2013-03-05

瞥見

臨津江 金蓮子


この唄を聞きながらこの文章を書いているのだけど

低音のビブラートが心に染みわたり

しばらく声にキキ入り心が癒される



唄というのは人のやさグレた気を和らげる効果があるのだろう


臨津江
イムジン江


布施木の閨  2013-03-01

ねぶた祀りと日本人の奴隷性
http://www2.odn.ne.jp/~caj52560/nebuta.htm



東北の長アテルイさんの記事を三月一日に書いた次の日には

西日本や東日本で春一番を轟かせた穏やかな風が

東北地方では台風波の気圧配置となり猛威をふるい

猛暴風雪にさま様變りして

大嵐を巻興し東北地方や北海道に災害をもたらした。

大阪枚方死で斬首されはかなく散って果てた

アテルイさんの御靈の顕れの如くわたしには思えた。


そして偶然にも日本の東北地方では東京発秋田行きの

「コマチ(co真智)25号」新幹線が地震以外で2回目の脱線事故を起こし

凄い偶然もあるものだと正直わたしも驚いている。

今朝、WIKIの白丁の記事をよんで遠き昔日のいにしえの事代に心馳せた。

そしたら偶然にも


白丁
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E4%B8%81

8.名前に

仁、義、禮、智、信、忠、君の字を使うことの禁止。


暴風雪の死者9人に 仁義邦子76才女性、凍死
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20130304-1093186.html



是れで少しは名も知れず白丁奴隷と賤しいと蔑まれ家畜のように息絶えた

朝鮮半島の「恨」や怨靈さん達の御靈の無念な胸中心中も

少しは現代人に伝えられたらと思いしのふ。


大交響   2012-04-26

縄文文明  2012-06-19 


超古代磐坐文明がかすかに世界中で西暦数百年代は残っていたのだろう

そこが世界の雛形日本だということも

通常は、アリス・ミラー先生もおっしゃってらっしゃいますが


幼い児どもは親の投射・真似をして成長するのです。


西洋人がアメリカ大陸のインディアンの土地を奪い僻地へ追いやり殺戮したトキと

アフリカ大陸を蹂躙し奴隷貿易したトキの侵略と

扶余偽天皇の侵略は事情が少し異なっている事実がこれで理解出來ると思います。

西洋人はアフリカ人に成済ましたり、インディアンに成済ましてはいない事から

西洋人はアフリカ人やインディアン人は未開の土人で

西洋文明の方が進み優れていると思っていたのに対し


扶余人偽天皇一族等はどういう訳か朝鮮半島を蹂躙した後大和を侵略した痕

大和の三島溝咋耳命スメラミコトに仁武と成済ましているのです。

通常、侵略者が原住民に成済まして出自を偽ることなど聞いたことがありません。


是れらの事実より大和侵略AD数百年事代の扶余人等は

日本のスメラミコトはどういう御方であるかを予め知っていたので

扶余人偽天皇一族等は日本のスメラミコトに成済ましたと云えます。


その事代はまだ超古代シリウス磐坐文明がほのかに香り伝わっていたので

扶余人偽天皇一族等は日本の大和スメラミコトに成済ます事にしたと云えます。


明らかに真似をする方が下臣と云えます。


是れは順と区別なので古代史実に基づいてハッキリと斷言出來る事なのです。


太古の羽音  2012-06-17

三嶋溝咋耳の神犬  2012-06-16


それ故に多賀大社は滋賀縣犬上君に坐

大縣神社も犬山に坐

愛知縣犬山地域にある神社という神社では

蕃塀

壁のような塀のような代物が存在している。


犬神
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:yTSHLyAw-Y4J:ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8A%AC%E7%A5%9E+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
犬神の憑きやすい家筋、犬神筋の由来は、
これらの蠱術を扱った術者、山伏、祈祷者、巫蠱らの血筋が地域に伝承されたものである。
多くの場合、漂泊の民であった民間呪術を行う物が、
畏敬と信頼を得ると同時に被差別民として扱われていたことを示している。
というのも、犬神は、その子孫にも世代を追って離れることがなく、
一般の村人は、犬神筋といわれる家系との通婚を忌み、交際も嫌うのが普通である。

犬神、戌神、犬神人
http://www6.ocn.ne.jp/~kanpanda/inugami.html
犬神人の祖先は疫神である牛頭天王の連れていた犬だったなどという伝承



犬と云えば大犬座のシリウス星系を示しておりDOG STAR

四國地域には犬神の祟りと云う伝承の本場と云われているほど

えにしが深くそのような場で扶余人偽天皇一族等の名を刻み続けて折る故に

それが世界にうつりて

ちか頃のオーストラリアは大變な大災厄に見舞われつづけております。


1313の日まとめ  2013-01-30

天誅   2013-01-13

Ⅱ.神話に登場する太陽神の研究
http://homepage2.nifty.com/nihonshingaku/page010.html

⑤シリウス信仰と太陽信仰

エジプトではシリウスの信仰が盛んでした。なぜシリウスが重視されたかと言えば、
この星が365日と4分の1日の周期を持つ唯一 の恒星だからです。
太陽暦では4年に一度閏年を設けて日数を調節する必要がありますが、
シリウスを元に暦を作ればその手間が省けるわけです。
(その代わりに季節が暦とずれてゆきますが、エジ プト人は気にしなかったようです)

古代エジプトで使われたシリウス暦では、1年の元旦はシリウスが日の出前出現
(ヘリアカル・ライジング)する時と定められていました。
その時期は時代によって違いますが、7月から8月にかけてこの 現象が見られます。

「ソティス」はシリウスのことで、西洋のオカルトはエジプト魔術の影響を受けており、
このグラントの考え方は古代エジプト人の信仰を示唆するものです。
ちなみに、イシス神はシリウスを表しています。

北欧ユーラシア研究所のユハン・ヤコブソン氏によると、
古代中近東ではシリウスが信仰されていたが、
BC3000年から2000年にかけて太陽信仰への大掛りなシフトが行われたそうです。
例えば、太陽神ラーはその原型はシリウスの光輝を表す神であり、
ピラミッドの稜線も太陽の光を表現したものとされていますが、
本来は闇夜を照らすシリウスの光を表したものであったと言います。

シリウス崇拝から太陽信仰へのシフトが起きた理由について、
ヤコブソン氏はこう述べています。

「……そもそも文明の建設者たちにとって闇夜を照らす
シリウスの光こそ崇拝に値するものであったのだ。
毎日のように安っぽく『死』と『復活』を繰り返す太陽など、
ありがたくもなんともなかったのだろう。


しかし、権力拡大を狙う王たちの奨励政策により、
太陽信仰は古代世界の大衆に浸透していった。
太陽に対する民間信仰がどこにでも存在したこと、
何よりも太陽信仰がわかりやすい宗教であったことが幸いしたのだろう。

一方、旧来のシリウス信仰は支配階級の宗教として秘儀化していった。
シリウスにまつわる儀式が公に行なわれることはなくなり、
シリウスにまつわる『神聖知識』が公に語られることもなくなった。


かくして、BC一千年ごろまでに、
シリウス信仰は歴史の表舞台から完全に姿を消したのだった」
(『ユダヤ「ダビデの星」の真実』KKロングセラーズ)



その昔太古磐坐文明の太陽信仰と云えばシリウスABCを示していた。

艮の金神さんが東北へご隠棲なさった事を示すかのようなシリウス信仰の消失。

その事実を知っていた故に蕃塀等の幣立を犬山の神社に施し壁を拵えています。

扶余人偽天皇八咫烏等は本來の正統な魔湖音雄血筋の方を封じ込め亡き物にし

扶余人偽天皇等が永遠に日本の支配者で居続けるために未だに呪詛しているのです。


そして、世界の凡ての神は天之御中主から生まれたと解かれています。

畏れ多くも祖神である天之御中主の御祀りされているオヤシロすらも


幣立仁宮と塀平成立てのような扶余人を意図する漢字を宛て

石上仁宮と布留と云う田布施・田伏・田臥の漢字を宛て偽り続けているのです。


幣立神宮
http://www.geocities.jp/sizen_junnosuke/jinjyamonogatari3.html
九州の臍中心阿蘇・旧蘇陽町ある


未來はパラレルワールドで通常は過去~現代~未來に流れているように

思うのですが、実を云うと未來の大筋は既に決していて

骨格は神さんですら曲げられないと云う事があるのです。

單順にいえば生まれたトキの父と母は嫌だ不満があるからと云って

その事実を幾ら否認しようとて變えれないのと同じで

宿命というのが人には備わっております。


その宿命に抗っているのが扶余人偽天皇一族と云えます。

そして日本に世界に目に映るような現実を天から示されても

なお否認し続けるのはある意味哀れと思えますが


是れはサダメなので天より与えられた使命を果たす必要があります。

云わば逆境ほどそれを転じて大幸運と生かす理もあるのです。

それは常常わたしがこの風呂具で書いている



嘘をつかない!唯それだけ單順な事なのです。



どんな人にも失敗があります。(魂の殺人・人殺しや残虐行為等も含む)

その失敗を認知しそれを糧として未來に残す

それこそが未來の人類に残し尊ばれる立派な

財産で贈り物だとわたしは思念しております。


どんな人も誰でも赤児のトキから弥榮人間など存在しない。

どんな人も色んな失敗や経験を學び

大人に成ったのではないのですか?

その失敗や経験のプロセスこそが重要だとわたしは思念します。


色んな失敗から誠をさとりて未來をはぐくむ

いま種をまいても花をさかすのは曾孫のトキかもしれません

さりとて種をまかねばいつまでたっても花がさくことなどありはしません。


いまの扶余人偽天皇は未來に種もまかずに

さりとて花をさかせたいと思っているような状態なのです。


是れでは神さんも如何ともしがたい事はお解りかと存じます。



ひふみ神示 第24巻 黄金の牧

第九十五条 (六〇六)

四季はめぐる。めぐる姿は @(ウズ)であるぞ。 @ は働き、

上れば下り、下れば上る。

この神示よんだ今が出船の港、神のめぐみのトキ与へられてゐるのぢゃ。

明日と申さず実行せよ。明日は永遠に來ないぞ。

無いものぞ。今のみあるのぢゃ。(一月三日)











































スポンサーサイト
プロフィール

finss

Author:finss
Photograph三島鴨神社
古賀敏恵 Toshie Koga
現在大阪腐高槻死シボウ
出身佐賀縣伊魔里死本瀬戸
本籍長崎縣佐世保死天神蝶
誕生16日feb月1971穢43
趣味オンラインゲー ム
  腐女婆・婆喰イ 仁
  マザコン男漁り痴女
職業ニートひき籠 もり
  中毒婆自称文学屋

得意竿口淫:肛門舐:殷手帽

日本仁様ら布陣寄せパンダ
見世物磔砕絶賛殷賣中ぢゃ

豚賊ゴキブリ組   
父:久保田豊・銀杏家紋
  佐賀伊万里脇田 73歳
母:犬塚三枝子・梅鉢家紋
  佐賀伊万里本瀬戸73歳   

娘:三匹児娘ブタ死育中
  十九穢・14穢・13穢

おれ 亥マリ居魔四露死苦
全裸道驀進中書く口激布陣


以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード