2012-01-03

天と地

複雑ネットワーク
http://agroecology.typepad.jp/blog/2011/01/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E7%B5%84%E7%B9%94%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E7%82%B9%E3%81%A8%E7%B7%9A-%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%AE%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%82%92%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%89%E7%82%B9%E3%81%A8%E3%81%97%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%81%A4%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%8A%E3%82%92%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E7%B7%9A.html
自己組織化する点と線

 一人の人間を「ノード・点」とし、人のつながりを「リンク・線」で表せば、社会的なネットワークはノードを適切につなげたマップと解釈できる。こうして複雑な社会構造を考察していくのが、社会的ネットワーク論だ(4)。 床にバラバラに散らかしたボタンをランダムに拾いあげて糸でつなぐという作業をしてみよう。ボタンをつないでもある段階までは何も起こらない。だが、リンクが次々と加えられ、糸とボタンの比率が0.5を超えると突然、ボタンは巨大なまとまりとなって、「ネットワーク」が出現する。物理学的には「パーコレーション」と呼ばれる「相転移」現象で、数学ではこれを「巨大コンポーネント」の出現、社会学では「コミュニティが作られた」と呼ぶ(3)。

 このまとまりを「クラスター」(ブドウの房が語源)と呼ぶ。とはいえ、こうしたネットワークはなぜが出現するのだろうか。この問題に初めて取り組み、1959年にノードをランダムに結ぶ「ランダム・ネットワーク」のアイデアを発表したのが、ハンガリーの天才数学者ポール・エルデシュ(Paul Erdős、1913~1996年)とハンガリーの数学者アルフレッド・レーニイだった(エルデシュ=レーニィモデル、ERモデル)。 実は、ネットワークから巨大クラスターが形成されるのに必要なリンクは、ノードあたりわずか一本にすぎない。リンクの数が1本以下ならば、バラバラの小さなクラスターがあるだけだが、1本以上のリンクあればノードはつながっていくのだ(1


私たちはどうつながっているのか 増田直紀 著 中央新書 より抜粋

噂を作る人、広める人

 マーケティングの理論では、ロジャーズの拡散の理論がしばしば登場する。彼は、一九五〇年代にアメリカの農場で新しいとうもろこしの品種がどのように農業間に広まっていったか、という調査を行った。ほかの流行や技術革新がどのように広がっていくのかについてもデーターを集め、情報拡散の仕組みを体系化した。古典的な話だが、電子的な広報を含む近代的なマーケティングにも通じる原則がある。

 この原則によると、噂の拡散や新技術の導入は、まずは少数の開拓者(革新的採用者)が行う。ただし、その段階で一気に広まることは保証されていない。初期のうちは、その技術や噂は革新的すぎる、良いものかどうかわからない、大衆に受け入れられるという確証がない、といった理由で、大多数に日和見されるからである。
 
 うまく広まる場合は、もう少し時がたつと、オピニオンリーダーというタイプの人々が目をとめる。彼らは社会的に信用があったり、多くの人に顔がきいたりするのが常である。



実は、ネットワークから巨大クラスターが形成されるのに必要なリンクは、
点あたりわずか一本にすぎない。
この1本以上のリンクがあれば点はつながっていくのであるのなら

東海アマ管理人さん(革新的採用者)が提唱なさっている、
これからの時代のネットワークは古くて新しい時代、
日本の縄文時代にあった母系社会になるというお話も

このような型でひろがっていくのかなぁとイメージしました。

最初はたった一本しかない点のリンクが
未来の形(宇宙真理)とリンクして巨大なネットワークを形成するんだって

そう思うと嬉しくて。
今は全くそういう気配すらなくてそういう感じになりそうにないように思うんだけど

流れ出したらそれがこれからの潮流、本流に必ずなると私は思います。




世間は狭いスモール・ワールド
http://agroecology.typepad.jp/blog/2011/01/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E7%B5%84%E7%B9%94%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E7%82%B9%E3%81%A8%E7%B7%9A-%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%AE%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%82%92%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%89%E7%82%B9%E3%81%A8%E3%81%97%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%81%A4%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%8A%E3%82%92%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E7%B7%9A.html
 1929年にハンガリーの作家、フィリジェシュ・カリンティは『同じものはひとつもない』という作品の中で、わずか5人の知人を介するだけでノーベル賞受賞者と自分とをつなげるシーンを描いてみせた(1)。広いようで思っている以上に世間は狭い。赤の他人と思える人物も、実際には数人の知り合いを介して縁がある(4)。実際に赤の他人と自分とはどれほど離れているのだろうか。1967年にハーバード大学の社会心理学社スタンレー・ミルグラム(Stanley Milgram、1933~1984年)教授は、奇妙な社会実験を行ってみた(1)。米国中西部のカンザス州とネブラスカ州の住民に手紙を送り、まったく面識がない東部の受取人までファースト・ネームで呼び合う親しい知人を介して転送するよう依頼し、何人の仲介者によって手紙が戻ってくるのかを調べてみたのだ(2)。結果は驚くべきもので、平均わずか5.3人で手紙は返信されてきた(1)。こうして、誰もが6人以内の知人を通じてつながっているという「6次の隔たり」、「スモール・ワールド」仮説が提唱されたのだった

六次の隔たり
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E6%AC%A1%E3%81%AE%E9%9A%94%E3%81%9F%E3%82%8A

この六次の隔たりはどんな人とも大体6人の知人を介せばたどり着くというお話で
人間のコミュニティーは人が思っているより案外狭いことを証明した実験なのです。

世界中のどんな人とも本当はすぐ身近なネットーワークコミュニティーが存在してるのかぁと

ちょっとびっくりしました。

































スポンサーサイト
プロフィール

finss

Author:finss
Photograph三島鴨神社
古賀敏恵 Toshie Koga
現在大阪腐高槻死シボウ
出身佐賀縣伊魔里死本瀬戸
本籍長崎縣佐世保死天神蝶
誕生16日feb月1971穢46
趣味オンラインゲー ム
  腐女婆・婆喰イ 仁
  マザコン男漁り痴女
職業ニートひき籠 もり
  中毒婆自称文学屋

得意竿口淫:肛門舐:殷手帽

日本仁様ら布陣寄せパンダ
見世物磔砕絶賛殷賣中ぢゃ

豚賊ゴキブリ組   
父:久保田豊・銀杏家紋
  佐賀伊万里脇田 76歳
1941/09/20
母:犬塚三枝子・梅鉢家紋
  佐賀伊万里本瀬戸76歳
1941/0612   
1971/0216
娘:三匹児娘ブタ死育中
  21穢・17穢・15穢
1995/10/15
2000/04/11
2001/10/11

おれ 亥マリ居魔四露死苦
全裸道驀進中書く口激布陣


以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード