2010-10-26

見え透いた罠

浅田真央が戦ってきたもの
http://www31.atwiki.jp/injustice/

はじめに断っておきますが、私は決してキムヨナが嫌いなわけではありません。むしろ、4年前世界フィギュアで彼女の存在を認識した時は、浅田真央という天才にライバルができ、切磋琢磨できる状況になったということを歓迎しました。彼女たちが、これからどのように戦っていくのか、胸を躍らせたほどです。
 間違えてほしくないのは、このレポートが「キムヨナ批判」ではないということです。時には、キムヨナ本人を批判するような書き方になってしまうかもしれませんが、私にはそのような意図は全くありません。むしろ、キムヨナもある意味では被害者であるといえると思います。世界最高点をたたき出し、金メダリストとなったキムヨナは、素晴らしい選手だ、天才だ、と思われていることでしょう。ですが、実はフィギュアファンの目から見れば、主観を抜きにしたとしても、稀有な才能の持ち主というには、キムヨナはあまりにも凡庸すぎる。ジャンプにしろ、ステップにしろ、スピンにしろ、スパイラルにしろ、すべての要素において、浅田真央に迫るものですらないのです。ではなぜ、その彼女が「世界最高点」を出すに至ったのか。たゆまない努力のたまものだから、讃えるべきだという人もいるでしょう。しかし実は、その裏には様々な理由があるのです。~中略

 フィギュアスケートは、芸術的要素を多分に含んではいますが、スポーツです。それなのに、難易度の低いプログラムをプレッシャーのない状況で滑った選手が勝ち、異常なプレッシャーの中で、それでも大技に果敢に挑戦した選手が負ける・・・。そんなことがあって許されていいのでしょうか?
 高得点が出るのはキムヨナのほうが、表現力に優れているからでは?と思われる方は、上にある画像をもう一度見ていただきたい。明らかに、浅田真央のほうが技術だけでなく表現力にも優れていることがよくわかるでしょう。


 平凡平凡と何度も書きましたが、それは浅田真央と比べたらの話であって、キムヨナに才能がないわけではありません。トップレベルであることは間違いない。ただ、浅田真央が天才すぎただけです。浅田真央が天才すぎなければ、ここまで念入りに、キムヨナを「世界最高」に仕立て上げる必要もなかったかもしれない・・・とも思います。ある意味、キムヨナも被害者かもしれないというのは、そういうところにあります。


 「仕立て上げられた世界王者」この言葉を、私はこれからもずっと忘れないでしょう。そして、浅田真央がこの四年間で何をされてきたか、そしてそれをいかにして乗り越えてきたか。それを、私はできるだけ多くの人に伝えていきたいと思っています。冒頭にも書きましたが、私はフィギュアスケートを愛しているからです。



北京五輪の少女が口パクだった件について
http://www.gizmodo.jp/2008/08/post_4148.html

作曲家の陳其鋼(Chen Qigang)氏によると、共産党政治局の幹部がリハーサルを視察した直後に、歌い手の楊沛宜(Yang Peiyi)ちゃんの降板が決まり、表舞台に出る役として林妙可(Lin Miaoke)ちゃんが選ばれたとのこと。「(歌い手の)楊沛宜はその外見的理由から(開会式出場のための)選考に漏れた。国益のための措置だった」のだそうです。


もはや「誤審」と呼ぶことは適当ではない
http://www.h5.dion.ne.jp/~morry/judo/korea/index.html#001

4つの目で世の中を考える
マイクロ波による遠隔マインドコントロール、ハラスメント
http://310inkyo.jugem.jp/?eid=168

また、電磁ハラスメントによる特定個人攻撃のこともこの別ページに書かれており、
激しい頭痛や、身体の様々な部位が焼けるような感じ、緊張、疲労、昏睡、圧力、悪心、不眠症、目損傷、麻痺、激怒、パラノイア、恐怖発作、ヒステリー、精神分裂症、幻覚、記憶喪失、思考錯乱や、脳・神経を傷つけたり、心臓発作を起こさせたり、癌を引き起こさせたり、自殺させたり・・・
といったことができるとなっている。


無実の人々や、何も知らない人々に対しては、インプラントを埋め込んだりしない遠隔操作のマインドコントロールによる人の行動操縦実験として、あるいは現政府体制を転覆させる可能性のあると思われる人物に対しては、暗殺等の目的で、フリーメイソン支配社会の維持・確立のために、今日、これらの攻撃によって多くの人々が残酷なハラスメントに苦しめられている。

遠隔マインドコントロール操作の対象には誰でもなり得るが、その対象者のタイプによって、いくつかのグループに分類される。
ターゲット対象者は、低ランクの軍人、少数民族、外国人、心理学的に不均衡の、囚人、犯罪者、前科者、性犯罪者、麻薬常用者、ホームレス、末期症状患者や、その家族なども含まれるが、ほとんどは全く何もない無実の人々だ。
また暗殺未遂は、現政府体制を転覆させるかもしれないような人物に対して主に使われ、その暗殺のターゲット対象者は、政治家、軍隊、警察、および闇政府プロジェクトの人間らによって決められる。
たとえば、自殺か変死扱いとして処理された Marconi の22人の科学者、何人かの研究者は、人の行動を制御する遠隔電磁波マインドコントロール技術の完成を目的とした闇政府組織の人間がかかわっていたと確信する。
皮肉にも彼らは、自らが開発した武器によって、その組織の人間に暗殺された。

このような武器が平然と使われる一番大きな要因は、大半の一般大衆がマインドコントロール実験や殺害の事実に気付いてないからである。
永年にわたって、軍隊や警察は、遠隔マインドコントロール兵器・技術の存在を否定して公衆を欺いてきた。
それは今、湾岸戦争でイラク人に対して米軍が遠隔マインドコントロール兵器を使ってきたことがはっきり暴露された。
4月に放送されたチャンネル4のドキュメンタリー番組では、最近 イギリスの政府機関が私たちの社会に対しても同じ武器を使っているという事実を報道した。

それは私たち一人一人が人権の残虐行為の現実を受け入れ始めるまで続く。
私達一般国民の大半が、この真実の現実を認め、受け入れるようになった時にはじめて軍隊及び警察の独裁主義的で残酷な心的状態を止めることができるのだ。


戦争はなぜ起きるのか 「世界宗教史」抜書きその2
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/

呪術とは、呪われた悪魔の業である。
菅らが「中国はまともな国ではない」と言えば、
中国人は日本人を怒りをもって呪い、
日本人も菅の言葉を真に受け、
また中国人の怒る姿を見て、
怒りを増幅させてゆく。
呪いの言葉を広めるのが、テレビ局や新聞である。

そのためにテレビ局は愚劣な評論家と呼ばれる、
下等な呪術師を並べ立て、
国民に怒りを植えつける。
すべては次なる戦争のためである。

言葉は呪術であり、
取り消しが難しいものなのだ。


古代でも、セソストリス(トトメス3世)は毎年のように出撃を繰り返し、
エジプト王国最大の版図を築いた。

諸葛孔明も毎年春になると、
魏への進軍を開始した。

日本では、武田信玄が上杉へ定期的に戦争を仕掛けていた。

これらは豊饒をために繰り返される、
「戦争」という、儀礼、または神に捧げる犠牲なのである。





浅田真央が戦ってきたものとは、イシヤが浅はかに仕掛けた
「善悪」という、儀礼、または神に捧げる犠牲なのである。

キムヨナ=侵略天皇家
浅田真央=真正日本人

神と鬼の対比 青と赤の対比 偽と真正の対比 男と女の対比

アマテラスクニテラスヒコアメノホアカリクシミカダマ ニギハヤヒノミコト   
天照国照彦天火明奇甕玉  饒速日尊

2008年北京五輪 メインスタジアム鳥の巣で行なわれた口ぱく、
これらもイシヤお得意の呪術的な意味合いをもって用いているのであろう。

浅田真央が受けていた有形無形の圧力(ハラスメント)がすさまじいものだったことは想像に難くない。浅田真央が世界王者になるという薄っぺらいイシヤお得意感動お涙頂戴三文芝居をイシヤは仕組んだ。
建替えを目前にしていながらにして、呪術的な威力が効力を持つと信じて・・・。
鬼母子神伝説を蘇らせる儀礼的な意味合いで、母子家庭の親子をハメ殺したように・・・。
キムヨナが被害者であると書いている上記の記事、
敵対者に仕立て上げられイシヤの操り人形にされているキムヨナ=偽者天皇家


これらの呪力的意味合いをオカルティストであるイシヤの策謀を誰も知らない・・・。







真実はすべて3つの段階を通って行く:

最初にそれは冷やかされる、
それからそれは激しく反対される、
そして最後にそれが自明になる。
                   Schopenhauer




ムラピ山が爆発的噴火 インドネシア・ジャワ島
http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010102601001103.html

  【バンコク共同】インドネシア火山地質災害対策局は26日、火山活動が活発化していたジャワ島中部のムラピ山(2968メートル)が爆発的噴火をしたと発表した。噴煙は火口から上空約1500メートルの高さまで上がっており、前回2006年の噴火時より大きい噴火と警告している。地元メディアは降灰による呼吸障害で乳児1人が死亡、数十人が負傷したと報じた。

 同対策局は25日から火口周辺の住民約4万人に避難するよう勧告しており、今後、政府が設置したキャンプへの避難民が増加しそうだ。

 ムラピ山は26日午後5時(日本時間同7時)ごろから噴煙を上げ始めて、3回噴火した。

 在ジャカルタ日本総領事館はこれに先立ち同日昼ごろ、ムラピ山周辺への移動を避けるよう在留邦人に通知。噴火の場合、溶岩流や火砕流、有毒ガス発生の恐れがあると警戒を呼び掛けていた。

 ムラピ山はインドネシアで最も活発な活火山。世界遺産の仏教遺跡ボロブドゥールなどがある観光地の古都ジョクジャカルタ近郊に位置している。





















スポンサーサイト
プロフィール

finss

Author:finss
Photograph三島鴨神社
古賀敏恵 Toshie Koga
現在大阪腐高槻死シボウ
出身佐賀縣伊魔里死本瀬戸
本籍長崎縣佐世保死天神蝶
誕生16日feb月1971穢46
趣味オンラインゲー ム
  腐女婆・婆喰イ 仁
  マザコン男漁り痴女
職業ニートひき籠 もり
  中毒婆自称文学屋

得意竿口淫:肛門舐:殷手帽

日本仁様ら布陣寄せパンダ
見世物磔砕絶賛殷賣中ぢゃ

豚賊ゴキブリ組   
父:久保田豊・銀杏家紋
  佐賀伊万里脇田 76歳
1941/09/20
母:犬塚三枝子・梅鉢家紋
  佐賀伊万里本瀬戸76歳
1941/0612   
1971/0216
娘:三匹児娘ブタ死育中
  21穢・17穢・15穢
1995/10/15
2000/04/11
2001/10/11

おれ 亥マリ居魔四露死苦
全裸道驀進中書く口激布陣


以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード