2012-03-28

ブラックレイン

プレー山
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E5%B1%B1

プレー山(ペレ山、ペレー山、モンプレ、モンプレーなどの表記・言い方がある。仏: Montagne Pelée)は、西インド諸島のなかのウィンドワード諸島に属するマルティニーク島にある活火山。名称は『はげ山』の意味。1902年に大噴火を起こし、当時の県庁所在地だったサン・ピエールを全滅させた。その結果、約30,000人が死亡、20世紀の火山災害中最大であったことで知られる。

噴火の始まりと経過

前年の1901年に、すでに登山者たちがプレー山の噴気活動を目撃している。1902年4月25日、プレー山は噴火活動を開始し、4月27日には山頂に直径180mの火口湖が形成され、噴出物が15mの高さに積もった。火口湖からは沸騰するような音がし、硫黄を含んだ火山ガスがサン・ピエールにまで達した。4月30日に付近の川で土石流が発生し、付近の村を飲み込んだ。5月2日午前11時30分、プレー山は地震とともに噴火し、火山灰などの噴出物が島の北部を覆った。火山灰などに汚染された植物を食べた家畜が死亡するようになった。5月3日に降灰は北の方に積もるようになりサン・ピエールへの降灰は一時少なくなったが、翌日には一転して増加。サン・ピエールとル・プルシュール(フランス語版) 地区との交通は遮断され、激しい降灰のために船の運航は難しくなった。

5月5日月曜日に噴火は一時落ち着いたが、午後1時頃に突然海岸線が約100mも後退した後に激しく押し戻され、付近の都市は水に浸かった。一方、山の西部からも噴煙が上がり始めた。同日、山頂の火口湖の一部が崩落して火山泥流[2]がブランシュ川(スペイン語版) に押し寄せ、付近の村の住民約150名が犠牲となった。生き残った町の周辺の人々は安全を求めてサン・ピエールに流入した。翌6日の午前2時頃にも、大音響とともに噴火が起こった。さらに5月7日水曜日の午前4時頃から活発になり、火山の火映によりオレンジ色に染まった火山灰が山全体に降り注いだ。その日の間に多くの人々が町を脱出した一方で、町で噴火をやり過ごそうとした周辺からの住民が殺到したので、サン・ピエールの人口は数千人増加した。


11日にサン・ピエールの市長選挙が行われる予定だった事もあり、
新聞はあくまでサン・ピエールは安全であると主張した。

同日には隣のセントビンセント島のスフリエール山(フランス語版) が噴火し、火砕流により1680人が死亡。当局はこれによりプレー山への圧力が解放されたと発表し住民らを安心させた。事実、山の活動も落ち着いたように見えた。


この災害による死者数ははっきりしないが、サン・ピエールの住民と避難民合わせて2万4,000人とも、3万人ないし4万人とも言われる[3]人々が僅か数分(時計は噴火の2分後に停止している)のうちに死亡した。犠牲者の中にはサン・ピエール市長も含まれていた。市内の生存者は3名だけで、4月7日に喧嘩を起こして逮捕され海辺の半地下の独房に監禁されていた既決重罪犯の黒人、靴職人の黒人、白人少女の3人であった。



忘れられていた火砕流の恐怖 プレー山 1902年
http://plaza.rakuten.co.jp/allmilitary72/diary/201107030000/

マルティニーク島プレー山に噴火の兆候が見られ始めたのは、1902年4月上旬のことでした。登山者が噴気活動を目撃したのです。その後も活動は続き、4月25日には山頂に火口湖が形成が確認され、噴出された火山灰や火山ガスが7キロ離れた麓の街サン・ピエール(人口約2万8千人)まで押し寄せてくるようになります。そのため街は硫黄の臭いが充満したと言われています。

4月30日にはラハール(火山性土石流)が発生し、付近の村々に被害が出ています。さらにプレー山は5月2日、6日、7日と大規模な噴火を起こします。

マルティニーク島北東部最大の街であるサン・ピエールには、周辺の村々からは数千人から1万人の住民が避難してきて、大混乱になりました。

この非常事態に、フランス人のサン・ピエール市長も市当局も、なんの対策も講じていません。彼らは火山災害の恐ろしさを理解していなかったのです。市当局の対応は、パニックを鎮めるための行動のみに終始しています。

「街は安全。避難の必要はない」という
科学的な根拠のないコメントが出し続けられていました。

驚くことに、市当局は「5月11日の選挙(市長選がおこなわれる予定でした)は必ず投票するように」と、繰り返し主張していました。さらに投票者がいなくなることを恐れた当局は街道を封鎖して、住民が街から出られないようにしたため、避難しようとした住民と小競り合いが発生しました。

完全な人災ですが、市の対応で街はパニックから暴動へと事態は急速に悪化しつつありました。不安を感じた市長は政府に「暴動の可能性がある。軍艦を派遣してほしい」と要請を出しています。この後の及んでも、プレー山のことは、市長の頭にはなかったのです。


そして運命の5月8日を迎えます。

この日はキリスト教徒にとっては重要な昇天祭(キリストの昇天を祝う祝日)の日でした。そのため前日までは動揺激しかった市民たちも、比較的平静に行動していたようです。もしかしたら神に救いを求める気持ちもあったかも知れません。「ようです」「かも」という曖昧な表現が多いのは、市民たちがどのような気持ちで運命の日を迎えたか確認することが出来ないからです。

7時52分、プレー山で再び噴火が起きました。近くの海を航行していた船舶から、プレー山からサン・ピエールにめがけて巨大な噴煙が駆け下りてくる様が目撃されています。それは火砕流でした。

火砕流はサン・ピエールの街を焼き尽くすだけでは飽きたらず、そのまま海を直進して、港で停泊していた20隻の船舶を呑み込み炎上させました。

噴煙が街を覆い尽くすとサン・ピエールからの通信はすべて途絶えました。そのため周囲ではサン・ピエールで何が起きているか知るよしもありません。

同日12時過ぎ、市長から要請を受けていたフランス海軍の艦がサン・ピエール沖に到着し、焼き尽くされた街を見て愕然としました。すぐさま救助隊が編成されましたが、火砕流の熱で接岸できず、夕方まで待機せざるを得ませんでした。フランス艦からの急報で、災害を知った周辺地域からも救助活動が開始されましたが、市内で発生した火災はその後数日間にわたって燃え続けて、容易に人が入ることが出来なかったと言われています。

結果は戦慄すべきものでした。サン・ピエールは文字通りの意味で壊滅し、街は消滅しました。火砕流直撃前、サン・ピエールに避難してきた近隣村々の避難民の数が不明のため死者の数は推定の域を出ませんが、犠牲者は2万8千名から4万名の間と言われています。

むしろ生存者の数を数えた方が早いようで、市内での生存者は2名、火砕流の直撃を受けた後沈没せず生き残った2隻の船舶の船底などから、約100名が生還した以外は全滅しました。

市内にあった時計のほとんどが7時54分を指して止まっていたことから、火砕流が街を直撃したのは噴火から2分後だったと考えられています。火砕流は7キロメートルの行程をたった2分で到達したのです。そして一瞬で数万の人々が命を落としたのです。

生存者の特徴として興味深いのは、1人は囚人で地下牢に入れられており、もう1人は靴職人でたまたま地下倉庫にいたところを助かっています(もっとも2人とも大火傷と脱水症状で、救助時死にかけていましたが)。規模の小さい火砕流(これだけの犠牲者を出したプレー山の火砕流ですが、規模としては小さいものになります)に対しては、地下に逃げることが有効であることを示しています。

船の生存者はと言うと、船底機関部などにいた船員たちだけが助かって、見張りなどの甲板員やブリッジにいた船員たちは全滅でした。普通船が沈む時などは、船底にいる機関部員は脱出に時間がかかり間に合わずに死亡するケースが高いのですが、今回は熱風の届かない船底にいて、また船がどうにか沈没を免れたために助かったという珍しいケースでした。

船底にいた船員たちは、外で何が起きているか分からず、また熱でドアが変形して外に逃げられず(そのことが彼らの命を救いました。もしドアが開き外に飛び出していたら命はなかったでしょう)、50度を超す船内で水も食糧もなく、3日間苦しみ続けたといいます。まさに紙一重の生還だったといえそうです。

これだけの被害をもたらしても、プレー山の噴火はまだ終わりませんでした。

5月20日には再び火砕流がサン・ピエールを襲っています。また3ヶ月後の8月30日には北東のモルヌ・ルージュ村を火砕流が襲い、2000名が死亡しています。プレー山の噴火が収束したのは1904年のことですから、実に2年近く暴れ回ったことになります。

そして一番の教訓としては、行政の対応次第で犠牲者はいくらでも増えると言うことでしょうか。もし早い段階でサン・ピエールの市長が避難命令を出していたら、犠牲者は大きく減っていたのは間違いありません。


プレー山の噴火は、火砕流の恐ろしさと、行政・住民双方の危機管理能力の必要性を訴えていると言えそうです。



わずか2分の間にサン・ピエールはプレー火山の火砕流に飲み込まれ、
ほんの一瞬で数万人の命が消え全滅しました。
パニックを鎮めるための行動のみに終始していた市当局と新聞社の
「サン・ピエールは安全です。避難の必要はない」
というむなしいプロパガンダと共に・・・。
市内の生存者は3名だけで、4月7日逮捕され海辺の半地下の
独房に監禁されていた既決重罪犯の黒人、靴職人の黒人、白人少女の3人であった。
多くの善良な人々が極悪人だと独房に監禁し重罪人として
裁いていた黒人オーギュスト・シパリさんの事は

神さまの目からはどのようにうつっていたのでしょうか?

そして現代社会の死刑囚を処刑したり
人を罪人だと監獄に監禁して裁く善良な市民のことをどのようにご覧になるでしょうか?


これらの教訓は今後の地球規模の天変地異においても
大いに参考になる事象だと私は思います。


パニックを鎮めるための行動のみに終始している国県当局と新聞・マスコミ各社の
「福一4号機原発は安全です・放射能瓦礫は安全です。避難の必要はない」
というむなしいプロパガンダと共に…。


0020075M.jpg
1902年5月8日の噴火後のサン・ピエールの廃墟




I'll Be Holding On - Black Rain.wmv
http://www.youtube.com/watch?v=pPXw2de4L2k&feature=related

Black Rain  「 I'll be holding on 」 日本語訳
http://anboo.dtiblog.com/blog-entry-389.html

いつも心にあるのは”その道を行く”ということだけ
これからも、それは変わることはない
こんな俺を”目茶苦茶な奴”と人は言うが
同じ目にあえば誰だってこうなる
これまで生きてきて確かなことは
どこにも信じられるものなど無いということ
あの”死”の意味を知るまでは
俺はずっとそう思って来た

世界が一瞬に黒く染まった”あの時”を

どうしても忘れる事ができない
全てを押し流し、俺に生きる”道”をつくったあの雨を
そんな事にこだわって何になる?
死んだ人間が生き返ってくる訳じゃない
何を言ってる?それでいいだと?
そう思って行けだと?

あの事を覚えているのが俺だけになったとしても
いつまでも言い続けてやる
思い出すんだと

ここに忘れていない人間がいると

忘れはしない!
忘れてはならないと!
全ての人間にそっぽ向かれても
俺は言い続けてやる!


それまでの人生が砂のように
幻のように、消えてしまった人達がいる
俺はいつしか、こう思うようになった
そう、同じところに行くだけだと
そこに光がある
どれだけ今が苦しくても
ああ、それでいい、そう思って行く!
そう思って行けばいいんだと!

あの事を憶えているのが俺だけになったとしても
いつまでも言い続けてやる
思い出すんだと

ここに忘れていない人間がいると

まっすぐ前を
まっすぐ前だけを見て行く!

全ての人間が押し黙っても
俺は言い続けてやる!

忘れはしない!
忘れてはならないと!
全ての人間にそっぽ向かれても
俺は言い続けてやる!

まっすぐ前を
まっすぐ前だけを見て行く!

全ての人間にそっぽ向かれても
俺は言い続けてやる!








































スポンサーサイト
プロフィール

finss

Author:finss
Photograph三島鴨神社
古賀敏恵 Toshie Koga
現在大阪腐高槻死シボウ
出身佐賀縣伊魔里死本瀬戸
本籍長崎縣佐世保死天神蝶
誕生16日feb月1971穢46
趣味オンラインゲー ム
  腐女婆・婆喰イ 仁
  マザコン男漁り痴女
職業ニートひき籠 もり
  中毒婆自称文学屋

得意竿口淫:肛門舐:殷手帽

日本仁様ら布陣寄せパンダ
見世物磔砕絶賛殷賣中ぢゃ

豚賊ゴキブリ組   
父:久保田豊・銀杏家紋
  佐賀伊万里脇田 76歳
1941/09/20
母:犬塚三枝子・梅鉢家紋
  佐賀伊万里本瀬戸76歳
1941/0612   
1971/0216
娘:三匹児娘ブタ死育中
  21穢・17穢・15穢
1995/10/15
2000/04/11
2001/10/11

おれ 亥マリ居魔四露死苦
全裸道驀進中書く口激布陣


以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード