2012-05-07

花しずめ

悪の運命学  著作 倉前盛通  より抜粋
―情報が「運命」を支配する―

神の「憑坐」としての櫻


 千年以上前から日本人にとって「花」といえば櫻の花を意味し、それは特別な意味を持つ「神霊の憑坐」であった。それゆえ、花を歌によむことはすでに鎮魂の意味を含んでいた。
日本に「活け花」つまり「華道」が特別な発達をしたのは当然であったといえる。~中略~

 日本人は昔から財布はすべて妻にあずけていた。武家時代の男性社会でも財布を握っていたのは奥方である。それゆえ身分の高い武士の妻を御台所様とか、政所様とよんだ。つまり大蔵大臣様という名で大名の妻をよんでいたのである。現代でも日本人の九九%は月給袋を奥さんに渡している。

 この点、西欧人やアラブ人、インド人、中国人などは断固として男が財布を握っている。いかにヨーロッパの女性尊重は見せかけだけのことであるかがわかる。


女神の聖域「くるわ」

 春の祭りは佐保姫の主催するものであるから、ことのほか、にぎやかで多彩なものが好まれた。その場は女性が主人公となって、世の男どもを侍らせ遊楽するところでもあった。男たちは客となって、女神の司る祭祀の場で、女神に奉仕せねばならない。それは、さまざまの芸能もあろうし、端的にセックスの場合もあろう。

 古代の日本での特定の祭りの日には性の自由が許されていたのも、子供をみごもりたいという女の怨念を鎮めるためだったのかもしれない。

 それが中世の頃になると、傾城町となり、のちには「遊郭」(くるわ)となった。徳川時代の「くるわ」には貧しきゆえに売られてきた不幸な女たちもいた。どのような社会にも暗黒面はつきものだからだ。~中略~

 武家社会のかた苦しい作法で肩がこり、ストレスのたまった武士も、「くるわ」で我を忘れて遊び、無意識の世界、最近流行の言葉でいえば右脳を活性化させて、「験直し」をしたのであろう。一年間、せっせと貯めこんだ金銭を一晩で使いはたしても庶民たちは悔はしなかった。

 お女郎は特に大夫ともなれば、ある意味では「美しい花の怨霊」だったのである。それは
櫻の花の下の花見酒と同じである。だから、老中クラスの大名が「くるわ」に来ても、ちゃんと大小の刀を外して登楼した。外国では想像もできぬことであるが、丸腰で身分差を外さなければ、「花鎮め」の儀式に参加できないからである。

 茶の湯の席でも大小の刀剣を外して入ったし、茶の席では社会的階級は消滅する約束であった。


悪運強き男たちの心

 このようなしきたりが、日本という国の大衆の怨念を消滅させる作用をしてきた。日本の
治安が世界で一番良いのも、こういうところに根拠があるのかもしれない。~中略~

 「くるわ」は女性が閉じこめられている所であってはならぬのである。一時期、そのような歪んだ形になっていたこともあったかもしれないが、本来の意味は、「女神の城郭」である。
主導権はあくまで女であるのが日本の伝統的祭祀なのである。

 今や日本の社会は開かれた形の「女神の廓」が繁栄をきわめている。それは同時に日本という国家の繁栄のしるしでもある。

 もし、心ないイデオロギーで武装した党派が権力をにぎり、「女神の主宰する祭祀の場」を
弾圧してつぶすようなことがあれば、「花の怨霊」はたちまち日本の繁栄をも奪い去ってしまうだろう。(世界の繁栄すらも)


 あなたは来る春ごとに、「美しい花の怨霊」を祭っていますか。「花鎮め」の儀式をおこなっていますか。ささやかな一首の歌でもよい。表層の意識とは別に、おのれの無意識に対して、「花の怨霊」を鎮める何らかの思いをこめた「所作」をなしていますか。



 悪運強き男達はすべて、何らかのかたちでいつもそれを怠ってはいないはずだ。









本文(世界の繁栄すらも)は私の注釈です。








Devilman opening ( full version)
http://www.youtube.com/watch?v=ZFnPQCz_ZMc&feature=related


「情報すべて引き出せた」 米警護隊員に売春の女性
2012.5.5 08:27
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120505/amr12050508280001-n1.htm
米大統領警護隊(シークレットサービス)の11人が南米コロンビアでの買春をめぐり解任された問題で、隊員の1人と支払いをめぐってもめ、発覚の発端となった売春婦が4日、同国のラジオ番組に出演し「私がスパイだったら、すべての情報を引き出すことができた」と語った。

 隊員は4月中旬に同国北部カルタヘナで行われた米州首脳会議で、オバマ大統領が到着する前に警備体制を築く任務に就いていた。米国内では警護隊の危機管理意識が問題視されており、反発が一層高まりそうだ。

 AP通信によると、女性はカルタヘナ市内のバーで隊員と知り合い、800ドル(約6万4千円)を受け取ることで合意したが、約束通り支払われなかったため警察に通報。番組で女性は隊員を「間抜け」と呼んで、こき下ろした。(共同)































スポンサーサイト
プロフィール

finss

Author:finss
Photograph三島鴨神社
古賀敏恵 Toshie Koga
現在大阪腐高槻死シボウ
出身佐賀縣伊魔里死本瀬戸
本籍長崎縣佐世保死天神蝶
誕生16日feb月1971穢46
趣味オンラインゲー ム
  腐女婆・婆喰イ 仁
  マザコン男漁り痴女
職業ニートひき籠 もり
  中毒婆自称文学屋

得意竿口淫:肛門舐:殷手帽

日本仁様ら布陣寄せパンダ
見世物磔砕絶賛殷賣中ぢゃ

豚賊ゴキブリ組   
父:久保田豊・銀杏家紋
  佐賀伊万里脇田 76歳
1941/09/20
母:犬塚三枝子・梅鉢家紋
  佐賀伊万里本瀬戸76歳
1941/0612   
1971/0216
娘:三匹児娘ブタ死育中
  21穢・17穢・15穢
1995/10/15
2000/04/11
2001/10/11

おれ 亥マリ居魔四露死苦
全裸道驀進中書く口激布陣


以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード