2011-12-26

ジキルとハイド

神字日文解 かんなひふみかい 吉田信啓 中央アート出版より抜粋

一 「福は内、鬼も内」だった古代の再来

「その山の民の古代文化とは、いわば縄文文化であったと私は思っていますよ。例えば飛騨高山にも、東日流(つがる)にも、九州山地にもそれらは栄えていた。飛騨高山で出土する独鈷(ドッコ)石や、中央山地に現れる火焔土器、それに九州山地の多くから出土する縄文の遺構は、明らかに山岳民の文化だ。火焔土器にしても北海道のカムイ式ほかムシリ式に始まって九州の政所式(大分県)、轟式(熊本県)、曾畑式(熊本県)、塞ノ式(鹿児島県)、市来式(鹿児島県)など、早期の縄文土器は山の民と海の民の文化の交流を物語る要素は多分に持つものの、みな、照葉樹林の原始の森に生きた縄文山岳民つまり森の民の生活用器ですよ。それに山岳の頂上部や峡谷の主要箇所で見つかる磐座や巨大な岩石遺構、あれこそ縄文の山の民の祭祀遺跡だ。熊本県人吉市の高塚山などのように、海岸部の芦北地方の人々が山岳に祭祀のために今でも参詣するという風習が残っています。海岸部の人々は河川を通して降りてくる山の恵み、山々が育んだ栄養素が河川で運ばれてきて初めて魚介類が豊かに生育できることの恵みに感謝するために、河川を遡って山の民の祭祀の場所に出かけたのですね。海幸・山幸の伝説もそのことの神話化でしょう」と、私は遥かなる古代に想いを馳せて話した。~中略~

「これはインド国立先史時代博物館のヴィカス・ブハット館長やチビ博士から来た手紙に書いてあったことなのだけど、古代インドには特にチャンバル谷などに残された岩刻文字があり、グラフィチーとは別に、サンカリピという山の民の文字があると言うのです。そのサンカはきっと日本のサンカと関係してる筈だし、従ってサンカリピとサンカ文字は同じはずだから、ぜひとも共同研究して欲しいという要望だったのです。このことを知った時、私は驚きましたよ。インドのサンカと日本のサンカが同じ文字でつながっていたことは、ちょうど学習院大学の大野晋教授がいつも言っているように、古代タミール文化と縄文文化との関係以前にサンカ同士の交流があったことを意味しているでしょう。九州のサンカの主たる居住行動範囲は、熊本県、宮崎県、大分県とつながる九州山地から、福岡県の水縄連山、福岡県・佐賀県の背振山系だけれでも、例えば暖簾(のれん)一つ取っても、ノレンは単なる縄で編んだ装飾品ではなくて、それを店の入り口に懸けるのなら、その網目で、イラッシャイマセという縄文字になっているのですよ。インカの縄文字、キープ(Keep)文字と同じなのですよ。もっともインカやマヤも日本の縄文文化が太平洋を渡ったものであるというスミソニアン博物館の見解もあるのですから、いかに縄文時代の山の民の文化が環太平洋文化圏を支配していたかが想像できるでしょう。」


「その山窩、サンカリピが復権する日が近いのだと思います。いや、実際は五木寛之氏が『風の王国』で書いているように、日本の政治・経済を陰で動かしている古代山窩の秘密結社組織があり、その山の民の意向がすべての日本国家の動きにかかっているのだと思いますよ」~中略~

『風の王国』は五木寛之氏が山の民の集会に実際に行ったからこそかけたものですし、実際私も知っています。その山の民の首領は、島根県の山村に住む一見どこにでも居そうな老人ですよ。ところが実態はまったく見かけとは違う。もっともその住家は昔からの田舎の豪邸です。土蔵や白壁のある大きな邸宅です。日本の首相や閣僚級の人々は直接底を訪ねることはなくても、その方の意向に沿わないと政治は出来ない、そんな大物が居られるのです。」


「頼朝、信長、秀吉、家康すべて山の民につながった武将ですよ。大分県の大友能直、大友宗麟だってそうでしょう。だから古事記、日本書紀以前の歴史書とさえ言われる上記(ウエツフミ)が編纂されたし、大分にも保存されている。頼朝の軍事情報は部下の宇都宮氏直属の伊賀や甲賀忍者、根来衆からもたらされていた。伊賀も甲賀も山の民でしょう。それに徳川氏になっても服部半蔵も柳生十兵衛の頭目だ。すべて政治や軍事、経済の情報は山の民のネットワークで、それこそ現代の情報ネットワーク以上に組織的に管理されていたのです。その元ネットワークでそれこそ現代の情報ネットワーク以上に組織的に管理されていたのです。その元締めが山窩の陰の頭領ですよ。だから日本の政治経済の全ての情報はそこで管理されている。五木寛之氏が書きたかったのは、本当は『風の王国』ではなくて、山の民の『陰の王国』だったと思いますよ。」~中略~

「島根か。すると、大和王権の背後に、実は出雲王権が君臨しているのだ。今の天皇家は大和王朝の系譜ですよね。その大和王朝にかつては滅ぼされたはずの出雲王朝が実は影の日本を操っている。これはすごいことですなあ」


「日本のインドのサンカは、中国奥地に今もコミュニティーを維持している華僑の故郷の散家(サンカ)にも関係していると思うね。世界に散って、世界の富を集め、いわば国境のない経済王国を構成している華僑がサンカの国際経済銀行の役割を果たしていて、それはアメリカのカーネギーやフリーメーソンなどともつながっている。~中略~日本の根来衆でも奥羽の金山を握っていた俘囚と呼ばれた蝦夷の安部一族でもそうだが、古来の山の民は、どこに鉱脈があるのかも熟知しているのですよ。金山、銀山、銅山、鉄鋼山、翡翠、石炭など全ての鉱脈を彼らは長年の山の文化担い手として知り抜いている。ウランでもプルトニウムでも彼らの知識抜きでは採掘できないのです。その意味で、彼らがフリーメーソンやユダヤの資金源と密接に関わっていることは明らかでしょう。フリーメーソンにしても、元々はエジプトのピラミッドや中国の万里の長城、それにすべての石造建築を手がけた古代からの石工組合の世界結社です。どこの山の石をどうやって切り出せば良いか、どの地方の山の石がどんな建築に向いているのか、彼らは世界中の石脈も超古代から世襲の情報で握っているのです。だから、どんな時代にでも、その時代の需要に合った石材の供給が出来、その源を押さえている。石炭でも、石油でもセメントの原料の石灰石でも、そして現代ではプルトニウムやチタン、ウラン、ダイヤモンド、ルビー、ジルコンなど、全ての埋蔵資源の情報を知っていて、その根源をしっかりと押さえている。いわば世界経済の根底となるものをいつの世にも掌握しているのです。だから、歴史だって操作できる。歴史の書換もできるわけです。例えばこれまでの世界の学問が未知の領域としていたペトログラフという古代岩刻文字学を通して、先史時代の歴史を一挙に明らかにし、人類文化史の蔭の部分を一度に明るみに出すための学術操作もできる。だからこそ、たとえばハーバード大学やスタンフォード大学などアメリカのトップの大学機関を動員して、アメリカ史の書換えを簡単にやってのけている。アメリカ文化学会、アメリカ岩刻画学会、アメリカ碑文学会から始まって、今や国際岩刻画学会連合まで組織して、世界規模での文字文化の書き換えをやっているでしょう。これも、大きな世界観、歴史観操作の具体例です。欧米の学会を中心として、「古代一つ世界に帰れ、Back to Ancient One-World!]の思想を世界に唱導し、拡大すれば、行き着く所は世界統一政府、世界一国家でしょう。EC共同体の通貨統一、経済統一から始まって、世界統一通貨、経済・政治統一に向かっているのは、明らかにサンカ・山の民の文明の復権ですよ。その施策がソ連や東ドイツの崩壊だし、ユダヤとパレスチナの握手ですよ。そんなことが分からないようでは、本物の学者ではないよ。本物の評論家、学者は、既にそこらあたりを見通していなくては」


 ペトログラフを新しい学術資料として世界史、人類文化史の書換えをしようという学術的意図が、そうした真摯な世界の学者や学術機関の努力とは別の方向に政治的にねじまげられ、利用されようとしている。いわば、ペトログラフという人類の文化遺産が特定の政治結社や国際謀略機関、或いは蔭の世界政府の格好の手段に転用されているのである。これはペトログラフや岩刻画(rock art)を使った国盗であり、世界戦略なのである。それがどのように恐ろしい意味を持つのか、その一端を開帳する。



サンカのやまむろが陰で日本の政治経済を牛耳っていた、
サンカのやまむろが今のおおむろ天皇一族と結託し
世界統一政府NWOの一翼を担っているのでしょう。
と荒唐無稽とも思える現実は真実なのでしょう。

このような、
まやかし誤魔化しで多くの日本の御民らは騙され殺されゆくさだめなのでしょうか・・・。


ふとこの文章を読んでいて思いついたので書いておきます。


日本国家を解体させようと意図する国際謀略機関がいる。

それはまるでジキルとハイド博士のように

表と裏。表裏一体でしょう。

この日本を破壊しようとする勢力が世界を一度破壊し

極悪の悪鬼のようなNWOの末端下部組織を滅ぼし

ハルマゲドンで穢土となった後、偽りの千年王国樹立。

その時の隠し玉として


祖土(オヤツチ)を汚す者、汚す事、汚す力
祖土(オヤツチ)の力を無にする者、事、力

誠の日本の歴史を闇に葬り去り
祖土の誠をなかったことにした

大室明仁一族を世界天皇に担ぎ上げ神輿に載せ

誠の神なき永遠に回り続けるメリーゴーランド

新世界を樹立させようとしているのでしょうか。



この二枚舌のようなダブルスタンダード計画が秘密結社山窩サンカなどの本心であろう。




龍の年が始まる。
http://blog.goo.ne.jp/fumioyamashita/m/201112

1999/07/31 彼らの全てが「祖土(オヤツチ)」の思いと願いを明確に理解していた
1999/08/01 例え人の心が荒んでいて誠も真実も見いだすことが難しい状況で
1999/08/02 あったとしても、残された誠と真実を燈火の燃料として最大限に
1999/08/03 あったとしても、残された誠と真実を燈火の燃料として最大限に
1999/08/04 戦うという。戦う相手はこの祖土(オヤツチ)を汚す者、汚す事、汚す力
1999/08/05 であり、祖土(オヤツチ)の力を無にする者、事、力をも含むものである
1999/08/06 それらの敵と戦うために巨大な龍も眷属たちも渾身の力を込めて…
1999/08/07 マクロをミクロにミクロをマクロに変えつつ、活動を繰り返して


今日、M4.0の中規模フレアが発生しました。


tokaiama このメディアは取扱いに注意を要すると
ウソの殿堂、九電の節電要請、原発止めれば電気が不足するの真っ赤なウソ宣伝を白々しく繰り広げるインチキ捏造にまみれた九電真鍋 電気なんか不足してない、十分余ってる、しかし我々は徹底的に節電し、自家発電に切り替え九電を倒産させよう http://sankei.jp.msn.com/life/news/111226/trd11122611070008-n1.htm


野田内閣は本当に「やる」のか〜秘密保全法案
http://blogos.com/article/27301/
秘密保全法案が来年早々召集の通常国会に上程されそうだ。「いよいよか」と思う。実に不気味な法案である。秘密保全法案は御承知の通り、(1)防衛など「国の安全」 (2)外交 (3)公共の安全・秩序の維持―の3分野を対象に「秘密」を決め、漏洩者等には最高で懲役5年・10年の刑罰を与えようとする内容だ。


ゴソゴソと秘密の隠し事でもしなければ何もできないとでもいうのですか?

寝屋の姫こと(秘め事)神風で吹き飛ばされ



台風十九号で、厳島神社の屋根が吹き飛ばされ、
めちゃめちゃに神社が破壊されたのである。





26日20時31分頃地震がありました。
震源地は秋田県内陸北部 ( 北緯40.0度、東経140.4度)で震源の
深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は2.3と推定されます。

秋田県  震度1  北秋田市阿仁銀山*


26日21時03分頃地震がありました。
震源地は栃木県北部 ( 北緯36.9度、東経139.7度)で震源の
深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は2.6と推定されます。

栃木県  震度1  日光市鬼怒川温泉大原*



愛はとまらない/スターシップ 歌詞入り
http://www.youtube.com/watch?v=QGS7dczEGKE

































スポンサーサイト
プロフィール

finss

Author:finss
Photograph三島鴨神社
古賀敏恵 Toshie Koga
現在大阪腐高槻死シボウ
出身佐賀縣伊魔里死本瀬戸
本籍長崎縣佐世保死天神蝶
誕生16日feb月1971穢46
趣味オンラインゲー ム
  腐女婆・婆喰イ 仁
  マザコン男漁り痴女
職業ニートひき籠 もり
  中毒婆自称文学屋

得意竿口淫:肛門舐:殷手帽

日本仁様ら布陣寄せパンダ
見世物磔砕絶賛殷賣中ぢゃ

豚賊ゴキブリ組   
父:久保田豊・銀杏家紋
  佐賀伊万里脇田 76歳
1941/09/20
母:犬塚三枝子・梅鉢家紋
  佐賀伊万里本瀬戸76歳
1941/0612   
1971/0216
娘:三匹児娘ブタ死育中
  21穢・17穢・15穢
1995/10/15
2000/04/11
2001/10/11

おれ 亥マリ居魔四露死苦
全裸道驀進中書く口激布陣


以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード