2012-01-23

古御嶽神社

富士の神々と浅間神社
http://power-spots.jp/Fuji/index.html

20.古御嶽神社(こみたけじんじゃ)
【概要】
富士山須山口五合目に鎮座。木花開耶姫を祀る。

【解説】
浅間神社系ではないですが、富士山五合目に鎮座するということで、参拝してきました。神社本庁系の神社ではないようで、神社本庁が出している資料には記載がありませんでした。
詳しい由緒などは不明。現在調査中。

訪れた時はまだ開山していなかったので、登山道は通行止めになっていますが、古御岳神社までは行くことができます。登山道の写真の階段を50mほど登ったところにあります。
こちらには、木花開耶姫がおられます。登山者を見守るような優しさが印象的でした。また、浅間関係の神様はおられなくて、木花開耶姫の一柱のみが祀られています。

登山道
登山道
鳥居と本殿
鳥居と本殿
本殿
本殿

掲載されている写真の登山道は通行止めと標識で〆られ
人が受ける無意識の感覚としては固く閉じ込められている印象になり
九の花咲くや媛神さまを封印しておきたい呪詛を思わせます。
この画像をみますと私は本当に心が痛みます。
このように祖土の神さまたちを日本全国津々浦々呪詛封印したのが、
今につながる大室明仁天皇一族、裏天皇などの八咫烏らなのです。
このように普通意識しなければわからないようなところに
陰湿ないじめのような呪詛を彼等は日本中張り巡らせているのです。


九の花咲くや媛神さまはたいへんお優しい親しみのある祖土の神さまで
富士山が噴火しないようにと日夜お守り続けてくださっている
大変尊いありがたい神さまなのです。


なのにこのようなおこない・・・。


艮の金神(うしとらのこんじん)の顕現(けんげん)。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryoma1969/52829859.html

元々は、『国之常立神』様が地球を統治していたのですが、その規律のあまりの厳しさ故に、他の神々から不満の声が出た為、正神で在る『国之常立神』様は、副神との政権交代を受け入れて、正神の座から退きました。

そして、その瞬間を良い事に、悪神達は、「炒り豆に花が咲くまで出てくるな。」と言う意味合いを込めて、呪いをかけてしまいました。

それが、2月3日の節分の行事になり、
あまりにも有名な「鬼は外、福は内」と言う台詞となっているのです。
投げつける炒り豆は、芽も出なければ、花も咲きません。
つまりは、未来永劫、二度と出てくるなと言う呪術なのです。



ひふみ神示 第15巻 岩の巻 / (一八のキ) 全十一帖
http://hifumi.uresi.org/15.html

第二帖 (三六七)
 三千年の昔に返すと申してあらうがな。よい御用いたす身霊(みたま)ほど苦労さしてあるのぢゃ。他から見ては、わからんなれど、苦労に苦労さして、生き変り、死に変り、鍛へに鍛へてあるのぢゃぞ。肉体の苦労も霊の苦労も、どちらの苦労にも、まけん人民臣民でないと、眼先のことで、グレングレンと引繰りかへりて、あわてふためく様なことでは、どんな事あっても、びくともせん、ミタマでないと、御用六ヶ敷いぞ。こんどの苦の花は真理(ふじ)に咲くのみざぞ。不二に九(こ)の花咲くや媛(ひめ)まつれと申してあるが、九(こ)の花、おのもおのもの心の富士にも咲くのざぞ。九(こ)の花咲けば、此の世に出来んことないぞ。まことの かかりぞ。この先もう建替出来んギリギリの今度の大建替ぢゃ。愈々の建替ざから、もとの神代よりも、も一つキの光輝く世とするのぢゃから、中々に大層ざぞ。人民 苦しからうが、先楽しみに御用見事つとめ上げて下されよ。二つづつある神様を一つにするのであるから、嘘偽(うそいつわり)ちっともならんのぢゃ。少しでも嘘偽あったら、曇りあったら、神の国に住めんことになるのざぞ。途中から出来た道では今度と云ふ今度は間に合はんのざぞ。根本からの道でないと、今度は根本からの建直しで末代続くのぢゃから間に合はん道理わかるであらうがな。われの国同士の戦 始まるのぢゃ。この戦、神は眼あけて見ておれんなれど、これも道筋ぢゃから、人民にも見て居られんのぢゃが、友喰ひと申して知らしてあらうが。この方等が天地自由にするのぢゃ。元のキの道にして、あたらしき、キの光の道つくるのぢゃ。あらたぬし、世にするのぢゃと申してあること愈々ざ、人民、臣民 勇んでやりて下され。神々様 守護神どの、勇め勇め。二月十六日、ひつ九☉。


古御嶽神社
http://ameblo.jp/eizo-blanding/entry-10601355643.html

九の花咲くや媛神さまがお喜びくださいますように
改めて美しい写真を上記サイトより写真をお借りしてまして
掲載させていただきます。
標識もありますが、数多くの人々がより集いにぎやかです。
絢爛豪華な神殿やきらびやかな仏閣とは違い
さりげなくひっそりとしたたたずまいに私は
やさしさうつくしさえもしれぬこうごうしさを感じます。




須走口登山道入り口
須走口登山道入り口
古御嶽神社
登山道を入ってすぐの所に鎮座。
登山者の安全を祈願します。
本殿1
本殿


23日20時45分頃地震がありました。
震源地は福島県沖 ( 北緯37.1度、東経141.2度)で震源の
深さは約50km、地震の規模(マグニチュード)は5.1と推定されます。

福島県  震度5弱 川内村上川内早渡

































スポンサーサイト
プロフィール

finss

Author:finss
Photograph三島鴨神社
古賀敏恵 Toshie Koga
現在大阪腐高槻死シボウ
出身佐賀縣伊魔里死本瀬戸
本籍長崎縣佐世保死天神蝶
誕生16日feb月1971穢43
趣味オンラインゲー ム
  腐女婆・婆喰イ 仁
  マザコン男漁り痴女
職業ニートひき籠 もり
  中毒婆自称文学屋

得意竿口淫:肛門舐:殷手帽

日本仁様ら布陣寄せパンダ
見世物磔砕絶賛殷賣中ぢゃ

豚賊ゴキブリ組   
父:久保田豊・銀杏家紋
  佐賀伊万里脇田 73歳
母:犬塚三枝子・梅鉢家紋
  佐賀伊万里本瀬戸73歳   

娘:三匹児娘ブタ死育中
  十九穢・14穢・13穢

おれ 亥マリ居魔四露死苦
全裸道驀進中書く口激布陣


以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード