2012-01-12

分離と投射

魂の殺人 親は子どもに何をしたか アリス・ミラー著

「闇教育」の中心機能、分離と投射


(J・フェスト、一九六三年、一二六頁および一六六頁)
 この演説の中には自己の分離と投射として考えることのできる複雑な心理上の力学機構の全要素が含まれていますが、これは「闇教育」の文献中にしばしば見られたものでした。意味もなく厳格であることを求める教育のため、すべて弱いもの(すなわち、情動、涙、同情、自分および他人に対する共感、無力感、恐怖感、絶望感)は自己内部で「容赦なく」打倒さねばならなくなります。

 この人間的なものに対する戦いに戦いやすくするためには、第三帝国の市民たちにはこれらのいやらしい、(なぜなら子ども時代に禁止されたものでありかつ危険なものであるから)性質のすべてを担う者として一つの攻撃目標が与えられた ― それがユダヤ人でした。いわゆる「アーリア人」は自分を純粋で、強く、厳格で、明澄で、善良であり、疑問の余地なく道徳的に正常で、弱く無節操したがって「悪」である感情の動揺などからは解放されていると感じることができたのですが、それは子どもの時から自分の内部にあるのではないかと恐れていたものすべてをユダヤ人に押しつけてしまい、そのすべてをユダヤ人の特性ということにしてそれらと徹底的にそして常に繰り返し改めて戦えと促され、そうやって戦うことを許されていたからです。

 私は、もし私たちがこの犯罪の原因もその心理学的行動も理解せぬままに放置しておくなら今でも同じような犯罪の起こる契機は十分にあると考えています。

 分析の仕事を通じて倒錯の起こり方に通じるようになればなるほど、私には、戦争が終わった時から繰り返され続けてきた考え方、すなわちユダヤ人の大量虐殺は少数の倒錯者の行ったことだという考え方に納得がいかなくなってきました。倒錯が病的な現れ方をした場合には必ず見られるはずの、孤立、孤独、羞恥そして絶望の症状はいずれも、大量虐殺者とはまったく無縁のものです。この人たちは孤立していたのではなく、むしろ集団の中に埋没していました。この人たちは自らを恥じることなどなく、むしろ誇り高い人々でした。この人たちは絶望などしておらず、むしろ多幸症的ないしは鈍感といってよいほどでした。~中略~


 とのようなイデオロギーも、せき止められた衝動の集団的発作の可能性そして同時に理想化された第一目標への固執の可能性を支持者に提供します。それによって新たな指導者像ないしは団体が、失われてしまったかつての自分自身の母親とのよい関係をかた代わりしてくれるものとして呼び込まれるのです。自己愛に捉われているグループが自らを理想化すると間違いなく、集団的大言壮語につながります。すべてのイデオロギーはまた同時に、自分たち非の打ちどころのない仲間以外のところに何らかの犠牲の羊を用意するものですから、それによってもう一度、分離され、そもそもはじめから蔑まれ続けてきた弱い子ども、自分自身の一部でありながら決して一度として本来の意味でその人の内面に住むことをゆるされなかったこの子どもが、大っぴらに蔑まれ、攻撃されることになるのです。ヒムラーのい「弱さという菌」は撲滅し焼き殺さねばならないという演説は、まことに明確に、この大言壮語の分離生成過程中でユダヤ人がいかなる役をおおせつかっていたかを語っています。


 このように、分離および投射規制に関する精神分析上の知識は、大量虐殺という現象の理解のため大いに役立ってくれますが、同時にこの第三帝国の歴史によって私たちは「闇教育」が行われた結果どうなるかを大変はっきり目の辺りにすることができるのです。私たちの教育の中で子供らしさが拒まれ続けていたことを考えれば、男も女もことさら無理をすることもなく、百万人の子どもたちを平然とガス室に送り込んだというのは、別に驚くべきことどころか、むしろほとんど当然の帰結であるといえましょう。その子どもたちはドイツ人(の大人の)男女にとって、自分たちの心の中の恐れ忌み嫌うべき部分を体現している存在だったのですから、おそらくドイツ人男女はその子どもたちを怒鳴りつけ、殴り、あるいは写真撮りなどして、そうしてやっとのことではじめて自分たち自身が幼い子どもだったころ感じた憎しみを吐き出すことができるようになったのです。彼らの受けた教育そのものはじめから、子ども内部の子どもらしさ、遊戯性、活力の抹殺を目指すものだったのですから、教育の過程で受けた虐待、および精神的な意味での殺害、こういうものは再び同じ形で繰り返し、新たな犠牲者を求めます。だから収容所のドイツ人たちは、






ガス室でユダヤの子どもを殺すたびに
本当は改めて自分自身の子どもらしさを殺し直していたのです。






12日14時37分頃地震がありました。
震源地は宮城県沖 ( 北緯38.3度、東経142.6度)で震源の
深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は5.4と推定されます。



セーラー服と機関銃(vol.2)
http://www.youtube.com/watch?v=bQhu5v7eGdM&feature=related

6歳児の夢「銃があればママを殺したい」
http://www.youtube.com/watch?v=hmaZSGwXh4o&feature=related



































スポンサーサイト
プロフィール

finss

Author:finss
Photograph三島鴨神社
古賀敏恵 Toshie Koga
現在大阪腐高槻死シボウ
出身佐賀縣伊魔里死本瀬戸
本籍長崎縣佐世保死天神蝶
誕生16日feb月1971穢46
趣味オンラインゲー ム
  腐女婆・婆喰イ 仁
  マザコン男漁り痴女
職業ニートひき籠 もり
  中毒婆自称文学屋

得意竿口淫:肛門舐:殷手帽

日本仁様ら布陣寄せパンダ
見世物磔砕絶賛殷賣中ぢゃ

豚賊ゴキブリ組   
父:久保田豊・銀杏家紋
  佐賀伊万里脇田 76歳
1941/09/20
母:犬塚三枝子・梅鉢家紋
  佐賀伊万里本瀬戸76歳
1941/0612   
1971/0216
娘:三匹児娘ブタ死育中
  21穢・17穢・15穢
1995/10/15
2000/04/11
2001/10/11

おれ 亥マリ居魔四露死苦
全裸道驀進中書く口激布陣


以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード