2012-01-27

女戦士の証

不屈の女性市長 満身創痍で犯罪組織に立ち向かう
http://blog.livedoor.jp/nappi11/archives/2090853.html
生々しい傷跡を敢えてカメラの前でさらしているのは、メキシコ、ミチョアカンMichoacan州Tiquicheoの市長を務めるMaria Santos Gorrostietaさんで、すでに1年の職務を終え、さらに職務を続行する意思表示をしました。彼女が見せている傷は、麻薬組織の襲撃で受けた傷で、すでに3度暗殺の攻撃を受け、そのたびに死んでも不思議は無いほどの銃弾を受けています。

2011年1月24日、カメラマンの前でその傷をさらした市長は「私は皆さんに、私が受けた銃弾の傷跡や手術跡、痛めつけられたこの体を敢えてさらします。少しも恥ずかしいとは思っていません。なぜならこれは自分の不幸な人生の傷跡でしかなく、精神的にも肉体的にも傷は負っていても、自分が強い女性である事の証だからです。」と言い切ったのです。
彼女の夫Jose Sanchez氏は、過激な麻薬組織の抗争が多発し、麻薬組織ラ・ファミリアの本拠地であるミチョアカン州のTiquicheoで、彼女への2度目の襲撃の際に彼女の代わりに銃弾を受け亡くなりました。彼女は3人の子供の母親でも有りますが、これからも、子供たちのため、女性のため、家庭を養う父親たちのために市長の仕事を続けると誓います。

中には、彼女が受けた余りの現実を信じようとしない人や、自作自演だという人もいて、その人たちへ彼女は「自分が受けた多くの傷を疑っている人もいるが、今日あなた達は自分の目でその証拠を確認できます」と言いながらカメラに向かいました。



マリア・サントス市長
救急車で運ばれるマリア・サントス市長



これを見て率直なところ安易になんてメキシコは暴力と麻薬の支配した

恐ろしいマフィアの国なんだろうと誰でも思います。

では何故メキシコは麻薬マフィア支配の国になったのでしょうか?

氷山の一角である麻薬組織ラ・ファミリアのマフィアのボスを打ち滅ぼせば

メキシコは安全な国になるのでしょうか?





統一教会とユダヤ人と北朝鮮
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/tyk.htm

安部の祖父に当たる岸元首相は、A級戦犯として巣鴨プリズンに拘置されていました。ともに拘束されていた児玉誉士夫と笹川良一の三人で、不可思議な釈放措置を受け、娑婆にでてきました。以後、児玉と笹川は、自民党の結党に関り、児玉が、結党資金を出したといわれています。岸を含めた三人は、韓国の「反共を標榜した」宗教、統一教会を日本に呼び込みました。以来、この三人と統一教会は不可分な関係を維持し、日本統治に暗躍して来ました。

そもそも三人が超法規的に釈放された背景には、占領軍、つまり、米国政府が手先として使役する目的があったのでしょう。そして、米国権力は、彼らを復権させる見返りに、米国権力への絶対的服従を命じた。その間接支配の機関として、文鮮明の統一教会・勝共連合を日本に送り込んだ。岸、児玉、笹川、統一教会の文鮮明、自民党の全てが、米国権力に隷属する日本間接支配の道具となったわけです。

(児玉は戦争中、児玉機関なる謀略組織の長であり、中国大陸で戦略物資の調達を行っていました。中国大衆に阿片を売りつけ、その利潤で、戦争遂行に必要な、ダイヤモンドやプラチナ、タングステンなどを調達していました。麻薬、ダイアモンドといえば、ユダヤ商人の独占商売です。旋盤など工作機械に必要なダイアモンドがなければ、ゼロ戦の部品ひとつ加工できません。ダイアモンド産業は、今も昔も、ユダヤ企業デビアスの独占事業です。児玉は、麻薬商売、ダイアモンド調達の局面で、ユダヤ人と接触を持ったはずです。麻薬もまた、ユダヤ人がもっとも得意とする産業分野です。児玉が麻薬を扱えば、ユダヤ人と接点なしにはいられなかったでしょう。戦後、児玉らを過去に知っていたユダヤ人が、手先に使うに適任と判断し、三人を拘置所から解放したのではないでしょうか?そして、児玉は、手元にあったダイアモンドの一部をGHQ高官に賄賂として差し出して買収し、残った分を自民党結党資金に供出したといわれています。ちなみに、日本の麻薬機関が中国大陸で麻薬の小売に使っていたのは朝鮮人でした。戦後、児玉や笹川と元の仲間の朝鮮人麻薬業者が結託しても不思議はありません。ちなみに、統一教会は今も昔も世界の麻薬産業の一大勢力であり、麻薬事業で、ブッシュを含めたユダヤ権力と提携癒着しています。極めて示唆的な話ではありませんか。)

自民党には、米国CIAの資金が流入していたと、1995年に、アメリカの公文書開示で判明しました。その資金の分配に、統一教会が関わっていたのではないか?つまり、自民党の議員たちは、統一教会の背後に強大な米国権力が控えていることを知っているからこそ、米国の資金が欲しいからこそ、統一教会に恭順してきたのではないでしょうか。また、統一教会は麻薬産業の大手業者でもあります。南米のコカインへロイン密輸事業で儲けた資金が、現在ではCIA資金の代わりに、自民党議員の懐に入っているのでしょう。


>統一教会は麻薬産業の大手業者でもあります。。


オウム事件の本番
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/kok_website/fireworks4/main_pages_sub/OUMUNOSEIRISEITON_PAGE9_5_1.htm

岸信介はCIAの手先か 投稿者:まっぺん  投稿日:07月01日(土)21時50分04秒
http://redmole.m78.com/2000/2000-07a.html

昔見た映画「サルバドル」はかなり事実を伝えていると思われるが、そこにはアメリカCIAと勝共連合(統一協会)とを資金源として、そこに当時のラテンアメリカ軍事独裁政権などがむすびついてテロ組織をつくり出していた様子が克明に描かれていました。


『アメリカ殺しの超発想』 霍見芳浩著
http://www.billtotten.com/japanese/ow1/00008.html

「創価学会・池田大作をめぐるノリエガ・スキャンダル」
このノリエガ将軍が吐かされたものの中に、池田大作氏が創価学界の金をパナマで運用し、ノリエガ将軍の麻薬取引の資金繰りにも使わせていたことと、このあがりから、池田氏は小沢氏へ相当な額を常時渡していたというものがあった。ブッシュ氏はこの自白の証拠書類もがっちりと手に入れて、金丸、そして小沢の両氏を操作するムチとして使っていた。もちろん、アマコスト駐日大使は、このムチを必要に応じて直接使用した中心人物であったということだった。この話は「小沢のパナマコネクション」として、アジア・太平洋諸国の政府の間にも知れ渡っている、と教えてくれたアジアの外交官もいる。知らぬは日本のみということだろうか。


■文鮮明の麻薬同盟 
http://burn.ucsd.edu/archives/ats-l/1997.Oct/0021.html.
1980年7月に6人の有力なコカイン密輸業者が、軍事クーデター首謀者と会い、将来のコカイン貿易の保護を求めた。で、後に起きるクーデターは、コカインクーデターと呼ばれることになる。クーデターが始まる前から、コカイン密輸業者が、新政権の重要ポストに坐ることが決まっていたし、CIAもそれを知っていた。結局、左派を排除しようとしている連中と麻薬業者が、同一の連中であり、CIAと協同していたということ。

で、7月17日に、そのコカイン・クーデターが起きたのだけど、実行者はドイツ、フランス、イタリアのなまりのあるスペイン語を話す連中で、多くはナチの鍵十字の腕章をしていたという。まず、労働者同盟の本部が襲われて、前政権の麻薬・汚職を追及してきた労組幹部が、拷問に掛けられ、わざと殺さないで、数時間いたぶられた。後日、去勢された労組幹部の死体が見つかった。他の女性の捕虜は、強姦された。

結局、このクーデターの目的は、ボリビアのコカイン産業を保護し、コントロールすることにあったようで、獄中にあったコカイン密売人の多くが、釈放されて、ネオナチに加わった。政府の麻薬捜査の資料は持ち出されるか、燃やされ、政府職員は拷問され射殺され、女性職員は縛られ、強姦された。ネオナチがハイルヒトラーの叫び声を上げる中で、アルセ・ゴメスが内務大臣となり、ルイス・ガルシア・メサが最初の独裁者・大統領に選ばれた。

■■ついに、文鮮明師登場!我等がオトーサマ、麻薬事業にご邁進!■■

ラパスの新政府に最初に祝福に駆けつけたのが、文鮮明の右腕のBo Hai Pakだった。後の報道によると、文鮮明は、このコカイン・クーデターのために400万ドルを提供した。クーデターには、文傘下の世界反共連盟のボリビア支部の連中が鍵となる役割を果たしていた。



■日本の右派勢力....実体は、右派ではなくアメリカべったりのお犬様なのです。

右派勢力の思想・行動を理解するための小論
http://member.nifty.ne.jp/nstn/kenkyu022.htm

アメリカが「グローバリゼーション」を唱えると、日本の御用知識人も、それを復唱する。
アメリカが「集団的自衛権」の行使を要求すると、日本の右派勢力もそれに同調する。
アメリカが「テロや脅迫を信条とする無責任な国家」の脅威を唱えると、アメリカ自身が
無責任であり脅威であることをひた隠しにしながら日本の右派勢力もそれを復唱する。


「ヨーロッパ各国は、カルトと称される宗教の動向にきわめて鋭敏な反応を示してきた。(ヨーロッパではカルトといわずセクトと称する)それには理由があって米国のCIAがカルトを政治的に利用してきた経緯やイスラム原理主義運動とのかかわり、なかでも武装勢力の活動にCIAがかかわった事実を熟知しているからだと推定される。」
From なぜ創価学会・公明党では困るのか ―自公連立政権への根源的忌避の理由―
丸山照雄
http://www.google.com/search?q=cache:Pe3X5zvDfkkC:www.apsoken.com/
shinseiki/maruyama.html+%92r%93c%91%E5%8D%EC+CIA&hl=ja&lr=lang_ja

★丸山さんは、あまりにも簡単に、核心的部分をさらりと語ってしまっているのです。なぜ、フランスでは日本の在日宗教がカルト認定されているのか?フランスの内務省が本音を漏らす筈がありません。彼等が真に恐れているのは、在日宗教の影に隠れたCIA勢力であり、イスラム武装勢力の背後のCIAなのです。

キリスト教、仏教、イスラム教....どの宗教にも、CIAは入り込み、組織を利用して、諜報や破壊活動に従事していると考えるべきです。オウム事件に関与した諸々の宗教団体、作る会に巣食うカルト....日本も同じ構図の中に置かれているのです。



マリア・サントス女市長



中国系エージェントであるリチャード・コシミズ氏の記事によると
ユダヤ人と在日カルト宗教及び日本の政治家
名前が挙がっている小沢氏や安部氏や笹川良一の息子である鳩山氏など
世界中の麻薬利権の構造が世界超政府と密接に絡まり合いながら
統一カルト宗教や創価カルトと結びつき麻薬マフィアが排出されている現実。


マリア・サントス市長はこれらの現実を知っているのでしょうか?

もし知らないとするなら残酷すぎます。


本当に地道なことなのですがこれらの麻薬利権構造を解決するには
名も無き多くの大衆が真実を知って声を出していくしかないと思います。
真実を知ってもなお傍観者でいるという事は
世界超政府の麻薬利権を是認したと云うことと同じだと





私は思っております。





27日13時19分頃地震がありました。
震源地は千葉県東方沖 ( 北緯35.8度、東経141.0度)で震源の
深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は5.1と推定されます。

茨城県  

(震度3)ひたちなか市南神敷台
(震度2)ひたちなか市東石川 下妻市本城町 下妻市鬼怒
(震度1)茨城古河市長谷町 茨城古河市下大野
          






































スポンサーサイト
プロフィール

finss

Author:finss
Photograph三島鴨神社
古賀敏恵 Toshie Koga
現在大阪腐高槻死シボウ
出身佐賀縣伊魔里死本瀬戸
本籍長崎縣佐世保死天神蝶
誕生16日feb月1971穢43
趣味オンラインゲー ム
  腐女婆・婆喰イ 仁
  マザコン男漁り痴女
職業ニートひき籠 もり
  中毒婆自称文学屋

得意竿口淫:肛門舐:殷手帽

日本仁様ら布陣寄せパンダ
見世物磔砕絶賛殷賣中ぢゃ

豚賊ゴキブリ組   
父:久保田豊・銀杏家紋
  佐賀伊万里脇田 73歳
母:犬塚三枝子・梅鉢家紋
  佐賀伊万里本瀬戸73歳   

娘:三匹児娘ブタ死育中
  十九穢・14穢・13穢

おれ 亥マリ居魔四露死苦
全裸道驀進中書く口激布陣


以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード