--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10-05

舞台の崩壊

座敷わらしのニュースを見て、ぱっと思いついたのが、
こどもの座敷牢そして流れた旋律が嘘つきのパレード

火の海 住民ぼうぜん 温泉郷の象徴無残(2009/10/05)
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2009/10/05/new0910050802.htm

座敷牢
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%A7%E6%95%B7%E7%89%A2
単に設置者ないし利用者の私的な理由によって対象を軟禁(監禁)するための施設である。大きな屋敷の一角、離れ、土蔵などを厳重に仕切り、施錠し、収容者が外へ出る自由を奪い、外部との関係を遮断させる仕組みとなっていた。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%C2%C9%DF%CF%B4
隠し子や障害者、精神異常者などを監禁して外部と遮断するために設置された私設の監禁施設。

また武士社会では、行跡の悪い藩主を家老たちの合議により、隠居の名の下で座敷牢に収容させることもあった。(現代の特養老人ホーム 姥捨て山)



supercell-嘘つきのパレード【ステレオ】
http://www.youtube.com/watch?v=_6ldfjrXFag&NR=1
初音ミクという声優の声と機械の合成音。
機械が歌うせんないわらべ歌。
ロム内部で起こった饗宴。


ねえ大事にするって言ってくれた
(お母さん僕を愛するって言ってくださった)

あの夏の日 最初のキス
(僕が赤ちゃんの頃のお母さんの愛)

溶けるような暑い日差しが
(僕の心が溶けて消えてしまうぐらい凄まじいお母さんの虐待、お母さんのさげすむ眼差し)

体温までわからなくさせた
(僕の心と肉体が切裂けて分裂していく魂の痛み)

揺れる蜃気楼
(僕の心は幻のように漂う)

どこに消えたの
(僕は生きているの?)

私を置いていかないで
(お母さん僕を捨てないで、僕はお母さんを愛している)

忘れたくても忘れられない
(お母さんから受けた肉体への烙印、虐待を僕はいつまでも覚えている)

どうしても

ああああああ

嘘つきのパレード
(お母さんの愛の言葉)

好きだって言った言葉を
(お母さんは坊やを愛してるよ お母さんは坊やのためだけに生きているんだよ)

証明してみせて
(お母さんの真実の姿を僕にみせて)

戻らないあの日は
(僕が生まれたばかりの喜びの日)

真っ赤なの
(僕のココロは日々血潮を流し、青白い死体のように転がっている)



もう歩かなくちゃ 一歩ずつでも
(僕はお母さんに愛されない汚物でも生きなくっちゃ、息しなくちゃ)

夏の終わり ひとりきりで
(子供時代の終焉 分裂した己心)

セミの声を聞き続けてた
(魂の裂けた音を無機質な僕は聞き続けてた)

いつか泣き止んで楽になれる
(いつか僕は死んで蔵になれる)

笑ってくれた
(お母さんは僕を嘲笑してくださった)

選んでくれた
(お母さんは僕に条件付けしてくださった)

そして抱きしめてくれた
(おかあさんは僕の心を〆てくださった)

嫌になるほど
(お母さんを僕は愛するほど)

スライドしてく思い出たち
(かけらになっていく分裂していく僕の気持ち)

嘘つきのパレード
(お母さんの愛の言葉)

覚えてる つないだ右手を
(忘れない お母さんから受けた罪悪を)

しがみつけなかった
(許せなかった 燃え尽きぬ怒り)

失えば終わりなのに
(心亡くせば僕は僕じゃなくなるのに)



空の向こうに 日が落ちていく
(僕の心の内部の何かが崩れ落ちてゆく)

止めることなんてできない
(どうすることもできない衝動)

それを眺めて受け入れるだけ
(分離した心の叫びが響いているお母さんの入れ物の僕)

何もかも
(お母さんのすべてを)

ああああああああああああああああ

嘘つきのパレード
(お母さんの愛)

夜通しで開かれるのよ
(夜通しで開かれるお母さんの折檻 魂の殺人)

うるさくて眠れない
(研ぎ澄まされて、落ち着かない)

君の声    君の手
(母のエゴ) (母の手口)

君のキス
(母の愛)

私にしてくれた事全て
(僕にしてくれた魂の殺人全て)

あの子にもするの?
(お母さんはお母さんおん身にもするのですか?)

立ち尽くすパレード
(世通して行なわれる親達の生贄祭)

好きだから お願い
(僕はお母さんを愛してるんだ お願いします)

消え失せて
(僕共々死んでください お母さん)


かつて受けた親による子どもへの
しつけという虐待・愛のなのもとの支配・魂の殺人行為。
人はその真実を死んでも忘れない。
そしてその子が大人になり親なり、かつての子供心を葬り去り
かつて親にされた魂の殺人行為を
己の子に行なうそれを「めぐり・輪廻転生」と私は思う。



そしてその輪廻転生の真実に心をたむける人は限りなく少ない。



少年少女の肉体と心と魂の分裂。無機質な僕ら。無色な実在感のない僕ら。

現象化して核分裂。放射能。髪が抜け落ち坊主頭の放射能被害者の姿。
白血病。
1986年チェルノブイリで起こった。原子力発電所のメトルトダウン。

台風被害拡大の台湾 救援遅延で政権批判高まる (1/2ページ)
2009.8.13 20:11
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090813/chn0908132020007-n1.htm

13日付の夕刊紙「聯合晩報」によると、高雄県甲仙郷の小林村は村全体が土石流にのみ込まれ、現在も約600人が生き埋め状態にあるという。すでに災害発生から数日が経過しており、現地では悲観的な見方が広がっている。

また、同日付の「聯合報」は、高雄県の桃源郷梅山村など三つの村で住民からの連絡が途絶えており、900人余りの村民の安否が懸念されていることを報じた。




そしてもう語る必要もない事象として「座敷わらしの終焉」

火の海にのまれ崩れ去った。

わしらの牢獄の崩壊。
わしらの蜃気楼の崩壊。
わしらの舞台の崩壊。

かつての犠牲者が今の加害者に送る鎮魂歌
今の加害者がかつての犠牲者に送る鎮魂歌



めぐりめぐり いつとは木揺る まほろばよ 


そしてその真実の姿の知らぬものらは
己心の「ざしきわらし」というものを
物象化し再建するのだろうか・・・・。


そして十八にそのパレードの幻をむさぼり悔い続けるというのであろうか・・・。





それを吾は地獄と思ふ。


















スポンサーサイト
プロフィール

finss

Author:finss
Photograph三島鴨神社
古賀敏恵 Toshie Koga
現在大阪腐高槻死シボウ
出身佐賀縣伊魔里死本瀬戸
本籍長崎縣佐世保死天神蝶
誕生16日feb月1971穢43
趣味オンラインゲー ム
  腐女婆・婆喰イ 仁
  マザコン男漁り痴女
職業ニートひき籠 もり
  中毒婆自称文学屋

得意竿口淫:肛門舐:殷手帽

日本仁様ら布陣寄せパンダ
見世物磔砕絶賛殷賣中ぢゃ

豚賊ゴキブリ組   
父:久保田豊・銀杏家紋
  佐賀伊万里脇田 73歳
母:犬塚三枝子・梅鉢家紋
  佐賀伊万里本瀬戸73歳   

娘:三匹児娘ブタ死育中
  十九穢・14穢・13穢

おれ 亥マリ居魔四露死苦
全裸道驀進中書く口激布陣


以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。