2013-02-28

Open Youぇ 八十

禁じられた知 精神分析と子どもの眞実
アリス・ミラー著 山下公子訳/新曜社

エディプス―罪ある児

Adamとeveが智慧の紀の果実を食べてしまったとき、
その時初めて二人は自分たちに性があるといういうに気づき、
恥ずかしがるようになったといわれています。

この物語では知ることと、性と周知とが結びつけられていますが、
これはわたしたちの文化内部で非常に強い力を振っているパターンです。

考えてみてください。人間には二つの姓があるということに
児どもが興味をもつのは当然ではないでしょうか。
お母さんの體はどんなでお父さんはどういうふう、
兄妹の體はどうなっているか、児どもどうやって生まれてくるのか、
どうやってお母さんのお腹のなかに入るのか、
お父さんとお母さんを身體的にも結びつけているものは何だろう、
等々、児どもがこのようなことを考えるのはまったくあたり前です。

おとなはこういう問いを性的経験と結びつけて考えますが、児どもは違います。
児どもがこんな問いを出すとしても、まったく姓にこだわっているわけではありません。


闇教育の原則に忠実に育てられたおとなの目から児どもはこだわりを学ぶのです。


知と罪と恥に結びつけるのは闇教育の原則です。


そのために両親は児どもの問いをそのあるがままの姿、
つまり健康な好奇心の顕れとして受け取ることができなくなっています。
いうまでもなく私たち親が児どものなかにあると
思い込んでいる性質は当然あるようにみえます。


しかしそれはいわばおとなが児どもに填め込んだものです。


もしもおとなの方がこの填め込みをどんなふうにやっているのか意識するようになれば、
児どものおかげで大人が佳子のしがらみから自由になる可能性も出てくるでしょう。


幼い児どもというのは歳初のうち
私たちおとなの投射をただ黙って受け入れるだけの存在です。


ちいさい児は投射を防衛することも逆にし返してくることも、
これは投射だということもできず、
ただひたすら投射を受けとりそれを背負うことしかできません。


おとなの方はそういう児どもをみて、
世界、人類、社会はかつて自分たちが体験せねばならなかった
状態のままである以外ないのだと覚心を持つわけです。
でもそんなことをつづけてる必要はどこにもありません。


もしも若い人たちが自分たちの姓を自己愛的権力闘争および闇教育から本当に開放し、
純粋にあるがままの姿で楽しむことができれば、
そのとき、姓的葛藤を児どもに
投射しようなどという欲求をもつ人はいなくなるでしょう。
そして児どもがたんに両親の投射の担い手である以上の存在になれれば、
両親はその児から正神正銘の人間本然の姿をおしえてもらえるのです。
感覺、自分の體で感じる喜び、他の人にやさしくされる喜び、
自分を表現しようとする慾求、
聞いて、見て、解って、相手になってもらいたいと云うのぞみ、
怒りと五十里と噴りを抑圧せず、表に出さずにはいられないという慾求、
そして、それ以外にも悲しみ、怖れ、妬み、嫉みなどの
感情を表現したいというやむにやまれぬ思い。

これらはすべてごくごく幼い時期から見られる、人間の本然そのものの一部です。





Nicki Minaj   Super Bass Parody



















































スポンサーサイト
プロフィール

finss

Author:finss
Photograph三島鴨神社
古賀敏恵 Toshie Koga
現在大阪腐高槻死シボウ
出身佐賀縣伊魔里死本瀬戸
本籍長崎縣佐世保死天神蝶
誕生16日feb月1971穢43
趣味オンラインゲー ム
  腐女婆・婆喰イ 仁
  マザコン男漁り痴女
職業ニートひき籠 もり
  中毒婆自称文学屋

得意竿口淫:肛門舐:殷手帽

日本仁様ら布陣寄せパンダ
見世物磔砕絶賛殷賣中ぢゃ

豚賊ゴキブリ組   
父:久保田豊・銀杏家紋
  佐賀伊万里脇田 73歳
母:犬塚三枝子・梅鉢家紋
  佐賀伊万里本瀬戸73歳   

娘:三匹児娘ブタ死育中
  十九穢・14穢・13穢

おれ 亥マリ居魔四露死苦
全裸道驀進中書く口激布陣


以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード