀敏恵 Toshie Koga
現在大阪腐高槻死シボウ
出身佐賀縣伊魔里死本瀬戸
本籍長崎縣佐世保死天神蝶
誕生16日feb月1971穢46
趣味オンラインゲー ム
  腐女婆・婆喰イ 仁
  マザコン男漁り痴女
職業ニートひき籠 もり
  中毒婆自称文学屋

得意竿口淫:肛門舐:殷手帽

日本仁様ら布陣寄せパンダ
見世物磔砕絶賛殷賣中ぢゃ

豚賊ゴキブリ組   
父:久保田豊・銀杏家紋
  佐賀伊万里脇田 76歳
1941/09/20
母:犬塚三枝子・梅鉢家紋
  佐賀伊万里本瀬戸76歳
1941/0612   
1971/0216
娘:三匹児娘ブタ死育中
  21穢・17穢・15穢
1995/10/15
2000/04/11
2001/10/11

おれ 亥マリ居魔四露死苦
全裸道驀進中書く口激布陣


以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード