2012-05-29

いのちの名前

「ユダヤと同祖の全日本列島原住民にルーツを持つ天皇」説の虚像1!
フリーエージェント大Dr佐野千遥

http://free-agent-university.org/blog/?p=3


嘗て邪馬台国の有った九州からやって来たとの話の神武天皇とは、天皇一族がシュメールを通して列島原住民の神を横取りした後に、自分達が元々日本土着の一族であるかのように見せかけるためにでっち上げた架空の人物で、天皇一族はシュメールの日本武尊と、でっち上げた神武天皇のイメージをだぶらせる企みもしています。その分、日本武尊のイメージは更に悪くなっています。戻ってきたシュメールの日本武尊、名古屋のシュメールのタケイ・ナダネ王とその家臣・名越(ナゴヤ)一族、シュメールの「海のつわもの」三浦一族、(シュメール系ヒッタイトと同じように鉄器を使った)奥州の多賀城のシュメール一族が、百済からの天皇一族が北九州から上陸した以降、列島原住民の側に立つべく政治的・軍事的に決戦を天皇一族に挑み敗れ滅亡したのに対し、物部氏は四国に陣取って列島原住民の神道を纏めて出雲大社を中心とした全国の神社を司って百済系・天皇一族と対決しようとしたが、天皇一族がその時期だけ利用した高句麗系・曽我氏との戦争で、力及ばずして滅亡した、という違いが有ったのだと思います。天皇一族は「大和朝廷」のYammatというセム語系の名前自体も殆どセム化して日本に戻ってきていたシュメールから横取りした。


[注釈]:ついでながら申しますと、元寇の時に元の軍勢(実は司令官だけが蒙古人達で、兵卒の殆どは高麗人)を迎え撃ち日本を護ったのは、弱小豪族・北条氏(北条時宗。「弱小」と言う理由は、名越の大軍が出払った後、鎌倉を北条の手勢だけで護っていたために、新田義貞程度に攻められただけで、あっけなく鎌倉幕府は滅亡したからである)ではなく、日本武尊が伊吹山山中で天皇一族の軍勢の挟み撃ちに会って戦死したその同じ時に天皇一族に攻められて滅亡せられ、名古屋を去って三浦の地に赴き、以来三浦一族に逗子と鎌倉の境目の領地をあてがわれ、そこに「名越[ナゴエ]の館」を構え、後に征夷大将軍・源頼朝、そして執権・北条氏に仕えた名越一族です。「征夷」=「蝦夷を征する」と言う所にも、この政治的・軍事的シュメール一族は鎌倉の時代にもまた蝦夷と対立したようではありますが...。そして鎌倉幕府末期の名越隆家(ナゴヤ・タカイエ)は北条氏から後醍醐天皇を討つ命を受けて京に上り、戦に敗れた。つまりこの時代にもシュメールは天皇を討とうとした。

天皇一族にはシュメール、ユダヤ、アイヌの血は混ざっていません。徹頭徹尾、朝鮮・韓国の百済系と僅かな高句麗系の血を受けた人達です。「シュメール、ユダヤ、アイヌ」と言った理由は、この3民族の中のユダヤ人は元々はアイヌのみが持っていたYAP遺伝子(Y染色体の一つのパターン。今日でもアイヌ系の人の90%以上がYAP遺伝子を持つ)を太古の時代に日本でアイヌと集住した際に受け取り、メソポタミア地方に赴いたシュメールから、メソポタミヤ文明時に受け取った結果、世界でアイヌ人、シュメール人、そしてユダヤ人(+アラブ人)のみがYAP遺伝子を持つに至っている。つまり天皇一族は日本列島原住民アイヌ発のYAP遺伝子を持っていないのであり、彼等が列島原住民の末裔である、とは偽りであります。

実際、天皇一族はユダヤ人の末裔ではないかとか、日本にユダヤの「失われた十氏族」の一つが来ているのでは、という噂を聞いて、東京イスラエル大使館のイスラエル大使がイスラエル本国の政府内に或る部署を占めているユダヤ教のアミシャーブという教派を日本に呼び寄せて調べさせた経緯が有った。アミシャーブはDNA鑑定まで駆使して日本国内を遍く調査した結果、Hataという名前(発音がHataであれば、秦、羽田、畑、畠、幡、秦野、波多野、等、何でも良い)の日本人が確かにユダヤ人の末裔であることを発表したが、当の天皇家については一切発表しなかったのである[注釈1]。天皇を崇拝する極右勢力は、天皇はユダヤの血を受けた日本民族の天子と発表される事を強く望んだが、そのような発表は一切無かったのである。それもそのはずである。日本民族全体がユダヤの血を受けている筈はないのである。ここに天皇一族は列島原住民の末裔でもなく、特異な存在であるシュメールの血も受けていない事が明らかとなった。

[注釈1]:平家物語には源平の壇ノ浦の海戦の時に、平家の側の船に乗っていた宮廷の位の高い女性が幼い安徳天皇を抱いて三種の神器をもって入水自殺をし、安徳天皇は死に三種の神器は瀬戸内海沈んだと書かれている。にも拘らず今日の宮内庁には三種の神器が有り、しかもそこにユダヤ語の書き込みが有る。この三種の神器は明らかに後世に作られた物であり、しかもユダヤ語で書き込みが有るということは天皇家自体が一貫してユダヤの末裔である事を主張して来ている事を意味する。そうであるならば、アミシャーブが提案したYAP遺伝子のDNA鑑定はユダヤの末裔である証を立てる上で絶好のチャンスであったのだから、何故天皇家がアミシャーブのDNA鑑定を拒否したのか説明が付かないのである。つまりこれは逆に、DNA鑑定されれば、天皇家がYAP遺伝子を実は持っていない、つまりユダヤの末裔でない(シュメールの末裔でもない、列島原住民、就中YAP遺伝子の源泉のアイヌにルーツを持っていない)事が明らかになる事を避けるために拒否したと解釈する以外に無いのである。

[注釈]:邪馬台国、日本武尊、ヤマタノオロチ、大和朝廷、鬼やんまの全てにYammaの音が有るのだが、これは単一の語源から来ていると考える。セム語において、yammaとは「海」「波」の事を意味し、Yammatと最後に付く小詞’t'は海・波の語を愛称化する役割をする。「豊葦原の瑞穂の国」とは日本が海に因んだ国である事を示唆した表現だが、天皇・皇室の祭式の中には海に関する儀式が全く無いのである。海洋民族シュメールの末裔ならば、海に関する儀式が有ってしかるべきなのである。それが全く無いことからも天皇一族がシュメールとも、よってアイヌとも、又ユダヤとも無関係な朝鮮半島の百済(そして僅かに高句麗)の末裔であることが裏付けられるのである。

天皇一族はシュメールを乗っ取れば日本列島原住民全体を乗っ取る事が出来ると見た。そしてシュメールを乗っ取る事により確かに天皇一族は悲しいかな日本列島原住民全体を乗っ取る事に成功した。逆に見るなら、それほどまでに物部氏と末期の邪馬台国は日本列島原住民に根を下ろし同化していたのではなかろうか。天皇一族の謀略に敗れた物部氏が日本の神が「奴隷の神」と呼ばれる事を認知したとき、列島原住民は挙って頷いたのである。



シュメールとは中東のメソポタミヤに出かけて行く頃は人種的には殆どアイヌであった(ヨーロッパ人も見劣りするくらい眼が大きかった)が、6000年間セム族を支配したり支配されたりして日本に戻って来て邪馬台国を作った頃には殆どセム化していた。海洋民族のシュメールであることは邪馬台国の最後の王子・日本武尊が常に船で海路、戦争に出かけた事からも覗えるが、縄文期末期に帰ってきたシュメールはアイヌ等の列島原住民に戦争を仕掛け従えようとした。



img_1602843_51352921_3.jpg
古代シュメールの夫婦神(道祖神)


dousojin2009.jpg
田端道祖神(1764年)
明確な年代のあるものでは栃木県内最古



そうこうしている内に、北九州に百済人の天皇一族が上陸して戦争になり、天皇一族が近畿に陣取る事となり、シュメールは急遽列島原住民を護る側に立とうとするが最終的にはシュメール邪馬台国は滅ぼされる。

四国に拠点を持ったシュメール一族で出雲大社を中心に全国に神社を司っていた物部氏だけは、邪馬台国滅亡後も近畿の天皇一族に発言権を持っており、物部氏は列島原住民側に立とうとしたが、高句麗系の曽我氏との戦争で破れ滅亡した。

「アラハバキ神」という言葉はアラビヤ語から allah + abak+i と分析して
   allah = アラーの神の「アラー」の正確なスペリングで、「神」その物を意味します。
   abak = 「奴隷」の意味
   + i  = 所有格「..の」を意味する。
つまり「奴隷の神」という意味になります。


日本の各地の民謡の囃し言葉が広範にセム語の古語であることは、後に大和朝廷が神道を伊勢神宮を中心とした神道に組織換えした時に使った新羅経由で渡来したユダヤ人秦一族の存在と働きかけだけをもってしては説明し切れないと考えます。つまり列島原住民の側に立とうとしたシュメール民族の齎したセム語だったのではないかと考えます。

聖徳太子が秦野と言うユダヤ人を相談役としていたが、ユダヤ人を相談役とするにはセム語が相当出来なければならないから、何処で聖徳太子はセム語を習得したかと当然問う事となる。答えは、当時日本国内に広範に居たセム化したシュメールから、となる。

上記「アラハバキ神」=allah + abak+i =「奴隷の神」とは、ユダヤ人秦氏がそう呼ばさせたのか、それとも列島原住民側に立とうとしたシュメール物部氏が逆説的にそう名付けたのかは分かりませんが、この語はセム語とすると意味が明確になります。また「アラハバキ神」をこう解釈したのは私が初めてであろうと思います。



img6_TKY200605240400.jpg




このブログの文章を読んで本当に私は嬉しかったです。

日本のブログの90%以上はニセ天皇賛美ばかりです。

日本人の誠のご先祖さまの真実の姿は隠蔽・改ざんされており

ほんの少しでもこのようにニセ天皇らに滅ぼされた

日本の誠のスメラミコトさまの栄光がこのように

明らかになることはとっても私はうれしいのです。

草葉の陰で多くの吾々ご先祖さまがニセ天皇らに殺戮され虐殺され

この世の無常をはかなみ消え去った

その思い(日本人の真実の歴史)をようやくこうやって表面化できるのですから。


おおむねこれらの歴史が日本国にて決して語られることもなく・・・


竹原氏、堀江氏、小沢氏など表だって天皇の歴史の真実を表明した人は

公職を追われ、獄につながれ、裁判係争中など

いかにニセ天皇制を固持したい田布施システム=天皇村の人らの執着・執念でしょうか。


吾々日本人の誠のご先祖さまのことを吾々ご先祖さまたちは

かごめ唄や天神さんの唄や五木の子守唄などにひっそりと己の思いを潜ませて

歌い継いできた。

いかに日本先住民族であったアイヌ系YAP-D(神の末裔)が奴隷として

ニセ天皇一族らに虐げられ、虐殺されてきたことをひっそりとわらべ歌にして

語り継いできたのでしょう。




27日06時49分頃地震がありました。
震源地は父島近海 ( 北緯27.2度、東経141.1度)で震源の
深さは約490km、地震の規模(マグニチュード)は6.1と推定されます。

東京都  震度2  小笠原村母島
       震度1  小笠原村父島西町 小笠原村父島三日月山


27日10時09分頃地震がありました。
震源地は宮城県沖 ( 北緯38.4度、東経142.0度)で震源の
深さは約60km、地震の規模(マグニチュード)は3.3と推定されます。

宮城県  震度1  南三陸町歌津


27日11時43分頃地震がありました。
震源地は茨城県沖 ( 北緯36.7度、東経141.1度)で震源の
深さは約30km、地震の規模(マグニチュード)は3.4と推定されます。

茨城県  震度1  日立市助川小学校


【雷雨】関東の天気が悪くなってキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!
2012年05月28日(月) 12時15分
http://nonafinews1.blog.fc2.com/blog-entry-3061.html

【気象】東京・埼玉・群馬で竜巻の恐れ 気象庁が竜巻注意情報を発表
http://blog.livedoor.jp/video_news/archives/1778618.html

273 :名無しさん@12周年:2012/05/28(月) 15:06:06.39 ID:/HtbWvDy0
都内すげー雨



80907_812_071742.gif
東京全域ゲリラ豪雨・雹 20120528



尾瀬で落雷、男性死亡 群馬、女性もけが
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012052801001702.html

 28日午前10時半ごろ、群馬県片品村の尾瀬ケ原で男女2人が落雷に遭い、60歳ぐらいの男性が死亡した。50歳ぐらいの女性も口のあたりに軽傷を負ったが、命に別条はない。

 沼田署によると、女性が現場近くの「竜宮小屋」に駆け込み、小屋の職員が119番した。県の防災ヘリコプターが午後3時ごろ、2人を救助したが、同県沼田市の病院で男性の死亡が確認された。沼田署が身元確認を進めている。

 現場では午前10時半ごろから雷が鳴り、強い雨やひょうが降っていたという。

 前橋地方気象台によると、28日午前4時ごろから県内全域に雷注意報が出ていた。



Spitz スピッツ 三日月ロック ババロア
http://www.youtube.com/watch?v=KJhz3PxMZGA&feature=autoplay&list=PLDA3FABC3C82BB187&playnext=1&shuffle=676025


























スポンサーサイト
プロフィール

finss

Author:finss
Photograph三島鴨神社
古賀敏恵 Toshie Koga
現在大阪腐高槻死シボウ
出身佐賀縣伊魔里死本瀬戸
本籍長崎縣佐世保死天神蝶
誕生16日feb月1971穢46
趣味オンラインゲー ム
  腐女婆・婆喰イ 仁
  マザコン男漁り痴女
職業ニートひき籠 もり
  中毒婆自称文学屋

得意竿口淫:肛門舐:殷手帽

日本仁様ら布陣寄せパンダ
見世物磔砕絶賛殷賣中ぢゃ

豚賊ゴキブリ組   
父:久保田豊・銀杏家紋
  佐賀伊万里脇田 76歳
1941/09/20
母:犬塚三枝子・梅鉢家紋
  佐賀伊万里本瀬戸76歳
1941/0612   
1971/0216
娘:三匹児娘ブタ死育中
  21穢・17穢・15穢
1995/10/15
2000/04/11
2001/10/11

おれ 亥マリ居魔四露死苦
全裸道驀進中書く口激布陣


以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード