FC2ブログ

2009-09-02

恋歌

悪の運命学   倉前盛通著作

「輪廻に落ちる」とは?

昔、日本水軍将士は大三島神社に参龍して連歌法楽をおこなった。数十日におよぶこともあった。ここは和冠ともよばれた水軍招聘のメッカであった。
そして、ここで連歌を創作する行事が義務づけられていた。

連歌は、ひとりでつくるものではなく、グループで共同創作するものである。しかも前の人が詠んだ句と全く繋がらないものを詠んではいけないが、前の人の句に引きずられてもいけない。
それぞれが飛躍したはっそうもアプローチも必要である。
このような連歌創作の修行は能力のない者にとっては大変な苦痛であったろう。
左脳の言語脳だけでは歌や句はできない。

まず歌ごころがふつふつと湧いてこなければならない。これは無理に力んでも湧いてくるものではない。深層の無意識のそこから自ら湧いてくるものである。
 しかも、歌には「しらべ」「律動」が必要である。
このリズム感も心的エネルギーの発振力の弱い者には湧いてこない。

こういう力は最近の説によると右脳の能力によるものらしい。こうして、湧いてきた歌ごころをはじめて左の言語脳に移して言葉に表現するのであるが、そのとき、最も適切な言葉を選びとるのも、どうやら右脳的な潜在意識の作用らしい。

つまり、左右の脳が全力をあげて共鳴し合って、はじめて連歌の席に連なることができる。しかも、次々に連歌をつないでいくグループ的共同創作には、きわめてすぐれた連想能力と創造力が必要である。しかもそれは反射的に出てこなければならない。
そして、ここの連歌法楽で永年修行して、一人前にならねば水軍の艦長として船の指揮をとることを許されなかったという。

ここで、発想の自由を失い、前の人の句に引きずられてしまったり、主題から外れたり、発想が硬直して決まりきった語句しか浮かんでこなくなること、つまり右脳の活動が止まって、左脳の言葉の操作だけでつじつまを合わせるようなことを、「輪廻に落ちる」といって非常に嫌ったという。

主題から外れるということは、作戦の目的から外れることである、まえの人の句に引きずられることは、前の人の作戦の前例に引きずられて同じような戦法を繰り返し、敵の待ち伏せを喰らうことを意味する。同じような文句しか浮かんでこないということは、臨機応変の作戦能力を失ったことを暗示していよう。それは、すなわち、敗北を意味する。

 ゆえに連歌の席で「輪廻に落ちる」ような者には、水軍の指揮は許されなかったのである。

日本の海軍がミッドウェーで「ツキ」をおとして以来、どうしても立ち直れなかったのは、海軍上層部が「輪廻に落ちて」しまっていたからではなかったのか。陸軍はとっくに「輪廻に落ちて」身動きがとれなくなっていた。
 「輪廻に落ちる」ことは「間が悪い」「験が悪い」と全く同じ意味を持つ。
このように考えるならば人間個人でも、組織でも、その運命の大半は人間みずからが招き寄せたものだといってよい。(26頁~28頁)




公園にいきましょう
http://www.youtube.com/watch?v=j0kkShFOupE&feature=related















スポンサーサイト



テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

プロフィール

finss

Author:finss
Photograph三島鴨神社
古賀敏恵 Toshie Koga
現在大阪腐高槻死シボウ
出身佐賀縣伊魔里死本瀬戸
本籍長崎縣佐世保死天神蝶
誕生16日feb月1971穢47
趣味オンラインゲー ム
  腐女婆・婆喰イ 仁
  マザコン男漁り痴女
職業ニートひき籠 もり
  中毒婆自称文学屋

得意竿口淫:肛門舐:殷手帽

日本仁様ら布陣寄せパンダ
見世物磔砕絶賛殷賣中ぢゃ

豚賊ゴキブリ組   
父:久保田豊・銀杏家紋
  佐賀伊万里脇田 77歳
1941/09/20
母:犬塚三枝子・梅鉢家紋
  佐賀伊万里本瀬戸77歳
1941/0612   
1971/0216
娘二匹児娘ブタ死育中
    19穢・17穢
1995/10/15
2000/04/11
2001/10/11

おれ 亥マリ居魔四露死苦
全裸道驀進中書く口激布陣


以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード