2012-06-17

太古の羽音

17日05時47分頃地震がありました。
震源地は愛知県西部 ( 北緯35.1度、東経137.2度)で震源の
深さは約50km、地震の規模(マグニチュード)は3.4と推定されます。

岐阜県  震度1  恵那市上矢作町
愛知県  震度1  犬山市五郎丸  知多市緑町


朝起きたら、昨日書いた記事に関連するキーワード「犬」の字に
纏わる所で震度1の幽かな地震が起きていたので
グーグル先生で愛知県犬山五郎丸地域の神社を調べてみた。

わたしは地図を調べるときは必ず、その地域の神社の産土さまを見るようにしている。

その土地、土地には代々ご先祖さまがその土地の子孫(縁のある方も含む)
を暖かくお見守りくださっていると思っているからです。

昨日わたしは綿津見大神の海と犬について書いていて
犬山市羽黒成海郷に所在地のある神社を何かの偶然だろうしと思って調べてみた。


鳴海杻神社(なるみ てがし じんじゃ)
http://www.geocities.jp/engishiki01/owari/bun/ow100414-01.html

img_1601614_54046748_7.jpg


【延喜式神名帳】鳴海柏神社 尾張国 丹羽郡鎮座

【現社名】鳴海柏神社
【住所】愛知県犬山市羽黒成海郷 109
    北緯35度20分50秒,東経136度56分33秒
【祭神】山岬多良斯神
【例祭】10月10日 例祭
【社格】旧郷社
【由緒】清寧天皇2年創立という
    文治2年(1186)鳴海天神『尾張国神名牒』
    明治3年に式内社決定
    明治6年2月村社
    大正12年6月15日郷社

【祭祀対象】
【祭祀】江戸時代は「天神」と称していた
【社殿】本殿入母屋造銅板葺
    祭文殿・神饌所・神樂所・拝殿・社務所
【境内社】南宮社・神明社・多賀社・津島社



江戸時代までは鳴海天神と呼ばれていた・・・。

やっぱり天神さまだった。

多賀社は滋賀県犬上郡多賀町多賀604にある多賀大社のことだと思います。

多賀大社は伊邪那岐命(イザナギ)・伊邪那美命(イザナミ)の二柱を祀っております。

神仏習合の中世期には「多賀大明神」として親しまれていました。


ここでも「犬」つながりで犬上郡と犬山市

犬といえばシリウス超古代文明

犬山市はかつて江戸時代犬山藩という土地の由来からきているらしい。



そして犬山市の鳴海杻天神さまの近くには

虫鹿神社や比良賀神社が御鎮座していらっしゃる。


虫鹿神社(むしかじんじゃ) WIKI

虫鹿神社本殿


創建時期は不明。虫鹿天神、三明神社とも称していたという。

主祭神 

國常立尊(くにとこたちのみこと)

國狹槌尊(くにさつちのみこと)

豊斟渟尊(とよくもぬのみこと)

天照大神(あまてらすおおかみ)

菊理媛命(きくりひめのみこと)



虫鹿天神さまとも称していたとある。こちらもやはり天神さまだった。

神さまの世界は順序・法則の世界なのですがなんと凄いことに

虫鹿神社に祀られている神さまは根源神さまと直接繋がりがある様な

とてもありがたい大神・太神さまが御鎮座なさっていらっしゃいます。



比良賀神社
http://hatake.blog16.jp/index.php/2010/12/10/5-795

img_1601614_54058202_0.jpg



神社の創建は 不詳ですが、その昔 河川の氾濫による田畑が荒らされるのを守るため、川沿いの6ヶ所を選んで祠を建て、天照大神・天香語山命など6柱を祀ったのが始まりで、現在の羽黒神明あたりにあったといわれています。

1370年代には羽黒 金屋に鋳物師集団が定着するようになり、当時の羽黒城主梶原氏が社領地を寄進し、金物の神・天目一個神(あまのめのいっこのかみ)を迎えて「比良賀天神」と称して、羽黒二日町に社を建て、1500年代まで 大いに賑わったといわれています。



比良賀神社 犬山羽黒
http://blogs.yahoo.co.jp/nabesan88com/54058202.html



この神社南1km程先に鳴海杻神社にある。


羽黒という羽の名の付く土地は太古磐座巨石文明(縄文時代)では
天ふった神々さまの御舟の出立場所、即ち飛行場を意味すると私は
聞いたことがあります。
どういう訳かここにはGHQが植えたといわれるハナノキや松が植えられています。

三葉松(GHQ植樹)
GHQが植樹した三葉松

おそらくは下記の竹内文書のサイトに書かれてある

13.なんと文中に「ヒラミット(日来神宮)」ということばが登場するのである。
これがピラミッドを指すことは、疑いの余地がないだろう。


松(GHQ)とハナノキ
GHQが植樹したハナノキとピラミッドを模した燈籠


この犬山羽黒ヒラミットの関連で植樹したものと推測できます。

GHQがなーんにも関係なくて友好なんたら慈善活動の一環でーす(笑)

なんて木を植えるとはわたしには思えないからです。


幻の古代世界天皇と羽根ラインの謎
http://blogs.yahoo.co.jp/yhwh_lucifer/1749934.html
超古代の世界天皇が、神武天皇から始まる日本の天皇家ではない事は明白である。



竹内文書
http://www.g-7.ne.jp/~ulin/loli/book/takenouchi.html
「外なる国からの侵略者である天皇家は、この事実を知られてはならないとして情報隠蔽を図る。自分たちこそこの世界の支配者であると感づかれては困る、と」
 そして天皇家が日本を支配する正統な理由として日本神話たる、古事記を編纂。外国からやってきた異教徒である稗田阿礼の陰謀により情報は隠され…
「何で稗田阿礼がそんな事する必要あるのか、とかは考えるだけムダだから考えないでね」



考えるだけムダだと書いているので、考えてみることにした。
こちらの本文を詠むと稗田阿礼の陰謀により情報は隠され…
という謎は簡単に解けると思います。
「卑弥呼」と同じ「卑しい」という漢字に眞実は秘められている。

ねぶた祭りでもそうなのですが縄文系日本人に穴を掘らせて
その部族の妻子や長老などを生き埋めにしたのと同じように

原住民は侵略者の奴隷として扱うために、今までの王であるとか部族の長・妻子を
原住民の奴隷同士に殺させて、従属させることは古来からの習わしであります。

ですので稗田阿礼(ひえだ の あれ)さんは「卑弥呼」の血筋だと私は思います。

いつわりの天皇家を賛美する、侵略者・勝者の歴史書を奴隷である縄文系日本人に
血筋のものに書かせることによって、今までの日本の歴史を封印・焚書したのでしょう。

それしても稗田阿礼は異教徒だと書いているこの筆者の意図はなんだろう?
後日思いついたら追記致します。




そして犬山市やその付近の神社に共通してあるのは

蕃塀

という壁のような塀のような代物。


虫鹿神社の蕃塀
虫鹿神社の蕃塀


もちろん、鳴海杻神社、虫鹿神社、比良賀神社にも蕃塀はあります。

そして比良賀神社は携帯電話の電波塔で呪詛された鳥居・・・。


鳥居をくぐって神さまの御鎮座なさっている

本殿を遮るような形で、妨ぐような形で置かれてあります。

神さまの通り道である神気の流れを遮断するような・・・。

諏訪地方でも見られたような

四本の杭と同じような呪詛だと私は直感しました。


e0113570_239749.jpg
犬山市五郎丸神明社の蕃塀


諸説色々といいつたえもあるようですが、どのように見ましても

一瞬でみた感じで申しましても

神さまの道を塞いで邪魔しているようにしかうつりません。

まぁ日本中の聖域に呪詛しているであろうとは推察できたものの

こうもあからさまにどこもかしこもこのような呪詛を執拗に行っているのが

竹内文書の超古代のスメラミコトさまのすべてを奪い取ろうとする御仁らども

日本国家太平の為云々を振りかざし執着する執念でしょうか・・・?


『尾張名所図会』に見る蕃塀(22)鳴海杻神社
http://banbeimani.exblog.jp/tags/%E9%B3%B4%E6%B5%B7%E6%9D%BB%E7%A5%9E%E7%A4%BE/



成海柏神社
鳴海杻神社の蕃塀


遠隔操作に関する、関連情報!! 2012-04-22
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2012/04/post_0764.html
冨里市の麻賀多(まかた)神社そば(※)
高い鉄塔で、強力な電磁波発信を観測した。
(Google Map座標:35.760025,140.279567)

かなりの確率で寺社のすぐ近く、
または寺社を見下ろす位置に携帯中継局や電波塔が敷設されているのを確認しました。
特に、同地域に20社存在する麻賀多神社にその傾向が強いことを発見しました。






麻賀多神社はひふみ神示とゆかりの深い神社です。





田縣神社(たがたじんじゃ) WIKI

所在地:愛知県小牧市田県町152

主祭神:御歳神 玉姫神 

概要

創建の年代は不詳で、かなり古い神社である。

豊年祭

毎年三月十五日に行われる、奇祭として有名な祭事。「ほうねんさい」または「ほうねんまつり」と読み、別名「扁之古祭(へのこ祭)」ともいう。男達が「大男茎形(おおおわせがた)」と呼ばれる男根をかたどった神輿を担いで練り歩き、小ぶりな男根をかたどったものを巫女たちが抱えて練り歩く。それに触れると、「子どもを授かる」と言われている。 この祭事は、男根を「天」、女陰を「地」と見立て、「天からの恵みにより、大地が潤い、五穀豊穣となる事と子宝に恵まれる」事を祈願する祭事である。春に行われる理由は、「新しい生命の誕生」をも意味するからである。

なお、少し離れた場所にある犬山市の大縣神社の豊年祭(別名「於祖々祭(おそそ祭)」)が対になっており、こちらは女陰をかたどった山車などが練り歩く。




大縣神社(おおあがたじんじゃ) WIKI


女性の守護神は姫の岩(
姫石


所在地:愛知県犬山市宮山3

社伝によれば「垂仁天皇27年(紀元前3年)に、本宮山の山頂から現在地に移転した」とある。

祭神は、大縣大神(おおあがたのおおかみ)としている。大縣大神は、国狭槌尊とする説、天津彦根命(大縣主の祖神)とする説、少彦名命とする説、大荒田命(日本武尊の三世孫で迩波縣君の祖)とする説、武恵賀前命(神八井耳命の孫)とする説などがあり、はっきりしない。いずれにしても、「大縣大神は、尾張国開拓の祖神である」とされている。 境内には、いくつかの境内社がある。かつては別宮二社、末社52社があったとされる。その中の一つの摂社の姫の宮には、玉姫命が祀られている(倉稲魂神とする説もある)。ここは古来より安産・子授など女性の守護神として崇敬されており、女陰をかたどった石などが奉納されている。これは小牧市田縣神社の男根に対応するものである。本宮山の山頂には、大縣大神の荒魂を祀る本宮社がある。

また同神社は、愛知県で二番目に大きい前方後円墳である茶臼山古墳(青塚古墳)も管理している。付近には、円墳などの古墳群が点在する。

境内の裏手のある山の斜面には、たくさんの梅が植えられている。




しだれ梅
しだれ梅











コースターから転落、重傷 小1男児、群馬の遊園地
http://www.47news.jp/CN/201206/CN2012061701001441.html

17日午前11時ごろ、群馬県嬬恋村の遊園地「軽井沢おもちゃ王国」で、茨城県龍ケ崎市
白羽の小学1年生の男児(6)がジェットコースター「ドラゴンコースター」から転落し、重傷を負った。命に別条はない。群馬県警は、運行管理の手順やシートベルトの状態を調べている。

 吾妻広域消防本部によると、男児は顔を打ち、腕とひざを骨折している疑いがある。ドクターヘリで長野県佐久市の病院に運ばれた。

 ジェットコースターは1両4人乗りで2人がけの座席が前後に並ぶ。5両編成で計20人乗り。1周約63メートルで3周走る。男児は最後尾車両の前列に1人で座り、3周目に車両から飛び出した。


dst12061715120010-n1.jpg
小1男児が転落する事故が起きた遊園地「軽井沢おもちゃ王国」のジェットコースター
17日午後2時30分ごろ、群馬県嬬恋村で共同通信社ヘリから



<マッキンリー遭難>下山中に雪崩 扇さん氷壁で転落免れる
毎日新聞 6月17日(日)13時43分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120617-00000016-mai-soci

「『サーッ』という音がして振り返ったら、雪崩はすでに足元に迫っていた」。宮城県勤労者山岳連盟所属の日本人登山隊5人が巻き込まれた米アラスカ州のマッキンリー山の雪崩。
唯一自力で下山した扇等さん(69)が連盟に電話で報告したという。


行方不明になっているのは
宮城県涌谷町、加藤慶昭さん(64)同県加美町、須田正子さん(50)
同県大崎市、鈴木道子さん(56)仙台市青葉区、鈴木玉雄さん(63)。



マッキンリー上空は乱気流
マッキンリー山 


扇=戸羽






Mr.Children 掌
http://www.youtube.com/watch?v=zJQmCzsDIbw&feature=related





































スポンサーサイト
プロフィール

finss

Author:finss
Photograph三島鴨神社
古賀敏恵 Toshie Koga
現在大阪腐高槻死シボウ
出身佐賀縣伊魔里死本瀬戸
本籍長崎縣佐世保死天神蝶
誕生16日feb月1971穢46
趣味オンラインゲー ム
  腐女婆・婆喰イ 仁
  マザコン男漁り痴女
職業ニートひき籠 もり
  中毒婆自称文学屋

得意竿口淫:肛門舐:殷手帽

日本仁様ら布陣寄せパンダ
見世物磔砕絶賛殷賣中ぢゃ

豚賊ゴキブリ組   
父:久保田豊・銀杏家紋
  佐賀伊万里脇田 76歳
1941/09/20
母:犬塚三枝子・梅鉢家紋
  佐賀伊万里本瀬戸76歳
1941/0612   
1971/0216
娘:三匹児娘ブタ死育中
  21穢・17穢・15穢
1995/10/15
2000/04/11
2001/10/11

おれ 亥マリ居魔四露死苦
全裸道驀進中書く口激布陣


以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード