2012-09-11

Fire to the rain

雨に火をつけて アデル 
http://www.youtube.com/watch?feature=fvwpb&v=InwqhVflD2s&NR=1


I let it fall..my heart
And as it fell, you rose to claim it

私は自分の心が落ちていくまま
ほったらかしにしていたの

It was dark and I was over
Until you kissed my lips and you saved me

辺りはもう暗くて 私はくたくただった
だけどあなたが私の唇にキスして 救ってくれたのよ

My hands, they were strong
but my knees were far too weak
to stand in your arms
without falling to your feet

私の両手はしっかりしてたけど
でもひざはがくがく震えて
あなたの腕の中で立っていられずに
思わずその足元に崩れ落ちてしまったわ

But there’s a side to you
that I never knew, never knew

でもあなたには私が知らない
知る由もない別の顔があったの

All the things you’d say,
they were never true, never true

あなたが私に告げた言葉はみんな
ひとつ残らず嘘だった、嘘だった

And the games you’d play,
you would always win, always win

あなたは自分の仕掛けたゲームには
いつも勝つのよね いつも独り勝ち


But I set fire to the rain
Watched it pour as I touched your face

だから私は雨に火を燈したの
じっと見ていたわ
激しく降り注ぐ雨の中で あなたの顔に触れながら

Well it burned while I cried
’cause I heard it screaming out your name, your name

燃え上がったとき 思わず泣いてしまった
だって私には聞こえたのよ
雨があなたの名前を叫ぶ声が

When I lay with you
I could stay there,
close my eyes
feel you here forever
You and me together, nothing is better

あなたの隣で横たわっていると
ただ目をつぶっているだけで そこにじっとしていられた
あなたが永遠にそばにいてくれるように思えて
あなたと私で一緒にいられれば
それ以上のことなんて要らないわ

Cause there’s a side to you
that I never knew, never knew

あなたにほかの側面あったとは
知らなかった、知らなかったから

All the things you’d say,
they were never true, never true

あなたが私に告げた言葉はみんな
ひとつ残らず偽りだった、偽りだった

And the games you’d play,
you would always win, always win

あなたは自分の仕掛けたゲームには
いつも勝つのよね いつも独り勝ち

But I set fire to the rain
Watched it pour as I touched your face

だから私は雨に火を点けたの
じっと見ていたわ
激しく降り注ぐ雨の中で あなたの顔に触れながら

Well it burned while I cried
’cause I heard it screaming out your name, your name

燃え上がったとき 思わず泣いてしまった
だって私には聞こえたのよ
雨があなたの名前を叫ぶ声が

I set fire to the rain
And I threw “us” into the flames

私は雨に火を燈して
「私たち二人」を炎に投げ入れたの

Well it felt something died
Cause I knew that that was the last time, the last time

その時 私たちの何かが死んだのよ
私には分かっていたの
あれが最後だったんだって 最後だった

Sometimes I wake up by the door
That heart you caught must be waiting for ya

時に私は目が覚めるとドアの隣にいることがあるの
あなたが掴まえてくれたあの心が
きっとあなたを待っているんだわ


Even now when we’re already over
I can’t help myself from looking for ya

私たちの関係がもうすっかり終わってしまった今でも
あなたの姿を探さずにはいられないの

I set fire to the rain
Watched it pour as I touched your face

だから私は雨に火を燈したの
じっと見ていたわ
激しく降り注ぐ雨の中で あなたの顔に触れながら

Well it burned while I cried
’cause I heard it screaming out your name, your name

燃え上がったとき 思わず泣いてしまった
だって私には聞こえたのよ
雨があなたの名前を叫ぶ声が

I set fire to the rain
And I threw “us” into the flames

私は雨に火を燈して
「私たち二人」を炎に投げ入れたの

Well it felt something died
Cause I knew that that was the last time, th e last time

その時 私たちの何かが死んだのよ
私には分かっていたの
あれが最期だったんだって 最期だった

Oh no..
Let it burn
Let it burn
Let it burn




















































スポンサーサイト
プロフィール

finss

Author:finss
Photograph三島鴨神社
古賀敏恵 Toshie Koga
現在大阪腐高槻死シボウ
出身佐賀縣伊魔里死本瀬戸
本籍長崎縣佐世保死天神蝶
誕生16日feb月1971穢43
趣味オンラインゲー ム
  腐女婆・婆喰イ 仁
  マザコン男漁り痴女
職業ニートひき籠 もり
  中毒婆自称文学屋

得意竿口淫:肛門舐:殷手帽

日本仁様ら布陣寄せパンダ
見世物磔砕絶賛殷賣中ぢゃ

豚賊ゴキブリ組   
父:久保田豊・銀杏家紋
  佐賀伊万里脇田 73歳
母:犬塚三枝子・梅鉢家紋
  佐賀伊万里本瀬戸73歳   

娘:三匹児娘ブタ死育中
  十九穢・14穢・13穢

おれ 亥マリ居魔四露死苦
全裸道驀進中書く口激布陣


以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード