2012-01-12

死と再生

奇跡のリンゴ 石川拓治著 より抜粋


 木村が過ごした苦労の年月は、結局のところ自分の心でリンゴの木と向かい合えるようになるために必要な時間だったのかもしれない。

 木村が「バカになればいい」といったのは、そこのことだ。

 人が生きていくために、経験や知識は欠かせない。何かをなすためには、経験や知識を積み重ねる必要がある。だから経験や知識のない人を、世の中ではバカと言う。けれど人が真に新しい何かに挑むとき、最大の壁になるのはしばしばその経験や知識なのだ。
 
 木村はひとつの失敗をするたびに、ひとつの常識を捨てた。一〇〇も一〇〇〇もの失敗を重ねて、ようやく自分が経験や知識など何の役にも立たない世界に挑んでいることを知った。そうして初めて、無垢の心でリンゴの木を眺めることができるようになったのだ。

 そういう意味で、彼の達した心境はひとつのゴールではあった。

 けれど、そこに到達したからと言って、奇跡が起きるはずもない。

 彼が生きているのは、現実の世界なのだ。

 一人の農民として、植物を育てて糧を得る人間として、木村はそのことを身に染みて理解していた。自然は摂理によって動いているのだ。人の祈りや思いで、その摂理が動かされることはない。

 そういう現実の中で、木村は何かをしなければならなかった。

 自分の知識や経験が何の役にも立たないことはわかった。自分もリンゴの木も、この世に生を受けたひとつの命だということを知り、リンゴの木のありのままの姿を眺められるようになった。けれど、そのありのままの姿とは、何も出来ない自分と、弱りきって死にかけているリンゴの姿だった。

 立ち止まっているわけにはいかない。どんな方向であれ、足を踏み出さなければならなかった。そして、木村はとんでもない方向へとその一歩を踏み出してしまう。

 自分の無力を知った彼の、それは当然といえば当然の結論ではあったのだが、不思議なことに、それは神話のひとつの形式に奇妙なくらい符合していた。

 死と再生の神話である。

 リンゴの木と同じように、木村も死にかけていたのだ。

 そう考えれば、それも彼が辿らなければならない道だったのかもしれない。



ひふみ神示では「改心とはアホになること」であると書かれてあります。 



育つ雑草  鬼束ちひろ
http://www.youtube.com/watch?v=LhO7FET7Iao















































スポンサーサイト
プロフィール

finss

Author:finss
Photograph三島鴨神社
古賀敏恵 Toshie Koga
現在大阪腐高槻死シボウ
出身佐賀縣伊魔里死本瀬戸
本籍長崎縣佐世保死天神蝶
誕生16日feb月1971穢43
趣味オンラインゲー ム
  腐女婆・婆喰イ 仁
  マザコン男漁り痴女
職業ニートひき籠 もり
  中毒婆自称文学屋

得意竿口淫:肛門舐:殷手帽

日本仁様ら布陣寄せパンダ
見世物磔砕絶賛殷賣中ぢゃ

豚賊ゴキブリ組   
父:久保田豊・銀杏家紋
  佐賀伊万里脇田 73歳
母:犬塚三枝子・梅鉢家紋
  佐賀伊万里本瀬戸73歳   

娘:三匹児娘ブタ死育中
  十九穢・14穢・13穢

おれ 亥マリ居魔四露死苦
全裸道驀進中書く口激布陣


以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード