FC2ブログ

2010-08-10

海原

戦争はなぜ起きるのか
ベル・エポック バールの時代その2
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/cat_335791-1.html


昨日ユダヤ人(イスラエル)による、パレスチナ自治区侵略について少し書いたが、
今日の北海道新聞に、ユダヤ人によるパレスチナ自治区に関する記事が出ている。


「止まらぬユダヤ人入植」
「パレスチナ人迫害続く」
「パレスチナが将来の国土と位置づけるヨルダン川西岸と東エルサレムで、国際法上違法とされるユダヤ人の入植が拡大している」

北海道新聞 平成21年12月6日朝刊より
 

ユダヤ人が違法な不法占拠と侵略を続ける中で、
そのユダヤ人のひとりが言うには


「神がこの土地を自分たちに与えた。パレスチナ人は 全員出て行くべきだ」
北海道新聞 同日朝刊より


これが多くのユダヤ人の主張である。
聖書で神がユダヤ人に保障しているので、この土地は我々のものだと言うことだ。
だからパレスチナ人は出てゆけ、出て行かなければ殺すまでだと。

ではいったいパレスチナ人は、どこに行けばいいのか。
日本を中国や北朝鮮が侵略し、「日本列島を出て行け」と言われたら、わたしたちはどうするであろう。
こうした理由で中東戦争は勃発した。
自分たちの土地を奪われたパレスチナ人こそ、
正義ために戦っている。
それが悪だとされているのは、ユダヤ人とその支配下にある、欧米マスコミのプロパガンダによる。
ユダヤ人によるパレスチナ人の抹殺が続く、
世界はイスラエルこそ悪の根源であることを突き止め、
その巨大な影響力を排除していかなければならない。
そうしなければ世界で戦争は果てしなく続くだろう。
世界の戦争の歴史は、ユダヤ人の歴史なのである。

さて、ユダヤ人の神であるバールについて書いていこう。
以前、バールは様々な名前を持っていることは述べた。
バールについでと言うより、バールより有名な「ベル」についてである。
これは鐘として、世界各地どこに言っても寺院や教会に行けば見られる。
キリスト教、イスラム教、仏教を初め世界中の宗教において、人知れずバールは崇拝されている。
これがユダヤ人の言う、名前を口にしてはいけない、聖書の隠された神の正体でもある。

次にプル、べりアルなどという名は、地底の神や悪魔を意味するものである。
プルとは古代アッシリア帝国の王を意味し、地獄の王プルートンとも呼ばれた。
古代のアッシリア大帝国による中東支配は過酷を極め、その王は悪魔とも神ともされたのである。
〔戦争によって多くの人間を地底(墓穴)へ飲み込んでしまう、地獄の神〕

そのプルートンもまたクロノス(イスラエル)の息子で、
父親であるティタン巨神属のクロノス(ユダヤ人のヤコブらが支配した、ヒッタイトやエジプトなどの帝国の事)らとの戦争に勝利し、兄弟であるゼウス、ポセイドンと世界を分割して支配した。
―世界史を振り返れば、ヒッタイトなきあと、世界帝国の座に収まったのがアッシリアで、神話と合致する。こうした神話解釈をしている本に出会ったことはないが、もっとも神話と歴史が合致する考え方だと確信している―

また女性系のバーラトという名前もあるが、この名前がインドの大叙事詩「マハー・バーラタ」と関係があると気づいた方は、かなり鋭い感性を持っていると言える。

とにかく、バールはどのような姿にでも変身するので数多くの名前を持っているのだが、
(三国志に登場する牛魔王や、京都祇園神社の牛頭天皇ももバールの姿を受け継いでいる)
特に興味深いのは、日本語や英語などの言葉にバールの名が巧みに、そして信じられないほど使われていることだ。

ユダヤ教から派生したキリスト教が世界を支配した事実から考えれば、キリスト世界の代表的な言語である英語にバールの名が多数使われていることには不思議はない。
でも、日本語となると、
なぜ?そんなはずはない、ただの妄想だと一笑されるだろう。
しかし、現実はそうではない。
だいたい言葉というもの自体、彼らユダヤ人やその兄弟のフェニキア人が世界に広めたのだ。
以前も述べたが、「コロッセオ」が日本までやって来て、「殺せよ」になったのである。

さて、日本語でまず興味深いところからあげてみよう。
まず「ばれる」「バラバラ殺人」などがあげられる。
この言葉は純粋な日本語とは言えないかもしれないが、ほとんどの日本人が使っている。
「ばれる」だが、これはまさしく彼らの秘密の神の名前、または正体が、バールであることがバレてしまうという意味で面白い。

またバールは、エジプト神話のオシリス神のように殺され、バラバラにされてしまう。
この神話、ユダヤの秘密の神がバラバラにされた故事に倣い、バラバラにするという言葉が生まれたのだ。

あとは思いつくままどんどん書いてみる。
バールに生贄を捧げていた谷を意味するバレー、
その関連用語となるバレーボール。
破壊と創造の神バールを意味する大工道具である、バール。
バールの名が変形したボール。
ベースボール、料理に使うボールも同じである。
この丸いと同じ意味のパール(真珠)、
空間を意味するホール、そして泳ぐためのプール、
プルが変形したビル(建物)、
ビルが伸びてビール、イタリアでは酒場やを意味するし、日本でも「ル」が取れて、バーと呼ばれている。
次にバールが延びてポール(棒)。

こうし見ると、バールの名の一文字目「バ」が、日本語における「バビブベボ」「パピプペポ」「ハヒフヘホ」に、確実に変換されてゆくことがわかる。
そして最後の「ル」は、「ラリルレロ」に変換されている。
わたしはこうしたことから、「日ユ同祖論」をある程度信じている。
また日本人が真のユダヤ人の血筋ではなくとも、
世界中に散らばった彼らの文化が日本にやってきたのは、まず間違いない。

ユダヤ人であるクリスト・バル・コロンによって、
アメリカの侵略が開始された事、
スペイン人やポルトガル人の仕業とされていても、
国外追放されたユダヤ人が行った侵略戦争であったことは明らかである。
コロンブスは、ユダヤ人がスペインから追放された翌日に出発している。
純粋なスペイン人であるキリスト教徒は、国外に行く必要もなかったので、誰も見ず知らずの土地に、命がけで出かけてゆく必要はなかったのだ。

そして、このクリスト・バル・コロンに代表される、
名づけであるバール名は、ユダヤ人・イスラエル人にとって、バルミツバ(バールの掟)を、
いかに忘れずに受け継ぎ、実行するかという重要な宗教行為なのだ。

この名づけは、現代でも脈々と受け継がれている。
前に述べたように、ブッシュ政権で暗黒の王子と呼ばれたネオコンの、リチャード・パール。
そしてブッシュ大統領夫人である、バーバラ。
さらにその前の大統領ビル・クリントン。
その婦人で現政権の国防長官であるヒラリー、
などすべてバール名である、。
中でも典型的なのは、CIAのスパイであることをチェーニー副大統領に暴露された、バレリー・ブレイム氏の名前だが、二重のバール名になっているところが、興味深い。
ユダヤ人はCIAのスパイとなって世界中に散らばり、
世界各国の情報をアメリカとイスラエルに送り届けている。
それはアメリカではなく、あくまでもイスラエルの安全保障のためである。

テレビ番組で、自らCIAとモサド(イスラエルのスパイ機関)の諜報員であることを認めた、デーブ・スペクターのように、世界各国に侵入し、
情報をかき集め本国(イスラエル)に送り届けたり、
世界をテレビなどのメディアを利用して、
アメリカ政府(イスラエル)の都合のよい方向に持ってゆくのが彼らの仕事である。
そのためにデーブは、アメリカで彼らの仲間が作った番組を日本のテレビ局に売りつけている。
またテレビに登場しては、アメリカやイスラエルに都合の悪いことを言う人間を監視し、罵倒して、日本人に真実を知られないように妨害しているのだった。
つまり彼らは聖書の計画が成就するまで、バル・ミツバを、神の名と共に隠し通して実行していかなければならない使命を負っている。

デーブは、先日も作家の村上春樹氏に、テレビに出て来いと言っていたが、
それはイスラエルで作家として表彰されたにも関わらず、村上氏がその表彰式で勇気を奮い、
弱いパレスチナ人を弾圧、侵略しているイスラエルを批判したからなのだった。
(日本を代表する勇気ある真の知識人に拍手を送りたい。テレビに出てくるのは、イスラエルのご機嫌をとり、世界の真実を述べない人間ばかり)
村上氏がテレビに出てくれば、デーブやその代打などが登場し、村上氏の発言を撤回させる、またはつぶしにかかるか、詫びさせるだろう。
所詮、ユダヤ人とはその程度の存在なのだ。
彼らの計画が暴露されることを極端に恐れ、
他民族には心を許すことはない。
少ない人数で世界を支配してゆくためには、柔道のように相手や他国の力を徹底して利用するのである。
そのため彼らの神の名も、その計画もすべて秘密とされている。
秘密結社がユダヤ人の組織から派生していったのは、
ごく自然なことだ。
CIAやモサド、そしてCIAが作ったタリバンとアルカイダ、モサドが作ったハマスなどはその一例に過ぎない。
(キリスト教や共産党も、純然たるユダヤ人の発明なのだ)

いずれにしてもバールの名は世界中に浸透し、
それこそがユダヤ人が世界的影響力を保持している証なのだった。
彼らから生まれたキリスト教が世界を支配したように、
言葉もまた、彼らの神を賛美するために作り上げてきたのだった。

※皆さんも「バビブベボ」と「ラリルレロ」の法則に従い、バールの名前を探してみてください。
いくらでも見つかります!
ちなみに、秘密結社の目的を意味する「バラ」の花もバール名です。
こうした言葉は、明治維新頃に西周や福沢諭吉などの結社員によって翻訳されたりしたのでしょう。



そのままの君でいて
http://www.youtube.com/watch?v=4pQlKeGLsaY&feature=related

















スポンサーサイト



プロフィール

finss

Author:finss
Photograph三島鴨神社
古賀敏恵 Toshie Koga
現在大阪腐高槻死シボウ
出身佐賀縣伊魔里死本瀬戸
本籍長崎縣佐世保死天神蝶
誕生16日feb月1971穢47
趣味オンラインゲー ム
  腐女婆・婆喰イ 仁
  マザコン男漁り痴女
職業ニートひき籠 もり
  中毒婆自称文学屋

得意竿口淫:肛門舐:殷手帽

日本仁様ら布陣寄せパンダ
見世物磔砕絶賛殷賣中ぢゃ

豚賊ゴキブリ組   
父:久保田豊・銀杏家紋
  佐賀伊万里脇田 77歳
1941/09/20
母:犬塚三枝子・梅鉢家紋
  佐賀伊万里本瀬戸77歳
1941/0612   
1971/0216
娘二匹児娘ブタ死育中
    19穢・17穢
1995/10/15
2000/04/11
2001/10/11

おれ 亥マリ居魔四露死苦
全裸道驀進中書く口激布陣


以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード